人間を噛む意外な動物と生き物!指が襲われる!動物園や水族館の飼育員だけじゃない!

人間を噛む意外な動物と生き物!指が襲われる!動物園や水族館の飼育員だけじゃない!学ぶ

人間を噛んだ動物や野生の生き物のニュースと見ると、なぜ噛まれたのか。近づくと襲われるのかと心配になりますよね

番号この記事を読むべき人
【1】人間を噛む身近な動物を知りたい
【2】山で遭遇した猪や鹿は人間を襲うのか
【3】脱走したら怖い動物を知りたい
人間を噛む意外な動物と生き物

今回は、上記のように、知らずに飼ったら指を噛まれたペットや、動物園や水族館の飼育員さんが襲われた事例を紹介します

人間を噛む意外な動物と生き物!指が襲われる!動物園や水族館の飼育員だけじゃない!

トラやライオンに人間が襲われたというような事件でなく

『この動物!人間を噛むのか』、『襲われないと舐めていた』と以外に驚く生き物や動物の特集になります

まずは、動物園から脱走したら怖いなぁと思う動物からです

スポンサーリンク

【動物園】人間を噛む動物は?意外に人間を襲う生き物を教えて!

動物園のトラやライオンが人間を噛む、人間を襲ったという事例は飼育員さんの事例は確かにあります。飼育員さんがトラに襲われ死亡してしまった事件は2020年以降の直近であっても実際にあります

トラが脱走したら、怖すぎますが、ほとんどがサファリパークの事例の為、

普通に生活していたら無関係、実際に脱走があったとしても、トラやライオンが人間を襲う事は誰でも想像がつきますよね

人間を噛む!襲う動物:バク(意外な動物)

もしも、動物園から脱走して、実は人間を噛むよ!と驚くのが『バク』です

バクとは、夢を食べると言い伝えがあり、私たちは彼らが何者なのか。よく知りませんよね

中国の想像上の生き物のバク(獏)が夢を食べる生き物であり、動物園にいるバクは草食動物です

リンゴやバナナ、草と葉っぱが主なエサです。サファリパークの方は『バクは人間を襲わない』と公式見解です

動物の習性解説
普段草食動物は人間を襲わない
条件が変わると?出産の時期に襲う事がある
人間を動物を襲う事はある?

草食動物なら、確かに、人間はエサにでなく、襲うはずもありません

しかし、驚くべきことに条件が変わるとバクが人間を襲った事例(2024年:体重400kg以上のマレーバグ)があります

なぜ、バクが人間の飼育員さんを襲ったのか。理由は『出産の時期』だったからです

2024年の事例は、出産後の間もない時期のメスのバクでした。

結論と言うと『子供を守るために、人間に攻撃的になる』、出産の時期は普段噛まないバクに襲われる事があると言えます

このお話は、バクに限定した話ではないです

ネズミですら自分の子供が蛇に襲われると、蛇と戦います。うちの子を返せ!と言わんばかりに、弱いネズミが蛇や猫に立ち向かうパターンです

スポンサーリンク

【水族館】人間を噛む生き物は?意外に人間を襲う魚や生物を教えて!

水族館にいるサメやシャチに人間が襲われたと聞いたら、そいつは噛む生き物だと思いますよね

飼育されたサメは、エサが豊富に与えられる水族館では、同じ水槽にいるアジやイワシをほとんど食べません。それでも、人間をサメが噛むことは常識的に誰でも理解ができる事でしょう

人間を噛む!襲う動物:可愛い顔をしたイルカ(海外の水族館限定)

水族館で人間を襲ったり、噛む生き物で以外なのは、可愛い顔をしたイルカです

日本の水族館では人間がイルカやシャチに襲われた事例(海外の事例:水族館のシャチは人間を襲うの?)は、少なく、海外の水族館のイルカが人間を噛むケースが大半です

日本の水族館のイルカは『ほとんど同じ家系図のイルカ』であり、イルカを捕獲しちゃダメだから『飼いならされた性格のイルカ』が日本のイルカの正体というのが結論です

水族館のイルカは、人間が攻撃的な事をしない限り、飼育員さんを襲うような事は稀(例外的)です

人間を噛む!襲う動物:迷いイルカと迷いクジラ

イルカで注意したいのが、迷いイルカです。

迷いイルカとは、水族館のイルカではなく、海辺に迷い込んだ野生のイルカです。

細かい話を言うと、イルカとクジラは大きさの違いで呼び名が違うだけだから、迷いクジラも同様です

野生のイルカは普通に人間を噛みます。特に、迷いイルカ(クジラも含む)は、瀕死の状態。生命の危機にある時は素人は近づいてはいけません

あと、イルカより大きなクジラが迷い混んで死んだら、爆発することある(詳細:クジラは死ぬとどうなる?)から、一般人の人がクジラが迷い込んだのを見たら、近づかず、県に対応を任せましょう

スポンサーリンク

【野生の動物】人間を噛む生き物は?意外に人間を襲う動物を教えて!

北海道のヒグマや本土のツキノワグマが人間を襲ったと聞いても、そうだよね。だってクマだもんと誰もが思うでしょう

飼いならされたクマですら人間を襲う事があり、

20年飼っていたツキノワグマに高齢の男性が噛まれ死亡した事例(2023年:長野県)があります

人間を噛む!襲う動物:1m以上の猪(野生、動物公園のイノシシを含む)

クマ以外に、偶然、野生の動物で遭遇して、噛まれたり、人間を襲う動物は猪です

猪が人間を襲うのは当たり前だろ!と思うかもしれませんが、

最近は猪が人を襲うことより『猪が人間を噛むことが意外な発見』です。

現在、執筆中の私は『野生の猪なんて、数百回遭遇した経験』があり、ある種の猪遭遇マニアです

余計な事をしない限り、襲われた事はありません

むしろ、対処をミスって威嚇しちゃって襲われた時は『突進』してきます。でも『猪が人間を噛む』という体験や噛まれそうになった事はありません

野生の動物と対峙した時は猪と鹿はほぼ対処法(詳細:鹿に遭遇したら?)が同じです

猪だけ、威嚇せず高い場所にゆっくり移動する必要(突進防止)がありますが、噛まれるというのは正直、驚愕の事実です

猪が人間を噛んだ事例噛まれた場所
広島県福山市(2023年)太もも
和歌山県和歌山市(2023年)お尻
愛知県尾張旭市(2023年)右足の指
野生の猪が人間を噛んだ事例

猪が人間に突進もしてるけど、その上で人間を噛む事例が、年々、増えています

私からすると、突進はするけど、噛まないでしょ。なんで噛まれたの?という疑問が残ります

愛知県のニュースは正直、びっくりした。指を食いちぎられるって、どんな猪か想像ができなかったからです

ニュースをよく調べてみると『共通点:猪の大きさが1m以上140cmなどという事がわかりました

1m50cm近い猪って、猪遭遇マニアの私でも『滅多に遭遇しないタイプ』、それはボス級の猪です。そんな大きな猪は、遭遇すら珍しいのに、国内で同様の事件が、多発してます

理由は簡単だな。この問題。私、この話、理由を説明できるわ

人間と野生の動物の境界線が無くなって、猪が山を下りて来る事からはじまっています

そして、彼らは山にエサがないのではなく、人間と言う敵がいないから山で繁殖してるパターンですね

繁殖して数が多くなると、1m以上の猪の数が増えますわ。そして、山を手入れしていなければ、境界線が無くなり、市街地や市内の山がいっぱいある系の公園に、大きな猪が増えます

要するに、私が遭遇する猪は1m以下が多く、噛まれそうになった経験がないだけだと判断しました

だって、1m以上の猪って正直、レアだよ?遭遇しても、そもそも離れた位置から、猪のいる場所がわかります(これはマニアの私だけかもしれませんが)

スポンサーリンク

【ペット】人間を噛む意外なペットは?犬・家猫以外!

犬が人間を噛むと大けがをする。猫に噛まれると、たまに破傷風になると、みなさん想像がつきますよね

家猫と家で飼う犬が、人間を噛むケースは、すっごい減りました。みんな育て方のノウハウを学んで、もはや家族の一員のポジションな方が多い事でしょう

だけど、犬、猫以外で変な動物を飼う人っていますよね

人間を噛む!襲う動物:ウサギ(子供、赤ちゃんのいるご家庭の飼育ウサギ)

犬猫以外で人間を噛む意外なペットは『ウサギ』です

ブームもあったこともあり、ウサギを飼いたいと思う人って、そこそこいますよね。

一人暮らしの方ならウサギを飼っても、あまり大きな問題になりませんが、赤ちゃんや子供が噛まれると指を切断する事になるケース:有です

以前は、小学校でウサギを飼育する学校が多くありましたが、

現在、ほとんどの小学校でウサギの飼育ってしてませんよね?噛まれたら、子供にとって危なく、学校にとってリスクが大きいから、ウサギの飼育はもう学校ではやりません

ウサギの怖い事は『ウサギは小さくて可愛い』親が勝手に勘違いすることです

あんた、ウサギの飼育歴長くなでしょ?という方が軽々しく飼うのは間違いです。小さい子供がいる家庭や、もうすぐ結婚するよ!というタイミングでウサギを飼うのはダメですね

人間を噛む意外な動物と生き物!指が襲われる!動物園や水族館の飼育員だけじゃない!

さて、今回は、人間を噛む意外な動物や生き物のレアパターンを紹介しました

稀なケースだよと記載してますが、猪や鹿に関しては、生態系が変わってきてるから、今度は舐めない方が良いと言えます。

また、普段、人間を襲わない動物が人間を噛んだりするのは、条件変化です。常識的に草食動物だから襲わないという判断が、今度は、逆手に取られて人間がやられるパターンが増えると思います

クマを可愛いと言う北海道住まいの人はいませんよ

クマが可愛いと思う方は、現物を見たことがないのだと思います。見たら、無理だとわかります

動物を可愛いと思う事や愛護する事が大事ですが、人間がイメージする動物への感覚バランスが悪くなっていると言えます。身近な動物とはいえ、注意をしましょう

タイトルとURLをコピーしました