七夕餅の保存方法と日持ち期間!消費期限内に七夕餅の常温・冷蔵庫の固くならない方法

七夕餅の保存方法と日持ち期間!消費期限内に七夕餅の常温・冷蔵庫の固くならない方法ご飯
スポンサーリンク

【保存方法】七夕餅の賞味期限と消費期限はどのくらい?七夕餅の日持ちと保存期間は?

七夕餅の賞味期限(消費期限):当日~3日以内(常温保管は高温多湿を避ける)

七夕餅は添加物が少なく賞味期限が短く、消費期限表示の商品が大半になります。手作りの七夕餅と製法は変わらず、作ってから当日から3日以内の消費期限です

七夕餅のレシピに多い材料は『小麦粉、米粉の混ぜ合わせ』や『うるち米ともち米』、もちもちタイプは『上新粉』を使った作り方がありますが、どれも粉物です

七夕餅解説
賞味期限でなく消費期限消費期限切れはNG
材料:小麦粉、米粉10度以下で固くなる
材料:うるち米、もち米10度以下で固くなる
材料:上新粉10度以下で固くなる
七夕餅の消費期限切れと保存の注意点は?

七夕餅は、日の当たらない涼しい場所で常温で保管ができますが、時間が経つにつれ食感が劣化して固くなります。大量に買いすぎた時や余った時は、早めに食べる方が美味しくいただけます

七夕餅の保存方法と日持ち期間!消費期限内に七夕餅の常温・冷蔵庫の固くならない方法
七夕餅日持ち目安備考
常温保管当日~3日以内消費期限切れはNG
冷蔵庫保管2日以内5~8時間以上:固くなる
冷凍保存1ヵ月以内オススメの長期保存
七夕餅の保存方法と日持ち期間

上記に、七夕餅の保存方法を早見表にしました。七夕餅は常温保管が当日から3日以内です

食品として、七夕餅は冷蔵庫では2日の保管ができますが、七夕餅の材料に『でんぷんを含む為』を、5~8時間の冷蔵で固くなってしまいます

七夕餅が余ったら、冷凍保存する事ができる為、長期保存は冷凍保存がおすすめになります

スポンサーリンク

【冷蔵保管】七夕餅の冷蔵庫の保管と日持ち期間は?温め直しは必要?

七夕餅を冷蔵庫に保管すると、七夕餅がカチカチに固くなり食べれなくなります。5時間以内の冷蔵なら、表面の部分が少し硬くなる程度ですが、そのまま食べても美味しくはありません

七夕餅の冷蔵庫の保管と日持ち期間:5~8時間日以内(七夕餅が固くならない保存方法)
七夕餅冷蔵保管備考
消費期限2日以内固くなる
目安5時間以内美味しく食べられる
長持ちのコツラップ包み個別ラップ:水分を維持
食べる時温め直し水の霧吹きがオススメ!
七夕餅の冷蔵保管と日持ち期間

七夕餅を冷蔵するときは、買って来たパックのまま保存するより、中身を出して個別にラップ包みをすると『水分』が抜けにくくなり、作りたての食感が長持ちします

固くなった七夕餅の温め方とパサパサからの復活方法:霧吹きをする

七夕餅を冷蔵したら、一度、水で霧吹きをしてから『電子レンジ』で温め直しをすると『もちもちした食感』が復活します。2日以内の冷蔵保管の七夕餅は水分を与えてから温め直しをしましょう

スポンサーリンク

【冷蔵保管】七夕餅が固くならない方法は?

七夕餅を冷蔵保管すると、固くなりますよね。七夕餅が固くならな方法は、冷蔵庫の保管場所をドアポケット付近や野菜室にして、個別にラップでピタっと密封をすると、差ほど固くなりません

七夕餅を購入したまま、パックごと冷蔵庫に入れると5~8時間でカチカチに固くなってしまいます

冷蔵保管固くならない方法
【1】保管場所【A】ドアポケット付近
【2】保管場所【B】野菜室(温度6度以上)
【3】保存方法個別にラップ包み
【4】保存方法ジップ付き2重保管
七夕餅が固くならない方法

七夕餅は10度以下、特に、0~4度の温度になると急激に固くなる性質をもっています。そのため、冷蔵庫のドアポケットや野菜室が温度が6度前後と、少しだけ固くなる時間を延長させることができます

水分を抜けにくくするために、七夕餅を個別にラップ包みして、密封した上にジッパー付き保存袋に入れましょう。長ければ、12時間ほどなら、差ほど固くなりません

スポンサーリンク

【冷凍保存】七夕餅は冷凍できる?七夕餅の冷凍保存の方法!解凍方法は?

七夕餅の冷凍保存の仕方と日持ち期間:2週間から1ヵ月以内(急速冷凍が長持ちのコツ)

七夕餅はレシピに、デンプンを含む粉物が使われております。材料に、うるち米や上新粉を使った七夕餅は、2週間から1ヵ月の期間を冷凍保存ができます

ゆっくり冷凍しても構いませんが、0~4℃の温度で固くなる性質がある為、一気に0度以下にする急速冷凍を活用しましょう

七夕餅冷凍保存備考
賞味期限1ヵ月
保存の仕方笹を取り外す理由:不要の為
保存方法ラップ包みと密封保管急速冷凍がオススメ!
食べる時自然解凍べちゃべちゃしない
七夕餅の冷凍保存と解凍方法

【七夕餅の冷凍保存の方法】

【1】ラップ包みをする

【2】ジップ付き袋に入れる

ジップ付き袋に保管する時は、なるべく、空気をよく抜きましょう。空気の量が多いと冷凍焼けを起こしやすいです

【3】金属トレイ:急速冷凍する

金属トレイやバットの上にのせて、急速冷凍をします。冷蔵庫に急速冷凍機能がある場合は、冷蔵庫の機能を活用しましょう

【七夕餅の解凍方法】

冷凍した七夕餅を食べる時は、自然解凍がおすすめです。冷凍した七夕餅を電子レンジ加熱すると、水分が蒸発してしまいパサパサします

常温解凍は1~2時間、冷蔵庫なら3~4時間で自然解凍ができ、そのまま食べる事ができます

七夕餅の保存方法と日持ち期間!消費期限内に七夕餅の常温・冷蔵庫の固くならない方法

今回は、七夕餅の消費期限(賞味期限)と保存方法を紹介しました

七夕餅とは七夕に食べるお祝いのおやつであり、伝統的な製法なら小麦粉、米粉を混ぜ合わせた作り方をします。

現在では白玉粉や上新粉といったモッチリしたレシピや、うるち米と餅米を混ぜ団子のようにするなど!七夕餅の作り方はバリエーションが多いです

いずれにしても、粉物を使う為、七夕餅が余ったら、常温保管は3日以内、冷蔵庫の保管は食感が固くなるため、美味しく食べるなら常温保管の方が良いです

大量に購入したり、手作りしすぎてしまった時は冷凍保存が長期保存に向いています

タイトルとURLをコピーしました