きのこの炊き込みご飯の黄金比レシピ⇒3合と合う白だし+ほんだしの人気の味付け

スポンサーリンク
きのこの炊き込みご飯の黄金比レシピ⇒3合と合う白だし+ほんだしの人気の味付け ご飯
スポンサーリンク

きのこの炊き込みご飯の3~4人分の分量:お米3合と1~2人分の分量:お米2合にピッタリ合うキノコの分量、炊き込みご飯の素を使わず、きのこご飯を作る方法です

今回は、手作り⇒きのこご飯を簡単に作る方法として、混ぜて炊くだけで美味しく炊きあがる味付けの黄金比のレシピをほんだし、白だしの2種類+きのこの分量を紹介します

スポンサーリンク

きのこの炊き込みご飯の味付け⇒お米3合・2合と醤油・みりん・酒の調味料の黄金比率は?

家にある調味料を混ぜて炊飯器で炊くだけ⇒きのこの炊き込みご飯を手作りする時は、お米1合に対し『醤油:みりん:酒=1:1:1+顆粒だし:小さじ1』の割合が黄金比率で失敗なしの作り方であり、簡単にきのこご飯を作る人気レシピになります

3合2合1合
醤油大さじ3大さじ2大さじ1
みりん大さじ3大さじ2大さじ1
大さじ3大さじ2大さじ1
顆粒だし
(本だし)
小さじ3小さじ2小さじ1
3合分2合分1合分
きのこの炊き込みご飯の黄金比率(お米3合・2合)

きのこの炊き込みご飯の黄金比率の割合「醤油:みりん:酒=1:1:1」を軽量スプーンで説明すると「お米1合に対して大さじ1」の分量、顆粒だし(和風だし、本だし)は小さじ1が基本のきのこご飯の味付けです

きのこの炊き込みご飯の味付けに使う醤油は「たまり醤油や濃口醤油より、薄口醤油」が、まろやかな味になります

3合⇒きのこの炊き込みご飯の人気レシピは?白だしの分量はどのくらい?

ほんだし、白だしを使ったきのこの炊き込みご飯の3合分のレシピを、もう1つ黄金比率で紹介します

私は「ほんだし」が使いたいのだ!いや、僕は「白だし」を使いたいという風に

家にある調味料で簡単にできるように、ほんだしverと白だしveのきのこの炊き込みご飯の黄金比を次の表に分量をまとめました

レシピほんだし白だし
3合3合
醤油大さじ4大さじ4
みりん大さじ2大さじ2
大さじ1大さじ1
小さじ1/3小さじ1/3
顆粒だし
(本だし)
小さじ3白だし
大さじ3
3合分3合分
きのこの炊き込みご飯:ほんだしvs白だしの黄金比率

白だしはメーカーによって分量が違い、たとえば、ヤマキの白だしだけで「きのこの炊き込みご飯」を作るなら

きのこご飯は、お米1合に対して『白だし:25ml』と一緒に炊き込むだけで簡単に炊き上がります

今回のレシピは、醤油・みりんに白だしを追加する作り方となり、お米3合なら「白だし:大さじ3=45ml」、「ほんだし:小さじ3」が美味しい味付けになる分量です

ここまでに、きのこの炊き込みご飯の味付けの分量の黄金比を、ほんだしと白だしで紹介しました

次は、お米:3合の炊き込みご飯に合う「きのこの分量」を、しめじや舞茸、椎茸のレシピの黄金比です!

お米3合⇒炊き込みご飯に合うキノコの分量と具材の黄金比率は?

きのこの炊き込みご飯は3~4人分の分量のお米3合で作るのが、手作りで美味しい味だと言えます

では、次に、紹介した2つの味付け⇒お米3合分のきのこの炊き込みご飯⇒基本・定番の黄金比率の味付けに合う具材:きのこ(しめじ、舞茸、エリンギ、椎茸)の分量が下記です

きのこの炊き込みご飯3合分
しめじ30g
舞茸30g
エリンギ30g
椎茸1個
ゴボウ1/4本
人参1/2本
油揚げ1枚
きのこの炊き込みご飯:3合に合う具材の量

きのこの炊き込みご飯:お米3合の黄金比率と人気のレシピの味付けに合う具材の量を早見表にしました

お米3合⇒4種類の具沢山!きのこの炊き込みご飯の分量は「しめじ:30g、舞茸:30g、エリンギ:30g、椎茸:1個」が黄金比率⇒バランスが良い野菜と油揚げの組み合わせは「ゴボウ:1/4本、人参:1/2本、油揚げ:1枚」の割合です

しめじ、舞茸、エリンギは1パック⇒100gが入っている普通の量のため、椎茸以外は「各1/3パック」を材料にするのが、きのこの黄金比率です!

しめじ⇒きのこの炊き込みご飯の3合の人気レシピ(ほんだし・白だしのきのこご飯)
単品:きのこご飯3合分
単品:しめじ1パック
(100g)
ゴボウ1/4本
人参1/2本
油揚げ1枚
きのこの炊き込みご飯:3合に合う具材の量

単品!しめじ1種類で作る炊き込みご飯は、しめじの分量は1パック=100gがご飯3合の炊き込みご飯い合う黄金比率の割合です

単品:きのこご飯3合分
単品:舞茸1パック
(100g)
ゴボウ1/4本
人参1/2本
油揚げ1枚
きのこの炊き込みご飯:3合に合う具材の量

しめじ単品と同じく!舞茸、1種類で作る炊き込みご飯は、舞茸の分量は1パック=100gがご飯3合の炊き込みご飯い合う黄金比率の割合です

しめじと舞茸の2種類⇒きのこで炊き込みご飯を作る時は『各1/2パック⇒しめじ50g、舞茸50g』が3合の炊き込みご飯に合う黄金比率の分量です!

椎茸を炊き込みご飯に入れたいよ!という方は『+椎茸:1個分』が適量の分量です

きのこの炊き込みご飯が余った!炊飯器から移して保存!常温・冷蔵庫と冷凍保存の賞味期限は?

きのこの炊き込みご飯を作りすぎてしまって、夕飯に余ってしまった時の保存方法はどうしたら良いか

炊飯器のままの保温は3時間が目安、5時間以上入れっぱなしはお米の水分が抜け固くなってしまします。また長時間:12時間以上、きのこの炊き込みご飯を入れたままにして保管すると炊飯器の故障につながり、余ったきのこご飯は炊飯器から移す必要:有です

きのこの炊き込みご飯は常温:3~5時間以内(桶、おひつ)、冷蔵庫:2~3日以内(ラップ+タッパー保管)、冷凍保存が2週間~1カ月が日持ちする目安です

保存方法日持ち目安備考
炊飯器3時間以内12時間以上は故障の原因
常温3~5時間桶、おひつ
ラップ+涼しい場所
冷蔵庫2~3日以内
(推奨:12時間以内)
お米がカチカチになる
冷凍保存2週間~1ヵ月温かいままラップ
⇒長期保存:可
余ったきのこの炊き込みご飯の保存方法と日持ち目安

残ったきのこの炊き込みご飯の保存方法と日持ち目安⇒手作りのきのこご飯の賞味期限と消費期限切れをまとめた表になります

炊飯器の取扱説明書に「炊き込みご飯は冷蔵庫へ移す」とよく書いてありますが

そのまま⇒きのこの炊き込みご飯を冷蔵庫に入れると、お米のβ化⇒3~5時間で水分が抜けてカチカチになって食べれません

きのこご飯をラップしてタッパーに入れ2重にして冷蔵庫の保管で2~3日程度はもつといっても、せっかくの炊き込んだ美味しいお米が硬くなって食べられなくなるので、推奨は12時間ほどです

余ったきのこの炊き込みご飯の長期保存は冷凍保存⇒お米が温かいままラップをして、よく空気を抜く⇒ジップロック袋で2重に包んで冷凍保存が一番長持ちして、温めなおしで美味しく食べる事ができます

舞茸・椎茸・しめじ・エリンギ以外⇒炊き込みご飯の他の人気レシピや献立・付け合わせのおすすめは?

さて、今回はきのこの炊き込みご飯の美味しい作り方として、誰でも簡単!調味料と混ぜて、炊飯器で炊くだけの失敗しない黄金比率の割合と、具沢山と単品きのこご飯のレシピを紹介しました

きのこご飯の素を使わず、手作りでホクホク美味しい和食のご飯は、実は簡単にできます!というお得な情報がお届けできたと思います

炊き込みご飯におすすめの人気レシピと具材!簡単な作り方+炊き込みご飯の素が多数

舞茸・椎茸・しめじ、エリンギ以外!具材をアレンジしたり、変わった食材で美味しい炊き込みご飯のおすすめを上記でもっと紹介中です。きのこの炊き込みご飯の日の献立のメインや和食のおかず、しっくり統一感がある汁物や副菜など!きのこご飯に合う付け合わせメニューがたっぷりあるので、よかったら参考にしてくださいね

タイトルとURLをコピーしました