amとpmの時間の早見表!午前・午後+24時間の時間表記の一覧リスト!意味・覚え方は

スポンサーリンク
amとpmの時間の早見表!午前・午後+24時間の時間表記の一覧リスト!意味・覚え方 暮らし
スポンサーリンク

昼の12時はAM12:00とPM12:00、午前・午後のどっちが正しい表記なの?恥ずかしいから、時間の意味を人に聞きずらい話題ですよね

英語と日本語が混ざると、分からなくなる!ココに悩んだ方向けの24時間の時間を「午前・午後、朝・昼・夜の時間」と「AMPMのコロンの時間表記」を早見表に総まとめしました

この時間表を見て、なるほど!12時はお昼の12時ね!とわかっても、経験上、時間がたつを忘れます(汗)。忘れがちな方は、パソコンならブックマークかクリップ。スマホならスクショ、ラインのメモに自分用に送っておくと便利です

スポンサーリンク

AMの時間・コロンの時間表記を朝・昼・夜の時間にした早見表・一覧!

AM表記コロン表記午前・午後その他
AM0:000:00午前0時夜・深夜12時
AM1:001:00午前1時夜中の1時(深夜)
AM2:002:00午前2時夜中の2時(深夜)
AM3:003:00午前3時夜中の3時(深夜)
AM4:004:00午前4時朝方の4時(早朝、明け方)
AM5:005:00午前5時朝方の5時(早朝、明け方)
AM6:006:00午前6時朝の6時(早朝)
AM7:007:00午前7時朝の7時
AM8:008:00午前8時朝の8時
AM9:009:00午前9時朝の9時
AM10:0010:00午前10時朝の10時
AM11:0011:00午前11時朝の11時
AM11:5911:59←AMはココまで
PM12:0012:00正午・午前12時、午後0時昼の12時
am時間の早見表!午前・午後+24時間の時間表記

この早見表はAM時間をコロン表記の時間、よく使う日本語の言い方でまとめています。ぱっと見て混乱しそうなのが「早朝4時」と「お昼の12時」とこかと思います。早朝とは「夜明け、太陽が昇って1~2時間」とざっくりした言葉の定義、お天気用語なので特に早朝か、朝と言うべきかは普段の生活で気にすることはないです

また「:(コロン)」を使った時間表記はアメリカ式。ココもわかりやすく日本語の数字と時間帯にわけてますのでご参考にしてください。稀に「p.m.」や「a.m.」と「.(ドット)」で書かれる場合がありますが、ドット表記はイギリス式で時間を表す意味はこの表と同じです

お昼の12時はAM12:00じゃない!PM12:00だ!

AMとはラテン語の「ante meridian」の略称で日本語で「午前」と置き換えると覚えやすいです。AM時間は0:00~11:59までが時間帯の区分です。ややこしいのは12時、コロン表記の12:00はあるけど、AM12:00は使わない→PM12:00という使い方です

しかし、AMPMだけでなく、お昼の12時は「正午12時」と「午前12時」、「午後0時」の3つの言い方があり、12時はよく考えると頭がパンクしがちです。どれも正しいですが会話で使うと混乱するので「お昼の12時」と言うべきです。

PMの時間・コロンの時間表記を朝・昼・夜の時間にした早見表・一覧!

PM表記コロン表記午前・午後その他
PM12:0012:00正午・午前12時、午後0時昼の12時
PM1:0013:00午後1時、13時昼の1時
PM2:0014:00午後2時、14時お昼以降の2時
PM3:0015:00午後3時、15時3時(日中の)
PM4:0016:00午後4時、16時夕方4時
PM5:0017:00午後5時、17時夕方5時
PM6:0018:00午後6時、18時夕方6時
PM7:0019:00午後7時、19時夜7時
PM8:0020:00午後8時、20時夜8時
PM9:0021:00午後9時、21時夜9時
PM10:0022:00午後10時、22時夜10時
PM11:0023:00午後11時、23時夜11時
PM11:5923:59←PMはココまで
AM0:0000:00午前0時夜・深夜の12時
pm時間の早見表!午前・午後+24時間の時間表記

PMとはラテン語の「post meridiem」の略称で日本語で「午後」と置き換えると覚えやすいです。PM時間は12:00~23:59までが時間帯の区分です

1日の時間は24時間、12時間サイクルの表記ですので「AMPMの13:00以降」は使いません。コロン表記の13:00はあっても、AM13:00(午前13時)やPM13:00(午後13時)は存在せず、1日の時間が48時間ある意味になってしまいます。その為→13時は「PM1:00の時間表記」です

海外に行くと「×=PM 5:00」、「〇=5:00pm」や「〇=5.00 p.m」

今回の表はよく使う日本である「AMPM」の使われ方です。海外はアメリカ式とイギリス式の違いで「:(コロン)」や「.(ドット)」を時間やam、pmに使う事が多いですが、共通して言えることは「時間+am、pm」のように数字が先に書かれているのが一般的です

日本国内では数字が後、AMPMが先に記述されますが順番が海外は逆だよ!と覚えておくと良いかと思います

タイトルとURLをコピーしました