名古屋・愛知県・東海の梅雨入りと梅雨明け予想⇒2023年はいつからいつまで?

スポンサーリンク
名古屋・愛知県・東海の梅雨入りと梅雨明け予想⇒2023年はいつからいつまで? トレンド
スポンサーリンク

沖縄が5月18日に梅雨入りをし、今年の梅雨が気になる方の為に「2023年⇒今年の名古屋市・愛知県、東海地方の梅雨入りと梅雨明け予想・予測」を大発表します。

2年連続、予測よりも梅雨入りが遅かったのが東海地方であり、今年はいつ頃になるのか。2023年の梅雨入りと梅雨明けの時期が知りたい!東海地方の愛知県:名古屋市、豊田市。岐阜県、三重県、静岡県はいつが梅雨の時期か、目安にしてもらえると嬉しいです

スポンサーリンク

2023年⇒名古屋・愛知県・東海の梅雨入り予想!いつから梅雨入りするの?

今年の東海地方の愛知県:名古屋市、豊田市。岐阜県、三重県、静岡県は、平年より早くの5月末頃のに梅雨入りすると予想されます。詳細の日にちを説明すると、今年は「2023年5月30日頃から6月13日頃」に梅雨入りする予測です

梅雨入り
(※地域は下記参照)
2023年
(予想)
2023年
気象庁発表
2022年
(昨年)
平均値
(平年)
名古屋5月30日~
6月12日頃
(予想)
5月29日頃
(発表:有)
6月14日頃6月6日頃
愛知県
豊田・岡崎市
5月30日~
6月12日頃
(予想)
5月29日頃
(発表:有)
6月14日頃6月6日頃
岐阜県5月30日~
6月13日頃
(予想)
5月29日頃
(発表:有)
6月14日頃6月6日頃
三重県5月30日~
6月11日頃
(予想)
5月29日頃
(発表:有)
6月14日頃6月6日頃
静岡県5月30日~
6月12日頃
(予想)
5月29日頃
(発表:有)
6月14日頃6月6日頃
東海地方の梅雨入り予想

東海地方は、平年6月6日頃に梅雨入りするとされるのが東海地方の特徴であり、昨年は6月14日頃が梅雨入りでした

東海地方(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県)の梅雨入りは毎年、6月10日頃迄に気象庁⇒名古屋地方気象台の調査をもとに発表されます。正式な梅雨入り日は、発表後、更新しますね

東海地方
梅雨入り予測
2023年の予測
(ニュース発表)
2023年
平年と比べて
4/25日発表6月上旬
6月1日~10日頃
平年並みか
平年より早い
5/11日発表6月上旬
6月1日~10日頃
平年並み
5/16日発表6月上旬
6月1日~10日頃
平年並み
5/25日発表5月30日頃平年より早い
5/29日5月29日頃
(確定発表:有)
平年より早い
東海地方の梅雨入り予想(ニュース発表)

こちらの表が、今年。ニュース等で発表のあった愛知県:名古屋市、豊田・岡崎市。岐阜県、三重県、静岡県の梅雨入り予測の発表情報です

時系列で順次、更新しますので梅雨入り時期の最新予想の目安と参考にしてくださいませ

東海地方の梅雨入りの平均値・平年の傾向と特徴⇒梅雨入りのタイミングは?

東海地方の愛知県:名古屋市、豊田市。岐阜県、三重県、静岡県では直近の2020年~2022年の3年間で平年よりも梅雨入りは平年より遅い傾向があります

東海地方2022年2021年2020年
梅雨入り6月14日頃6月13日頃6月10日頃
平年差8日遅い7日遅い4日遅い
降水量
(地域平均値)
116%115%193%
東海地方の直近3年の梅雨入り

この表が東海地方の愛知県:名古屋市、豊田市。岐阜県、三重県、静岡県の直近3年間の梅雨入りした日と、梅雨の時期の降水量=雨の量をまとめた表になります

3年前の大雨と豪雨の多かった年のピークは過ぎていますが、雨量の平均値は100%を越え雨の量が多い梅雨になるのが東海地方の一般的な梅雨です

2023年⇒名古屋・愛知県・東海の梅雨明け予想!いつ頃に梅雨明けするの?

今年の東海地方の愛知県:名古屋市、豊田市。岐阜県、三重県、静岡県は、平年並みの7月中旬から下旬の2023年7月20日頃に梅雨明けすると予想されます。詳細の日にちを説明すると、今年は「2023年7月17日頃から7月24日頃」が梅雨明けの時期と予測されます

平年7月19日頃に梅雨明けするとされるのが東海地方(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県)の梅雨の特徴と傾向であり、昨年は7月23日頃が梅雨明けでした

梅雨明け2023年
(予想)
2023年
気象庁発表
2022年
(昨年)
平均値
(平年)
名古屋市7月17日~
7月24日頃
(予想)
7月20日頃
(梅雨明け発表:有)
7月23日頃7月19日頃
愛知県
豊田・岡崎市
7月17日~
7月24日頃
(予想)
7月20日頃
(梅雨明け発表:有)
7月23日頃7月19日頃
岐阜県7月17日~
7月24日頃
(予想)
7月20日頃
(梅雨明け発表:有)
7月23日頃7月19日頃
三重県7月17日~
7月24日頃
(予想)
7月20日頃
(梅雨明け発表:有)
7月23日頃7月19日頃
静岡県7月17日~
7月24日頃
(予想)
7月20日頃
(梅雨明け発表:有)
7月23日頃7月19日頃
梅雨の期間約40日間
(予想)
7月20日頃
(梅雨明け発表:有)
39日間
(実績)
約44日間
東海地方の梅雨明け予想

東海地方の愛知県:名古屋市、豊田市。岐阜県、三重県、静岡県の梅雨明けは毎年、7月30日頃迄に気象庁⇒名古屋地方気象台の調査をもとに発表されます。正式な梅雨明け日は、気象庁の発表後、更新しますね

今回、2023年の梅雨明けを独自の解析と予測をした結果。今年は「2023年7月17日頃から7月24日頃」に梅雨明けすると予想されます

東海地方
梅雨明け予測
2023年の予測
(ニュース発表)
2023年
平年と比べて
6/15日発表7月中旬平年並みか早い
6/29日発表7月中旬平年並み
7/6日発表7月18日頃平年並み
7/13日発表7月16日頃平年より早い
7/20日発表7月20日頃
梅雨明け:済
平年:1日遅い
昨年:3日早い
東海地方の梅雨明け予測(ニュース発表)

こちらの表が、今年。ニュース等で発表のあった東海地方の梅雨明け予測の発表情報です

【6/29日発表】

気象庁より東海地方および名古屋の梅雨明けは7月中旬、平年より並みと予想が発表されました

【7/6日発表】

気象庁より東海地方および名古屋の梅雨明けは7月18日頃、平年並みと予想が発表されました

【7/6日発表】

気象庁より東海地方および名古屋の梅雨明けは7月16日頃、平年より早いと予想が発表されました

【7/20日発表】

2023年7月20日、午前中に気象庁が東海地方、名古屋、西三河の豊田市、岡崎市など。梅雨明けをした事を発表しました

時系列で順次、更新しますので梅雨明け時期の最新予想の目安と参考にしてくださいませ

東海地方の梅雨明けの平均値・平年の傾向と特徴⇒梅雨明けのタイミングは?

東海地方の愛知県:名古屋市、豊田市。岐阜県、三重県、静岡県では直近の2020年~2022年の3年間で平年よりも梅雨明けが遅い年が2回、平年並みだったのが2021年です。しかし、平均の7月19日頃に直近、2年と続いています

東海地方2022年2021年2020年
梅雨明け7月23日頃7月17日頃8月1日頃
梅雨の期間39日間34日間51日間
東海地方の直近3年の梅雨明け傾向

この表が東海地方(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県)の直近3年間の梅雨明けした日のおおよその日数です

また、2000年頃から愛知県を含む東海地方の梅雨は「局地的な豪雨」と「雷」が多くなっています。特にエルニーニョ現象が発生した年は、大雨⇒突然のスコールのような雨が降り、急激に雨量が増える傾向があります

東海地方の梅雨の期間はどれくらい?いつからいつまで?

東海地方の愛知県:名古屋市、豊田市。岐阜県、三重県、静岡県の梅雨の期間はどれくらいなのか。いつからいつまでであるのか。過去の統計から「最速:5月4日頃(1963年)」、「最長:8月3日頃(2009年)」迄が実際にあった梅雨の時期の期間です

梅雨入りから梅雨明けまで、梅雨の時期の平均値は「6月6日頃から7月19日頃の」の約44日間です

梅雨入り梅雨明け期間
過去最速5月4日頃
(1963年)
6月22日頃
(1963年)
過去最遅6月18日頃
(1951年)
8月3日頃
(2009年)
平年の平均値6月6日頃7月19日頃44日
東海地方の梅雨の時期(過去の統計)

この梅雨の期間と平均値は、気象庁が1951年から発表していた資料を基に算出しています

東海地域の梅雨の期間は「5月4日頃」から「8月3日頃」迄が、過去70年以上の歴史の中で、最も早く梅雨入りした日と、最も遅く梅雨明けした日です

しかし、表をみて分かる通り、梅雨入りの最速と最も遅かった年はずいぶん昔の話で今の日本の気候とは大きく違います

東海地域の梅雨の時期は「6月6日頃から7月19日頃の約44日間」が平均値ですので、この期間を1つの目安にするとわかりやすいと思います!

東海地方の梅雨入り宣言と梅雨明け宣言はないの?誰が決めてるの?

東海地方(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県)は、名古屋地方気象台が判断し、毎年、梅雨入りと梅雨明けを決めています。以前は梅雨入り宣言と梅雨明け宣言を気象庁がしておりましたが、東海地方の梅雨時期の雨量や時期の予測と予想は、天候が変わりやすく非常に難しく、確定後に発表されると考えるとわかりやすいです

2023年の名古屋・愛知県以外の梅雨入り予想と梅雨明け予想は?

愛知県の名古屋市、豊田市や岡崎市を含めた全国の梅雨入り予想と梅雨明け予想もしております。今年の最新版の梅雨入りと梅雨明けの速報ニュースから、気象庁や気象協会の速報値など。すぐに梅雨の情報を知りたい方向けに、簡単にわかりやすくまとめたものがコチラです

【全国版】2023年の梅雨入り予想!梅雨時期の予測と予報!梅雨入り期間はいつ?
【全国版】2023年の梅雨明け予想!梅雨時期の予測と予報!梅雨明けはいつ?

さて、今回は東海地域⇒愛知県の名古屋市、三河地区の豊田・岡崎市や岐阜県、三重県、静岡県にお住まいの方向けに梅雨入り予想と梅雨明け予想を発表しました

今年⇒2023年の東海地域は梅雨入りはいつから?愛意見の名古屋の梅雨明けまでどのくらい?といった「いつからいつまでが梅雨の時期」であるか。梅雨入り予想と梅雨明け予測を参考と目安にしてくださいね

予想がハズレていたらごめんなさい!過去の統計と事例を調査した結果、梅雨入りと梅雨明けの予想を発表していますが、5日程度⇒予想よりはやかった、遅かったと!なるケースも御座いますので、その点、ご了承をお願いしたします

その分、何かのお役に立てていると思います

なるほど!今年の梅雨入り、梅雨明けはこのくらいと思われるのかと目安と考えていただければと思います

タイトルとURLをコピーしました