【2024】GW渋滞予測!ゴールデンウィーク高速道路混雑予想!東名中央道の中日本

スポンサーリンク
【2024】GW渋滞予測!ゴールデンウィーク高速道路混雑予想!東名中央道の中日本 トレンド
スポンサーリンク

今年のGWの中日本の高速道路はいつ、何kmの渋滞が発生するのか。ゴールデンウィーク期間の高速道路、一般道の渋滞予測が知りたい方向けの中日本の高速道路渋滞予測2024年度版を発表します

過去の中日本の渋滞事例と最近の傾向から、2024年4月のGW前半と2024年5月の連休中の渋滞ピークや渋滞時間、高速道路の混雑予想をわかりやすく解説します。

中日本管轄内の中央自動車道や東海環状、東名高速道路、新東名高速道路、名神自動車道をGWに渋滞回避する混雑情報を満載でお届けします

NEXCO中日本
公式発表:動画
渋滞予測の要約
東海版
(公式Youtube)
未発表
東名・新東名版
(公式Youtube)
未発表
中央道版
(公式Youtube)
未発表
北陸版
(公式Youtube)
未発表
公式:NEXCO中日本(Youtube)

※未発表⇒中日本の渋滞予測の発表:有となったら公式Youtubeへのリンクが表示されます

まずは、渋滞予報士が今年のGW用に発表した中日本の高速道路の渋滞情報と予測が上記になります。中日本のGW高速渋滞は『東名・新東名版』が特に参考になります。予報士の発表:有となったら一度は見ておくと良い内容です

高速の渋滞予測や渋滞情報を見ても、私は理解が出来なかった!という方向けに、簡略した情報、その他のGW中の人の動きを次に説明いたします。

スポンサーリンク

中日本のゴールデンウィークの渋滞予測!2024年度版のGW混雑予想!

2024年の4月末頃から2024年の祝日が重なる5月の連休中は、いつが中日本の高速道路が混み合うのか。中日本の高速道路は全体的に4月27日から前半ゴールデンウィークよりも、5月3日からの後半GWが渋滞ピーク日になります

GW渋滞ピーク日渋滞時期
前半
(4月27日~4月29日)
4月27日4月27~4月28日
後半
(5月3日~5月6日)
5月3日(下り線)
5月5日(上り線)
5月3日~5月5日
中日本の高速道路:渋滞予測2024年

上記の表がGWが前半と後半の連休となった年に中日本の高速道路で渋滞が発生した時期とピーク日になります

過去のGWの高速渋滞事例から、中日本の高速道路は4月後半の4月27日より5月3日(金)~5月5日(日)が渋滞すると結論付けました

ただし、今年のGWの中日本の高速渋滞は特殊であり、上下線で渋滞する日に甲乙をつけがたく『4月27日と28日』が前半の混雑日、『5月3日~5月5日は3日連続で渋滞』をするという年になります

4月26日
平日
4月27日
休日
4月28日
休日
4月29日
昭和の日
4月30日
平日
5月1日
平日
5月2日
平日
5月3日
憲法記念日
5月4日
みどりの日
5月5日
こどもの日
5月6日
振替休日
5月7日
平日
企業のGW休暇:ゴールデンウィーク2024年

理由として挙げられるのが、2024年の社会人のGWが『4月27日から4連休、5月3日から4連休』が多く、ゴールデンウィーク後半の祝日:こどもの日前後に旅行やお出かけ、孫と過ごすご家族の高速移動が重なる為です

GWのお出かけは?前半後半
時期26%74%
最も多い意見4月27日5月5日
注意日5月3日
GWの旅行とお出かけはいつ?

ゴールデンウィークの予定をたてるのに、みんながいつGWにお出かけをする予定なのか。移動日がわかると、渋滞を回避しやすいですよね

上記がGWが前半と後半連休パターンの年の旅行とお出かけのアンケート調査の結果になります

みんなのゴールデンウィークの予定は「前半:4月27日、後半:5月5日が最多」でありと、GW休暇の前半は比較的控えめな移動となります

後半に遠出やお出かけをするという予定が、みなさんの多くの意見になり、5月3日が渋滞注意日、5月5日が2024年ゴールデンウィークの渋滞ピーク日になります

東海・中部地区のゴールデンウィークは4月の連休なら4月27日、5月の連休は5月5日を避ける事が渋滞に巻き込まれない方法の1つだと言えます

みんなのゴールデンウィークの事情と過去のGW期間の高速道路の渋滞情報から、2024年の高速道路のGW渋滞予測(中日本の地域)を解析しましたので、次の項目で中日本の渋滞予想を具体的に見ていただければと思います

ゴールデンウィークの平均交通量!中日本のGW交通量予測2024年度版!

高速道路
(中日本)
2023年
(昨年)
2022年
(一昨年)
コロナ前
(2019年)
平均交通量42,000台39,500台52,100台
最大交通量58,800台53,500台60,600台
GWの交通量(1日)/ NEXCO中日本の調べ

上記の表が、NEXCO中日本が発表した高速道路のゴールデンウィークの交通量の推移になります

2024年4月後半から5月のゴールデンウィークに高速道路がどのくらい渋滞するのか。コロナ以前のGWが「1日平均の交通量:52,100台、1日の最大:60,600台」の数字であり、平均台数は以前に戻ってきていませんが、交通量の交通量は、もはや以前の日本と変わらない台数となっています

また、大型車より小型車の交通量が大きく伸びていますので、一般の方のお出かけが増えている事は間違いありません

昨年、同様に中日本の平均交通量は増加する、もしくは、同等程度と予想されますが渋滞ピーク日は以前の日本と同レベルの為、渋滞に巻き込まれた時に車が全然、動かない状況になることが容易に想像ができます

GWの交通量区間2023年
(昨年)
2022年
(一昨年)
コロナ前
(2019年)
北陸自動車道福井~鯖江39,000台37,800台54,800台
東名高速道路秦野中井
~大井松田
116,200台115,100台140,100台
中央自動車道相模湖~上野原67,300台65,400台783,00台
中央自動車道岡谷~伊北43,000台41,100台65,200台
東名高速道路静岡~焼津51,000台48,400台69,500台
新東名高速道路新静岡~静岡72,100台69,900台79,200台
東海環状土岐南・多治見
~土岐
25,100台24,000台30,400台
東海北陸自動車道飛騨清見
~白川郷
14,100台13,200台18,100台
名神高速彦根~八日市55,500台54,700台72,300台
舞鶴若狭自動車道若狭美浜
~若狭三方
11,700台11,400台17,400台
高速道路別:中日本の渋滞と交通量(GW期間)

中日本の高速道路の平均交通量と最大はわかったけど!具体的にどこの高速道路が渋滞するのか。中日本の高速道路のGW中の交通量を上記にまとめました

最も多くの車が走るのが東名高速道路であり、昨年は116,200台の車が利用しています。前年と比較すると台数に大きな変化はありませんが、コロナ後に最も車の台数が多かった年になります

ゴールデンウィークの下り線・上り線の中日本の渋滞予測2024年度版!

2024年のゴールデンウィーク期間中の中日本の高速道路、上り線・下り線の渋滞予測を説明します

中日本の下り線とは、中央道なら愛知方面、東名高速道路なら小牧IC方面に向かう事を意味します。GWの上り下り線を、平たくに言うと、東京に向かうのが上り線で名古屋の方に向かう事が下り線と理解して問題ないです

結論から言うと10km以上の渋滞回数が280回以上が予測され、GW期間の渋滞時期は5月3日~5月5日が渋滞日が続く時期となります

2024年のGW高速渋滞は前半4月『下り線:4月27日、上り線:4月28日』が渋滞日となります。後半GWは連続した渋滞日が3日続き、『下り線:5月3日、上り線:5月5日』がゴールデンウィークの渋滞ピークになります

GW休暇渋滞予想
(2024)
傾向が一致する年
(2013年)
傾向が一致する年
(2013年)
4月26日
(金)
【貨物・トラック】
16:00~21:00
下り線の渋滞
0回
上り線の渋滞
3回
4月27日
(土)
下り線
前半の渋滞日
下り線の渋滞
11回
上り線の渋滞
5回
4月28日
(日)
下り線
前半の渋滞日

上り線
前半の渋滞日
下り線の渋滞
7回
上り線の渋滞
9混雑回
4月29日
(月・祝)
上り線
前半:注意日
下り線の渋滞
5回
上り線の渋滞
9回
4月30日
(火)
下り線の渋滞
0回
上り線の渋滞
1回
5月1日
(水)
下り線の渋滞
0回
上り線の渋滞
1回
5月2日
(木)
下り線の渋滞
3回
上り線の渋滞
3回
5月3日
(金:祝)
下り線
渋滞ピーク

上り線
渋滞日
下り線の渋滞
16回
上り線の渋滞
14回
5月4日
(土:祝)
下り線
渋滞日

上り線
渋滞ピーク
下り線の渋滞
15回
上り線の渋滞
17回
5月5日
(日:祝)
下り線
渋滞の注意日

上り線
渋滞日
下り線の渋滞
12回
上り線の渋滞
16回
5月6日
(月)
上り線
渋滞の注意日
下り線の渋滞
4回
上り線の渋滞
10回
2024年のGW渋滞回数:過去統計と比較

上記が、渋滞回数を比較した表になります。2024年とGWカレンダーが一致する年が2013年であり、日付は違いますが、3連休+4連休パターンです。

GW付近の10km以上の渋滞回数と比較し、今年のゴールデンシークにどのくらい渋滞が発生するか予測の目安となる数値です

前半に3連休、後半に4連休であった2013年と同様に中日本の高速道路で渋滞発生すると予測されます

特に中日本の地域である愛知県はトヨタ自動車があり、長期の大型連休になります。連休前の前日までに貨物とトラックだけでなく、高速道路が夕方前後に集中的な大混雑となります

2024年のGWが始まる前日の4月26日の夜に『高速道路が渋滞したニュース』がほぼ毎年、発表されます。次の日の4月27日の高速道路が大渋滞を起こすのでは?と思いがちですが、大方毎年、GW前の仕事の最終日であり貨物、トラックの駆け込み渋滞が実態です

夕方の16:00頃から最大21:00頃まで愛知県付近の高速道路が渋滞しますが、夜になると落ち着きます。ニュースを見ても、焦らず渋滞情報を見極めましょう

中日本の下り線の高速道路⇒ゴールデンウィークの大渋滞はいつ?どこ?何時ごろ?

中日本の高速道路、ゴールデンウィークの下り線の渋滞日は前半の4月27日と28日、渋滞ピーク日が5月3日と5日と予測されます。では、具体的に中日本の高速道路大渋滞となる時間帯は何時頃のいつなのか。一番混むのはどこのパーキングやSAなのでしょうか

渋滞日時と渋滞ピークの時間、渋滞発生場所を中日本管轄内の中央自動車道や東海環状、東名高速道路、新東名高速道路、名神自動車道でGWに発生した過去の渋滞情報を取りまとめたのが下記です

渋滞距離2023年
(昨年)
2022年
(一昨年)
コロナ前
(2019年)
10km以上285回284回557回
30km以上20回27回51回
GWの渋滞回数(昨年・一昨年)

中日本の高速道路で10km以上の渋滞回数が285回、30km以上の渋滞が20回が昨年に発生しています

コロナ前の半分の渋滞数ですが、1日の交通量の最大日が58,800台であり、コロナ前と大きく変わりません。渋滞しやすいPA・SAは以前と同じ渋滞が発生する為、渋滞の数が少ないからと言って安心ができないのが2024年のゴールデンウィークの高速道路の渋滞状況です

渋滞した高速道路
(下り線)
場所・付近日付渋滞時間渋滞延長
2023年
中央自動車道
(下り線)
上野原IC5/4日8:10分頃46.7km
2023年
中央自動車道
(下り線)
藤野PA5/3日6:30分頃43.2km
2023年
東名高速道路
(下り線)
秦野中井IC5/3日7:10分頃41.9km
2022年
中央自動車道
(下り線)
藤野PA5/3日7:50分頃46.2m
2022年
東名高速道路
(下り線)
秦野中井IC5/3日11:05分頃45.0km
2022年
中央自動車道
(下り線)
藤野PA5/4日9:10分頃35.0km
ゴールデンウィークの渋滞情報(下り線)/NEXCO中日本調べ

こちらの表が、直近数年分の年末に渋滞した中日本の高速道路の特徴的な渋滞の場所、渋滞ピーク日時です

中日本の高速道路の2024年のゴールデンウィークは下り線は朝6:30~8:00時前が渋滞ピークになりやすく、渋滞が長いと午前中の11:30頃まで渋滞が続くというのが今年の渋滞時間の予測になります

中日本の高速道路は、過去の傾向から東名高速は秦野中井IC、中央自動車道は藤野PAが毎年、必ず渋滞すると思って良い状況になります

渋滞時間帯
なし深夜0:00~6:00
渋滞6:30以降~
GWの渋滞回避のポイント【1】

ゴールデンウィークの渋滞回避の対策は、GW後半の初日である5月3日の出発を6:30より前に主要な混雑地点を通過しておくのがポイントになります

結論を言えば、朝を早起きして6:00より前に家を出発するのが王道の渋滞回避の方法です。少し遠出をしないとしても、7:00を過ぎたらいつ渋滞となってもおかしくありません

東名高速と中央道のゴールデンウィークは午前中に渋滞してしまうと、11:30頃まで車の動きが悪くなります。車の数が少ないうちに早めに通り抜けておくと、事故や交通事集中を避ける事ができます

中日本の上り線の高速道路⇒ゴールデンウィークの大渋滞はいつ?どこ?何時ごろ?

中日本の高速道路、ゴールデンウィークの上り線は2024年5月3日から5月5日の3連続が渋滞する時期になります。具体的に中日本の高速が大渋滞となる時間帯、お出かけからの帰宅ラッシュは何時頃のいつなのか。

央自動車道や東海環状、東名高速道路、新東名高速道路、名神自動車道のGWの実際に発生した渋滞情報を取りまとめたのが下記です

渋滞した高速道路
(上り線)
場所・付近日付渋滞時間渋滞延長
2023年
東名高速道路
(上り線)
美合PA5/3日10:20分頃32.6km
2023年
中央自動車道
(上り線)
小仏TN5/5日16:55分頃28.6km
2023年
東名阪自動車道
(上り線)
亀山PA5/5日16:45分頃27.0km
2022年
東名高速道路
(上り線)
美合PA5/3日9:40分頃39.5km
2022年
東名高速道路
(上り線)
大井松田IC5/1日16:45分頃30.7km
2022年
東名阪自動車道
(上り線)
鈴鹿IC5/3日16:50分頃39.3km
ゴールデンウィークの渋滞情報(上り線)/NEXCO東日本調べ

こちらの表が、直近数年分の年始のゴールデンウィークに実際に渋滞した中日本の高速道路の特徴的な渋滞の場所、渋滞ピーク日時と時間帯です

過去の傾向から、中日本の高速道路の2024年のゴールデンウィークは上り線は午後・夕方の16:30~18:00前後の時間帯が渋滞ピークになりやすく、特に東名高速道路と中央自動車道が大渋滞するというのが今年の渋滞時間の予測になります

渋滞時間帯
初日・2日目
早めに帰宅が理想
16:00より前
渋滞16:30以降~
GWの渋滞回避のポイント【2】

GWのお出かけは、子連れの方はどうしても帰宅が遅くなりがちです。子供と楽しむ時間を長く過ごしたい気持ちはわかりますが、渋滞するPAやSA付近は、16:30より前に抜けておかないと5月3日と5日の夕方が特に渋滞に巻き込まれます

渋滞時間帯
地域特性5月5日付近
伊勢湾岸道
渋滞夕方16:30以降~
GWの渋滞回避のポイント【3】

そして、中日本の高速道路で特に注意する事が、日本の中間地点の愛知県は『子育て国家』です。トヨタ関連の大型連休があるだけでなく、全国に先駆けて『ラーケーション』が導入されています。

簡単にラーケーションを説明すると『子供が学校を休んで良い日』が年に3日ほどあり、トヨタ関連だけでなく平日に大人のように有給が取得できる小学生の住む地域です

中部地方の小学生のGWは、名古屋の水族館と長島のアウトレット、長島スパーランドへ行くことが多く、毎年、伊勢湾岸道が渋滞しがちです

5月5日の『こどもの日』が近い日程の伊勢湾岸道は家族連れが多く、夕方の伊勢湾岸道が特に渋滞しやすいと覚えておくと良いかと思います

東・西日本のGW渋滞予測!高速渋滞するなら新幹線移動はあり?

【2024】GW渋滞予測!ゴールデンウィーク高速道路混雑予想!東名中央道の中日本

さて、今回は2024年のゴールデンウィークの高速道路の渋滞予測を発表しました。

中日本のGWの高速道路の渋滞とは、渋滞パターンを過去の傾向から解析しますと、高速道路は前半の4月の3連休が4月27日(下り線)と4月28日(上り線)が渋滞をします

しかし、前半より明らかに渋滞するのが5月3日からの3日間です。いつもの年であれば、ピーク日が存在するのですが、正直、今年のGWは渋滞ピーク日が5月3日、もしくは、5月5日としかまで予測が難しい状況です

逆に言うと『最もGWが渋滞する日』を発見するより『5月3日、もしくは、5月5日』のどちらかがピークとなるけど!3日間が渋滞しっぱなしである!というのが2024年の中日本、特に東名高速と中央自動車道の状況だと思って頂ければと思います。

また、東京・大阪の中間地点である名古屋方面は、東名高速と新東名が避けては通れない高速道路です。2本ルートがあり、どっちを使うかを移動前に考えておくのが良い対策の1つです

ゴールデンウィークの高速道路渋滞予測!GWの渋滞状況と渋滞ピーク日を徹底解説!
地域↓特設ページ:詳細をクリック↓
東日本
(東京・東北方面)
東日本の高速道路渋滞予測
中日本
(名古屋方面)
中日本の高速道路渋滞予測
西日本
(大阪・神戸方面)
西日本の高速道路渋滞予測
高速道路の渋滞予測2024年

東日本、西日本の高速渋滞はそれなりに渋滞日が分散されますが、中日本の高速道路はGW後半の連休に下り、上りの両方が渋滞する日が近い為、なるべく、みんなが利用しない時間帯に高速を抜ける事が渋滞回避にもっとも役に立つ方法になります

【2024年】GW混雑予想!新幹線のゴールデンウィーク混雑状況!自由席・指定席

また、高速道路の渋滞が嫌な方は、GWは新幹線を移動手段に選ぶのが1つの解決策です。上記でゴールデンウィークの新幹線混雑予想を公開中になります。車移動か、新幹線移動か。どっちでお出かけするか検討してみてくださいね

タイトルとURLをコピーしました