【2024】東日本のゴールデンウィークの渋滞予測!GWの高速道路の混雑予想!

スポンサーリンク
【2024】東日本のゴールデンウィークの渋滞予測!GWの高速道路の混雑予想! トレンド
スポンサーリンク

今年のゴールデンウィークの東日本の高速道路はいつ、何kmの渋滞が発生するのか。GW期間の高速道路、一般道の渋滞予測が知りたい方向けの東日本の高速道路渋滞予測2024年度版を発表します。

過去の東日本の渋滞事例と直近の傾向から、2024年4月のGW前半と2024年5月の連休中の渋滞ピークや渋滞時間、高速道路の混雑予想を徹底解説します

関越自動車道、京葉道路、東京湾アクアライン、東北自動車道、首都高速のGWに渋滞回避に大活躍する情報を満載でお届けします

NEXCO東日本
公式発表:動画
渋滞予測の要約
関東地域版
(公式Youtube)
発表:有(公式
東北地域版
(公式Youtube)
発表:有(公式
新潟地方版
(公式Youtube)
発表:有(公式
北海道版
(公式Youtube)
発表:有(公式
公式:NEXCO東日本(Youtube)

※未発表⇒東日本の渋滞予測の発表:有となったら公式Youtubeへのリンクが表示されます

まずは、今年のGWに東日本が発表した高速道路の渋滞情報と予測が上記になります。しかし、高速の渋滞予測や渋滞情報を見ても、よくわからない!という方向けに、もう少し、簡略した情報、その他のGW中の人の動きを次に説明いたします

スポンサーリンク

東日本のゴールデンウィークの渋滞予測!2024年度版のGW混雑予想!

2024年の4月末頃から2024年の祝日が重なる5月の連休中は、いつが東日本の高速道路が混み合うのか。東日本の高速道路は全体的に4月27日からの前半ゴールデンウィークよりも、5月3日からの後半GWが渋滞ピーク日になります

GW渋滞ピーク日渋滞時期
前半
(4月27日~4月29日)
4月28日4月27~4月29日
後半
(5月3日~5月6日)
5月3日(下り線)
5月5日(上り線)
5月3日~5月6日
東日本の高速道路:渋滞予測2024年

上記が過去の東日本の高速道路とGWが前半、後半に分かれた年に渋滞が発生した時期とピーク日の傾向になります

過去のGWの渋滞事例と直近の傾向から、東日本の高速道路は4月の3連休なら4月28日(日)が渋滞日であり、4月28日の渋滞より5月3日(下り線)と5月5日(上り線)が渋滞するのというのが結論になります

4月26日
平日
4月27日
休日
4月28日
休日
4月29日
昭和の日
4月30日
平日
5月1日
平日
5月2日
平日
5月3日
憲法記念日
5月4日
みどりの日
5月5日
こどもの日
5月6日
振替休日
5月7日
平日
会社のGW休暇:ゴールデンウィーク2024年

理由として挙げられるのが、2024年の一般的なGW休暇が『4月27日の土曜日から3連休、5月3日から4連休』であり、ゴールデンウィーク後半の初日の5月3日と『こどもの日の5月5日』が旅行やお出かけ、親に孫を見せに行く実家帰省が重なる為です

GWのお出かけは?前半後半
時期23%77%
最も多い意見4月28日5月5日
GWの旅行とお出かけはいつ?

こちらがGWが前半と後半の2つに連休が別れたパターンの年の旅行とお出かけのアンケート調査の結果になります

ゴールデンウィークはいつが1番混むのか、お出かけラッシュや帰宅ラッシュがいつ始まるのか、混み具合、みんながいつGWにお出かけに出発したいと思うのか、Uターンするタイミングの目安になるかと思います

みんなのゴールデンウィークの予定は「前半:4月28日、後半:5月5日が最多」でありと、GW休暇の前半は比較的控えめな移動となり、後半に遠出やお出かけをするという予定が、みなさんの多くの意見になります

みなさんのゴールデンウィークの事情と過去のGW期間の高速道路の渋滞情報から、2024年の高速道路のGW渋滞予測を解析しましたので、次の項目で全体的な東日本の渋滞予想を見ていただければと思います

ゴールデンウィークの平均交通量!東日本のGW交通量予測2024年度版!

高速道路
(東日本)
2023年
(昨年)
2022年
(一昨年)
コロナ前
(2019年)
平均交通量33,500台30,600台42,100台
最大48,500台41,900台49,000台
GWの交通量(1日)/ NEXCO東日本の調べ

上記の表が、高速道路の東日本のゴールデンウィークの交通量の推移になります

2024年4月後半から5月のゴールデンウィークに高速道路がどのくらい渋滞するのか。コロナ以前のGWが「1日平均の交通量:42,100台」の数字であり、一昨年と昨年の段階で1日3万台まで元に戻ってきている傾向があります

昨年は各社ニュース報道でGW前に『過去最大のGWの大渋滞が発生する』と予測が多くありましたが、多少の誇張表現であったと思われる結果でした。

昨年、同様に東日本の高速道路の平均交通量は微量ながら増加すると予想されます

また、平均的な交通量は以前ほどの車の台数はありませんが、瞬間的に特定の日が渋滞する傾向が強く渋滞ピーク日はコロナ以前のGWの水準と大きく変わらず、大混雑となります

【2024年度版】ゴールデンウィークの下り線・上り線の東日本の渋滞予測!

2024年のゴールデンウィーク期間中の東日本の高速道路、上り線・下り線の渋滞予測を説明します

結論を言うと、2024年の東日本の高速道路は10km以上の渋滞回数そのものは少ないですが、GW期間の渋滞時期は5月3日~5月5日が最も渋滞に警戒する時期であり、前半より後半のGWが渋滞が多いのが今年のゴールデンウィークになります

下り線の渋滞とは、東名高速、中央道、東北道、関越道、常磐道で東京方面から、東北や中部、関西の方面に向かう事であり、GWの場合、簡単に言うとみんながお出かけに出発する日とイメージするとわかりやすいかと思います

GW休暇渋滞予想
(2024)
傾向が一致する年
(2013年)
傾向が一致する年
(2013年)
4月26日
(金)
【貨物・トラック】
18:00~23:00
下り線の渋滞
0回
上り線の渋滞
2回
4月27日
(土)
下り線下り線の渋滞
4回
上り線の渋滞
1回
4月28日
(日)
下り線
前半の注意日

上り線
前半の渋滞日
下り線の渋滞
6回
上り線の渋滞
9回
4月29日
(月・祝)
上り線
前半:注意日
下り線の渋滞
0回
上り線の渋滞
6回
4月30日
(火)
下り線の渋滞
0回
上り線の渋滞
0回
5月1日
(水)
下り線の渋滞
0回
上り線の渋滞
0回
5月2日
(木)
下り線の渋滞
0回
上り線の渋滞
2回
5月3日
(金:祝)
下り線
渋滞ピーク

上り線
渋滞の注意日
下り線の渋滞
25回
上り線の渋滞
8回
5月4日
(土:祝)
上・下線
渋滞日
下り線の渋滞
11回
上り線の渋滞
14回
5月5日
(日:祝)
下り線
渋滞の注意日

上り線
渋滞ピーク
下り線の渋滞
8回
上り線の渋滞
21回
5月6日
(月)
上り線
渋滞の注意日
下り線の渋滞
1回
上り線の渋滞
6回
2024年のGW渋滞回数:過去統計と比較

上記が、GW付近の10km以上の渋滞回数と比較し、今年のゴールデンシークにどのくらい渋滞が発生するかを予測した数値になります。

解説すると、2024年と休日のカレンダーが一致する直近の年の渋滞回数を比較した表になります。約10年前とGWの休み期間の暦が全く同じ年ですので、同じような日にちが渋滞する可能性:大です

前半に3連休、後半に4連休であった2013年と今年が同じような渋滞発生状況になると予測されます

注意点はGWが始まる前日の4月26日の金曜日の夕方に『高速道路が一時的に渋滞するニュース』が発表され翌日の4月27日の高速道路が大渋滞を起こすのでは?と思いがちですが、前日のニュースは『毎年:GW前の貨物、トラックの休み前の駆け込み渋滞』です

夕方の18:00頃から最大23:00頃まで東日本の高速道路が渋滞しますが、深夜の時間帯までに落ち着きます。ニュースを見ても、焦らずに過度な心配をする必要はないです

東日本の下り線の高速道路⇒ゴールデンウィークの大渋滞はいつ?どこ?何時ごろ?

東日本の高速道路、ゴールデンウィークの下り線の渋滞日は、注意日が2024年4月28日(日)、渋滞ピーク日が5月3日(金)の渋滞が予測されます。具体的に大渋滞となる時間帯は何時頃のいつなのか。一番混むのはどこのパーキングやSAなのでしょうか

渋滞日時と渋滞ピークの時間、渋滞発生場所を東日本管轄内の関越自動車道、京葉道路、東京湾アクアライン、東北自動車道でGWに発生した過去の渋滞情報を取りまとめたのが下記です

渋滞距離2023年
(昨年)
2022年
(一昨年)
コロナ前
(2019年)
10km以上91回94回169回
30km以上7回14回25回
GWの渋滞回数(昨年・一昨年)

東日本の高速道路で10km以上の渋滞回数が91回、30km以上の渋滞が7回が昨年に発生しています

注目点は、コロナ前の渋滞回数169回には、まったく届いてない渋滞の数です。しかし、問題は渋滞回数ではなく、コロナ以前の最大交通量の1日49000台と『同等の48,500台が昨年の最大交通量』である事です

渋滞に巻き込まれる確率は以前より低いけど!GWの大渋滞に巻き込まれたら、コロナ以前の渋滞と変わらない渋滞距離、長い時間を高速で過ごす事になると認識しておくと良いでしょう

渋滞した高速道路
(下り線)
場所・付近日付渋滞時間渋滞延長
2023年
関越自動車道
(下り線)
藤岡JTC5/3日9:00分頃54.0km
2023年
東北自動車道
(下り線)
羽生PA5/3日7:50分頃42.8km
2023年
東北自動車道
(下り線)
矢板北PA5/3日12:10分頃33.5km
2022年
関越自動車道
(下り線)
嵐山PA5/3日10:25分頃51.9km
2022年
東北自動車道
(下り線)
羽生PA5/3日11:00分頃42.8km
2022年
館山自動車道
(下り線)
市原IC5/4日10:10分頃35.4km
ゴールデンウィークの渋滞情報(下り線)/NEXCO東日本調べ

こちらの表が、直近数年分の年末に渋滞した東日本の高速道路の特徴的な渋滞の場所、渋滞ピーク日時です

東日本の高速道路の2024年のゴールデンウィークは下り線は朝7:00~9:00時前が渋滞ピークになりやすく、渋滞が長いとお昼の12:00頃まで渋滞が続くというのが今年の渋滞時間の予測になります

東日本の高速道路は、過去の傾向から東北自動車道は羽生PAが毎年、必ず渋滞すると思って良い状況になります

東日本の上り線の高速道路⇒ゴールデンウィークの大渋滞はいつ?どこ?何時ごろ?

東日本の高速道路、ゴールデンウィークの上り線の渋滞日は、2024年5月5日のこどもの日の渋滞が予測されます。具体的に大渋滞となる時間帯、お出かけからの帰宅ラッシュは何時頃のいつなのか。関越自動車道、京葉道路、東京湾アクアライン、東北自動車道のGWの実際に発生した渋滞情報を取りまとめたのが下記です

渋滞した高速道路
(上り線)
場所・付近日付渋滞時間渋滞延長
2023年
東北自動車道
(上り線)
岩槻IC5/5日16:10分頃36.3km
2023年
東北自動車道
(上り線)
久喜IC5/6日17:35分頃33.9km
2023年
関越自動車道
(上り線)
鶴ヶ島IC5/5日16:05分頃31.8km
2022年
東北自動車道
(上り線)
久喜IC5/1日17:40分頃45.0km
2022年
関越自動車道
(上り線)
高坂SA5/4日16:30分頃44.0km
2022年
関越自動車道
(上り線)
上河内SA5/5日15:55分頃44.0km
ゴールデンウィークの渋滞情報(上り線)/NEXCO東日本調べ

こちらの表が、直近数年分の年始のゴールデンウィークに実際に渋滞した東日本の高速道路の特徴的な渋滞の場所、渋滞ピーク日時と時間帯です

過去の傾向から、東日本の高速道路の2024年のゴールデンウィークは上り線は午後・夕方の16:00~18:00前後の時間帯が渋滞ピークになりやすく、東北自動車道と関越自動車道が大渋滞するというのが今年の渋滞時間の予測になります

渋滞ピークに巻き込まれると最悪、20:00頃まで車が動きづらく帰宅時間がかなり遅くなってしまいます

【2024年度版】ゴールデンウィークの首都高速の渋滞予測を解説!

ゴールデンウィーク期間中の首都高速道路の渋滞予測を説明すると、都内のGWは空いており、高速道路が混みあうのは特定の時間帯の15:00頃まで、アクアラインの川崎や湾岸線が例年の傾向になります

事故や通行止めが起きない限り、全体的に空いているけど、渋滞に注意すべき地点を下記にまとめました

GWに首都高速は、都内へ向かう車の渋滞ではなく、渋滞する目的地に『ショッピングモール』『潮干狩りができる場所』がある出口が渋滞すると覚えておくと良いかと思います

首都高速の渋滞出口時間帯
湾岸線川崎浮島JC朝6:00~昼16:00
湾岸線葛西朝5:30~午前中11:00
湾岸線浦安朝5:30~昼12:00
湾岸線幸浦朝8:00~昼15:00
横羽線みなとみらい朝8:00~夕方18:00
GWの首都高速の渋滞事例

首都高速のGWは入り口よりも出口の渋滞時間に注意する必要があります

主に、千葉方面の潮干狩りとショッピングモールへ向かう渋滞がアクアラインの川崎浮島JCT付近で朝9:00~16:00頃の渋滞が発生しやすいです

また、同じくレジャースポットの多い葛西と浦安が午前中に渋滞を起こしやすく、幸浦、みなとみらいは午後からが本格的に渋滞します。この傾向は直近5年、ほぼ変わっていない傾向であり今年のゴールデンウィークも同様の時間帯が渋滞すると予測されます

高速道路
(アクアライン)
2023年
(昨年)
備考
渋滞回数
(10km以上)
5回
最大渋滞距離19.6km2023年5月6日
15:40分頃
(川崎浮島JCT)
渋滞第2位15.1km2023年5月5日
18:00分頃
(東京湾アクアTN付近)
渋滞第3位15.1km2023年5月4日
18:00分頃
(東京湾アクアTN付近)
東京湾アクアライン(1日)/ NEXCO東日本の調べ

参考までに、直近の東京湾アクアラインの平均の交通量を上記にまとめました。

昨年の関東方面のゴールデンウィークにアクアラインが最も渋滞したのが川崎浮島JCT、5月6日の15:40分頃に20km近い渋滞が起きています。渋滞回数は5回と数は少ないけど、特定の日に集中的な大渋滞が予測されますので、人気のGWスポットや話題となっている場所は、渋滞ピーク日をなるべく避けましょう

ゴールデンウィークの渋滞回避!東日本・関東のおすすめの穴場や旅行日和はいつ?

2024年のゴールデンウィークは前半3連休と後半4連休になります

GW期間の渋滞回避の大きなポイントは2つあります。1つ目は、お出かけは後半の初日である5月3日(憲法記念日)、そして、こどもの日や小学生が喜ぶ家族連れがが車で移動日が5月5日頃だという点です

渋滞回避のポイント詳細
【1】後半、初日を避ける5月5日が渋滞ピーク日
東日本:GWの混雑回避【1】

つまり、逆を言えば、前半の3連休は家族連れが本格的に移動をしない日でだと言えます。気軽に1泊2日の旅行なら『前半:4月の3連休の初日』に、前半に最も空いているのが4月29日が渋滞回避におすすめの日です

渋滞回避のポイント詳細
【2】東側への移動を避けるみんな東京から出発!
東日本:GWの混雑回避【2】

東京都内や関東方面にお住いの方は、ゴールデンウィークに北と西の方角へお出かけする傾向があります。簡潔に言うと、千葉方面がどちらかと言えば穴場スポットになりやすく、神奈川の横浜や関東の北方面に向かうと渋滞に書き込まれやすいです

ゴールデンウィークの家族連れは、ショッピングモール、潮干狩り、子供のイベントがある場所をさける事が穴場スポットの発見につながります。一人で過ごすGWや1泊2日の旅行なら、千葉方面が実はおすすめです

千葉は三井のアウトレットの木更津や幕張はセールが多く、例外的に出口が渋滞します。同様に埼玉のアウトレット入間も注意が必要な地域になります

中日本・西日本のGW渋滞予測!新幹線のGW混雑は?

【2024】東日本のゴールデンウィークの渋滞予測!GWの高速道路の混雑予想!

さて、今回は2024年のゴールデンウィークの高速道路の渋滞予測を発表しました。

東日本のGWの高速道路の渋滞とは、渋滞パターンを過去の傾向から解析しますと、高速道路は前半は4月28日が混雑の注意日であり、GW後半は5月3日が混みあう渋滞日になります

日帰りのお出かけするなら、GW前半は初日・2日目より3日目の4月29日の昭和の日が空いている可能性が高いねらい目の日になります

ゴールデンウィークの高速道路渋滞予測!GWの渋滞状況と渋滞ピーク日を徹底解説!
地域↓特設ページ:詳細をクリック↓
東日本
(東京・東北方面)
東日本の高速道路渋滞予測
中日本
(名古屋方面)
中日本の高速道路渋滞予測
西日本
(大阪・神戸方面)
西日本の高速道路渋滞予測
高速道路の渋滞予測2024年

GWの後半になるにつれ家族連れが5月5日を目途に、遊びと大移動がある為、関東地方にお住いの方で地方にお出かけする時は、高速道路の渋滞情報をリアルタイムで把握すると良いかと思います

【2024年】GW混雑予想!新幹線のゴールデンウィーク混雑状況!自由席・指定席

また、高速道路渋滞予測を見て、私は違う移動手段にする!と思った方は、GWに新幹線利用する事が1つの解決策です。上記でゴールデンウィークの新幹線混雑予想を公開中になります。車移動か、新幹線移動か。どちらでお出かけするか検討してくださいね

タイトルとURLをコピーしました