【2024】日本ダービーの出走予定馬!予想と過去データ!東京優駿の日程や賞金

スポンサーリンク
【2024】日本ダービーの出走予定馬!予想と過去データ!東京優駿の日程や賞金 トレンド
スポンサーリンク

昨年は、タスティエーラがテン乗りでダービーを制覇し、69年ぶりの新しい記録が生まれました。日本ダービーの出走を目標とする馬が2歳時に走るホープフルSを牝馬が優勝し、3歳クラシック世代の牡馬の力関係がはっきりしていない時ですよね。

では、今年開催される第91回の東京優駿、日本ダービーの日程と開催日はいつなのか、発走時刻の時間は何時からのか。日本ダービーの入場券、JRA指定席はいつから、どこで販売開始されるのか、チケットの取り方が知りたい!

日本ダービーに出走する有力馬が、今年はどんな馬がいるのか。ポイントを教えて!という方の方の為に、2024年の第91回目の日本ダービーの出走予想、優先出走権のある皐月賞、青葉賞の結果や賞金ボーダー等!日本ダービーの詳細情報を満載でお届けいたします

※馬券や特定の有力馬を推奨する内容ではない点、ご了承くださいませ

スポンサーリンク
  1. 【2024年】今年の日本ダービーの時間は何時から?発走時刻と日時はいつ?
  2. 【2024年】日本ダービーの距離とコース特徴は?日本ダービーは左回りの2400m!
  3. 【2024年】日本ダービーの出馬予想!出走予定馬と登録馬は?
  4. 【2024年】日本ダービーの枠順・馬番号と出馬表はいつ頃に発表される?出走馬はいつ決まるの?
  5. 日本ダービーの賞金はいくら?1着から5着の掲示板内の馬の賞金額は?
  6. 日本ダービーのJRA指定席の抽選と申込みはいつから?抽選受付期間と当選確率は?
  7. 日本ダービーのJRA指定席!キャンセル席と残券の販売はいつから?
  8. 【2024年】日本ダービーのチケットとJRA入場券の抽選はいつから?
  9. 日本ダービーの観客数はどのくらい?過去の入場者数の推移を徹底解説!
  10. 日本ダービーのTV番組は?放送時間は何時から?スマホからレースを無料で見る方法!
  11. 日本ダービーの馬券購入・投票はいつから?販売開始予定日と時間はいつから?
  12. 【2023年】日本ダービーの結果!人気・オッズ・タイム!優勝馬の脚質は?
  13. 日本ダービーの過去10年の配当!払い戻し結果はいくら?
  14. 日本ダービーは荒れる?過去配当の最高額・最低額はいくら?
  15. 日本ダービーの過去結果!1着・2着・3着と掲示板内の馬の前走は?
  16. 【皐月賞組】日本ダービーの着順と過去結果の成績は?優勝馬の成績は?
  17. 【青葉賞】日本ダービーの着順と過去結果の成績は?優勝馬の成績は?
  18. 【京都新聞杯組】日本ダービーの着順と過去結果の成績は?優勝馬の成績は?
  19. 【騎手】日本ダービーの騎手の乗り替わりと継続ジョッキーの成績は?
  20. 【歴代】日本ダービー馬のレコードタイムは?過去最速でゴールした馬は?
  21. 日本ダービーの次のG1や大きな有名レースは?
    1. おすすめ記事

【2024年】今年の日本ダービーの時間は何時から?発走時刻と日時はいつ?

第91回の日本ダービーはいつ、何時からレースがスタートするのか。今年の日本ダービーは2024年5月26日(日曜日)が開催日程となっており、日本ダービーのレース発走時刻の時間は15:40分になります。

日本ダービーとは、一生に一度しか出走する事ができない3歳のGⅠであり東京優駿という別名があります。

G1競争詳細
レース名第91回
日本ダービー(東京優駿)
出走資格3歳牡馬・牝馬
フルゲート18頭
コース距離芝・2400m(左)
開催場所東京競馬場
住所〒183-0024
東京都府中市
日吉町1-1
開催日(日程)2024年5月26日
日曜日
発走時間(時刻)15:40
JRA競馬場情報公式:フロア・マップ等
【第91回】日本ダービーの日程(日時、発走時間)

第91回の日本ダービーの詳細を上記の早見表に一覧でまとめました。2024年の日本ダービー(東京優駿)の場所はどこの競馬場でやるの?や距離は何メートル、どっち周りなので走るのかなど!何時が発走時刻か知りたい方は、ご参考にしてください

【2024年】日本ダービーの距離とコース特徴は?日本ダービーは左回りの2400m!

今年も昨年同様、東京優駿、日本ダービーの開催場所は東京競馬場の距離2400m、芝・左回りで行われます。日本ダービーのコースの特徴と距離、坂の有・無、最後の直線距離など、詳細が下記になります

GⅠ競争日本ダービー(東京優駿)
東京競馬場距離:2400m
スタート地点ホームストレッチ半ば
コース形態芝・左回り
第1コーナー迄約350m(Aコース時)
前半大きなカーブ:有
中盤【第3コーナー前】
上り坂:有
中盤【第3コーナー付近】
下り坂:有
後半上り坂:有
最後の直線525.9m
東京競馬場:2400m(左)のコース詳細

日本ダービーが開催される東京競馬場、距離2400mの距離のコース特徴を見てみましょう

日本ダービーのコースである東京2400mとは、ホームストレッチ半ばからスタートをします

約350mの長い直線を活用して逃げ馬、先行馬がポジション取りをはじめ、大きなカーブを迎えます。バックストレッチ中盤に上り坂があり、ペースが緩くなる事が多いです。第3コーナー付近に、下り坂があり、加速しながら大ケヤキを越えてからが、日本ダービーの本当の戦いが始まります

東京2400mは、最後の直線が525.9mと非常に長く、2mの高低差のある上り坂を上りきってから約300mの平坦な直線になります。最後の直線を走りきるスピード、加速力といった総合力が問われるコースが、日本ダービーのコースになります

【2024年】日本ダービーの出馬予想!出走予定馬と登録馬は?

2024年の日本ダービーの出走予定の馬、出馬候補の登録馬はどの馬たちなのか。日本ダービーへの出走条件を簡単に説明すると、前哨戦やトライアルレースは、GⅠの皐月賞の掲示板内の5頭、ダービートライアルと呼ばれる青葉賞から2頭、プリンシパルステークスの優勝馬の8頭に優先優先出走権が与えられます

日本ダービーのフルゲートは18頭、優先権のない馬は賞金ボーダーをクリアした10頭が出走が可能です

では、今年の日本ダービーに出馬表明や出走予定の意思があると、ニュース報道のあった馬たちを出走予定馬の一覧表でまとめました。2024年の第91回の日本ダービーに出走予定の有力馬達を解説します

馬名出走予定着順備考
皐月賞組出走可否4月14日
開催
中山
2000m
未確定優先出走権:有1着
優先出走権:有2着
優先出走権:有3着
優先出走権:有4着
優先出走権:有5着
シックスペンス出走予定回避
2024年:皐月賞組:日本ダービーの出走予定馬と候補

※GⅠ・皐月賞は4/14日開催です

日本ダービーといえば、皐月賞を好走した馬たちが集結し、毎年、皐月賞の掲示板内の馬が出走をします

皐月賞前に出走予定であったシックスペンス(優先出走権:有)は、前走後に歩様の乱れが確認され皐月賞を回避して、日本ダービーへ向かう事になりました。ダービー狙いだから皐月賞をあえて回避した訳ではない点に注意しておきましょう

馬名出走予定着順備考
青葉賞組出走可否4月27日
開催
東京
2400m
未確定優先出走権:有1着
優先出走権:有2着
ウインマクシマムゆりかもめ賞:1着
2024年:青葉賞組:日本ダービーの出走予定馬と候補

※GⅡ・青葉賞は4/27日(土曜日)開催です

青葉賞と日本ダービーは同じ2400m、東京競馬場で行われます。しかし、青葉賞組の馬と日本ダービーで好走する馬が一致しない年が多く、レース性質が違うと毎年、話題になります

今年の青葉賞が日本ダービーで戦えるだけの能力、素質、そして、レースの性質が合うのかを見極めるために、展開を見直しておくと良いでしょう

馬名出走予定着順備考
プリンシパルS組出走可否5月4日
開催
東京
2000m
未確定優先出走権:有1着
2024年:プリンシパルS組:日本ダービーの出走予定馬と候補

※プリンシパルステークスは5/4日(土曜日)開催です

プリンシパルステークスの優勝馬に日本ダービーへの優先出走権が与えられます。プリンシパルSは重賞(GⅠやGⅡ)でなく、リステッド競争であり、格式がワンランク下のレースになります

上記の優先出走権のある皐月賞やダービートライアル以外の臨戦過程からは、京都新聞杯の馬が、出走する事を決めます

馬名出走予定着順備考
京都新聞杯組出走可否5月4日開催京都
2200m
未定未定1着
2024年:京都新聞杯組:日本ダービーの出走予定馬と候補

※GⅡ・京都新聞杯は5/4日(土曜日)開催です

京都新聞杯はダービーへの優先出走権はありませんが、1着、2着の馬は賞金をクリアして日本ダービーへ大方、出走します

馬名出走予定着順備考
ジャスティンミラノ次走
皐月賞
1着2/11日開催
共同通信杯
東京1800m
2024年⇒その他組:日本ダービーの出走予定馬と候補

その他、日本ダービーは共同通信杯がダービーへの登竜門であると言われます。共同通信杯は2月11日に開催、GⅠ・朝日杯フューチュリティステークス優勝馬のジャンタルマンタルを破りジャスティンミラノが優勝しています

ジャスティンミラノは皐月賞に出走しますので、レースを見ておくとよいでしょう

さて、ここまでに、2024年の日本ダービーの出走予想、出馬を予定している馬やニュース報道、臨戦過程として走る馬達を説明しました

では、次に日本ダービーの出馬が決定し枠順や馬番号はいつ決まるのか。日本ダービーの出馬の確定について説明します

【2024年】日本ダービーの枠順・馬番号と出馬表はいつ頃に発表される?出走馬はいつ決まるの?

日本ダービーの枠順と馬番号なしの出馬表は木曜日:5月23日の17:00以降に発表予定です。今年の日本ダービーの枠順・馬番号は、2024年5月23日(木曜日)の17:00頃から5月24日(金曜日)の午前中に確定しJRA公式ページにて発表されます

※G1日本ダービーは木曜日の5/23日14:00の段階で早めに枠順と馬番入りの出馬表が発表:有な年が多いです!

枠番馬名騎手枠順成績
1枠1番未発表未発表2-2-1-5
1枠2番0-0-0-10
2枠3番1-0-2-7
2枠4番0-1-0-9
3枠5番1-1-0-8
3枠6番0-0-1-9
4枠7番0-1-1-7
4枠8番0-1-0-9
5枠9番0-1-0-9
5枠10番1-0-0-9
6枠11番0-0-3-7
6枠12番2-2-0-6
7枠13番1-0-1-8
7枠14番1-0-0-9
7枠15番0-0-0-10
8枠16番0-0-0-10
8枠17番1-0-0-9
8枠18番0-1-1-7
【2024年】日本ダービーの出馬表

G1の場合はGⅡ・GⅢと違い比較的早く公表され、正式な馬番号と枠順が「JRAホームページ←公式」で発表されます

参考までに、毎年、日本ダービーの枠番が発表されると8枠18番、大外の馬が話題にあがります。理由は、東京2400mの大外とは、ロスが多く、不利になる為だとされます

8枠18番の大外から入着した馬は、後に世界ナンバーワンと評価を受けたイクイノックスと、1番人気1倍台であったアドミラブルの2頭しかいません

18番が苦しいと言われますが、7枠の15番や16番、17番の方が直近10年では厳しそうな枠番結果になっています。どちらにしても、大外に近い枠はダービーに不利である事には違いないと思われます

日本ダービーの賞金はいくら?1着から5着の掲示板内の馬の賞金額は?

2024年の日本ダービーの賞金は、1着の優勝馬:3億円、2着:1憶2000万円、3着:7500万円、4着:4500万円、5着:3000万円が掲示板内の馬たちがもらえる賞金額になります

以前は日本ダービーの優勝馬の賞金額は2億円でしたが、国際競争力のアップを目的に、2023年より増額されました

着順賞金
1着3億円
2着1憶2000万円
3着7500万円
4着4500万円
5着3000万円
日本ダービーの賞金はいくら?

日本ダービーの賞金と関連する事柄は、皐月賞、日本ダービー、菊花賞の3つのレースを優勝して、三冠馬になると追加ボーナスがあり、『3億円』が与えられます。ざっくり簡潔に言うと、三冠馬になった時の賞金合計は10億円になります

日本ダービーのJRA指定席の抽選と申込みはいつから?抽選受付期間と当選確率は?

今年開催の日本ダービーの指定席のJRAチケット抽選は、先行抽選:2024年5月10日(金):18:00から申込、先行抽選の当選・落選の発表後の一般抽選:2024年5月14日(火):18:00から申し込みになります

下記の表が東京優駿、日本ダービーの指定席チケットを手に入れる方法をまとめた表になります

申し込み開始日申込開始募集期間抽選発表
先行抽選
(JRAカード会員)
2024年
5月10日
金曜日
18:00~
2024年
5月12日
日曜日
13:00まで
2024年
5月14日
火曜日
17:00頃~
一般抽選
(一般会員)
2024年
5月14日
火曜日
18:00~
2024年
5月16日
木曜日
13:00まで
2024年
5月17日
金曜日
17:00頃~
2024年:日本ダービーの指定席:先行抽選と一般抽選券

日本ダービーの先行抽選・一般抽選のチケット入場券の当選確率は、JRA会員カードのランクによって差があります

日本ダービーを生で見たい方は、抽選に申し込みネットからチケット入場券を予約、購入するという流れです

※正式な情報:JRA公式←変更がある事があるため、こちらも要確認です!

日本ダービーを観戦するためのチケット、指定席は抽選の当選確率が大きく関係します。JRAカード会員と一般抽選でレース指定席の当選率が違うのか

時期が早く申し込めるだけでなく、実は抽選ステージが決まっているカード会員があり、当選率が高めに設定されています

来場回数当選倍率
0~4回以下1倍=等倍
5~9回以下2倍
10~15回以下4倍
16~24回以下8倍
25回以上16倍
JRAカード会員の当選率の例

JRA会員カード←会員カードの詳細はこのページです※

ルール的には1~6月の入場回数に応じて→7~12月の抽選ステージがランクアップする仕組みです。カード会員の一例になりますが、このようなステージに分かれています

日本ダービーの入場券のチケット抽選⇒突破の倍率を上げるためには、2023年の7月~12月の入場回数が多い方が当選しやすいという事になります

日本ダービーのJRA指定席!キャンセル席と残券の販売はいつから?

残念ながら、日本ダービーの一般抽選に漏れしてしまった時は『キャンセル待ち→再抽選に申し込み』、もしくは「残券を購入する」と、この方法になります

2024年の日本ダービーのキャンセル待ちの再抽選と残券販売は、5月20日(月):18:00~当日の15:00までの期間に、タイミングよく再申込するしか方法はありません

日本ダービー申込開始受付終了
キャンセル券
残券
2024年
5月20日(月)
18:00~
2024年
5月26日(日)
開催当日:15:00まで
日本ダービーのキャンセル入場券と残券の予約・ネット指定

※キャンセル券と残券は、申し込み順=早いもの勝ちです

日本ダービーの先行抽選で入場券を手に入れなかったら一般抽選開始日に、再度、タイミングよくチャレンジするという方法になります。確実にゲットするならJRAカード会員になっておくべきです

【2024年】日本ダービーのチケットとJRA入場券の抽選はいつから?

2024年の日本ダービーのチケットとJRA入場券の抽選はいつなのか知りたい。今年の日本ダービーのチケット・入場券の抽選は5月19日(日曜日)の18:00から申込が開始され、5月21日(火曜日)の13:00に受付終了です

日本ダービーの抽選と落選の結果は5月22日の17:00に発表されます

※JRA入場券チケットの抽選は開催日の1週間前の日曜日です

※正式な情報:JRA公式←変更がある事があるため、こちらも要確認です!

申し込み開始日申込開始受付期間抽選発表
入場券・チケット
抽選
2024年
5月19日
日曜日
18:00~
2024年
5月21日
火曜日
13:00迄
2024年
5月22日
水曜日
17:00~
2024年:日本ダービーの入場券抽選はいつから?

今年の日本ダービーを観戦するには入場券の抽選に突破し、みごと当選した場合に入場券・チケットが手に入ります。参考までに、日本ダービーの観客数を次に説明しますね

日本ダービーの観客数はどのくらい?過去の入場者数の推移を徹底解説!

日本ダービーの指定席・入場券を手に入れる目安と当日の混雑に巻き込まれないように、昨年や過去の日本ダービーの観客数と入場者数を知っておくと良いと思います

日本ダービーの過去最大の観客数は196,517人、競馬ブームの時期に開催された1990年のアイネスフウジンが優勝した年になります

現在では20万人という驚愕の入場者数にはなりませんが、日本ダービーは10万人クラスの観客になる年が過去10年内にあります

西暦入場者数優勝馬
目安12万人
過去最大
1990年
196,517人アイネスフウジン
2023年71,868人タスティエーラ
2022年62,364人ドウデュース
2021年4,994人
入場制限:有
シャフリヤール
2020年無観客
入場制限:有
コントレイル
2019年117,538人ロジャーバローズ
2018年126,767人ワグネリアン
2017年123,779人レイデオロ
2016年139,140人マカヒキ
2015年129,579人ドゥラメンテ
2014年139,947人ワンアンドオンリー
日本ダービーの観戦者数

上記の表が、日本ダービーの直近10年の観客数と入場者数の推移、優勝馬をまとめた表になります

普段、競馬場へ行かない人は『入場者数の目安:12万人』と言われても、どのくらい人が多いのかイメージがわかないと思います

昨年のG1の観客数の目安が4万~6万人、ジャパンカップや有馬記念が7~9万人ほどでした

日本ダービーのTV番組は?放送時間は何時から?スマホからレースを無料で見る方法!

日本ダービーをテレビやネット、スマートフォンから見たい方は、テレビ放送:15:00~16:00から競馬番組とネット配信が2024年5月26日(日曜日)に行われます

日本ダービー時間視聴方法備考
【1】テレビ番組15:00~16:00テレビ方法パドック:有
【2】JRA公式ページ15:40~スマホ・PCパドック:無
【3】Youtubeの番組配信15:00~16:00Youtube5分遅れ
【4】生ライブ当日13:00頃~Youtuberの生配信映像なし
日本ダービーのTV中継とスマホで見る方法

日本ダービーの番組放送を見る方法は上記の【1】~【4】です

【1】テレビ番組の方法は、自宅のテレビで見る場合⇒15:00から競馬番組が始まり、パドックの様子や返し馬の映像がリアルタイムで放送されます

外出先で競馬のG1・日本ダービーを見る場合は、【2】~【3】の観戦方法です

【2】JRA公式ページ←ココから)のネット配信は『左上メニュー:出馬表のボタンから日曜日のレースを選ぶ⇒右上:レースライブのボタン』を押すと、日本ダービーをスマホから見ることができます

レースライブボタンを押しても映像が最初は流れませんが、「15:40分の時間ピッタリ」になるとレースが始まります

スマホからは画面に反応がなく、シーンとしていおり、ちゃんと自分のスマホで放送されるか不安になる為、『スマホを下に引っ張る=更新』を『15:40分になったときにする』のがおすすめです

JRA公式のレースライブのいいところは『下に、走ってる馬の番号が表示』される為、どの馬が一番に走っているのか。映像がよく見えなくても状況がわかることです!

【3】はG1レース限定でテレビ番組の公式がYoutubeでネット配信しています。Youtubeのテレビ配信は『リアルタイムではなく、約5分遅れで番組が放送』されています

また、チャット機能をonにしておくと映像は5分遅れだけど、誰かがレース結果をチャットしちゃうことがあり、レースを見ているのに先に結果がわかってしまう事があるので、チャット機能offにしてみる方が楽しめます

逆に、リアルタイムで結果がわかっても良く、みんなでワイワイとG1を見たい方は【4】youtuberの生ライブです

ただし、youtuberの方の生ライブと中継は『レース映像はなし』です

日本ダービーの馬券購入・投票はいつから?販売開始予定日と時間はいつから?

日本ダービーの投票詳細
当日販売2024年5月26日
原則:9:30~発走2分前
ネット購入2024年5月24日
原則:18:30~発走1分前
日本ダービーの投票開始の日程と時間

前売り販売は予告なく日時・時刻が変わる場合がありますが、原則、特別な事がない限り、日本ダービーの投票日と投票時間に変更はないという認識で問題ないです

※特に馬券や特定の馬を推奨する内容ではない点、ご了承くださいませ

次は、日本ダービーの過去の結果と統計データ(過去の10年・20年・30年の配当、払い戻し)掲示板内(5着以内)に入着した馬の名前歴代の優勝馬のレコードタイムなどを紹介します

【2023年】日本ダービーの結果!人気・オッズ・タイム!優勝馬の脚質は?

2023年の日本ダービーは、晴れ・良馬場で開催され、1着:タスティエーラ、2着:ソールオリエンス、3着:ハーツコンチェルトの3頭で着順確定しています

日本ダービー優勝馬のタスティエーラはタイム:2:25.2、推定上がり3F:33.5(メンバー内4位以下)でした

2023年のは9.9倍以下の当日オッズの1番人気~4番人気の馬が4頭いましたが、1番人気のソールオリエンスが1.8倍の1強に思える日本ダービーでした

しかい、終わってみると、1~4着までのタイム差は0.0秒とゴール前は混戦状態でした

着順馬名人気(オッズ)タイム3F通過順位
1着:12番タスティエーラ4人:8.3倍2:25.233.54-4-4-4
2着:5番ソールオリエンス1人:1.8倍2:25.233.36-6-6-6
3着:11番ハーツコンチェルト6人:25.6倍2:25.233.416-14-6-6
4着:1番ベラジオオペラ9人:54.9倍2:25.233.08-8-11-11
5着:15番ノッキングポイント15人:166.8倍2:25.433.46-7-9-9
日本ダービーのレース結果(2023年)

2023年の日本ダービーの掲示板内の着順結果と人気、当日オッズ、通過順位になります

しかし、結果と成績表だけでは、日本ダービーがどんなレース展開だったのか。逃げ、先行馬が粘ったのか。それとも差し・追い込み馬が好走したのかわかりませんよね

では、次に、日本ダービーの上り3ハロン別の成績と最終コーナーの通過順位、ポジションと脚質を見てみましょう

着順馬名脚質最終コーナー
1着タスティエーラ先行4番手
2着ソールオリエンス中団・差し6番手
3着ハーツコンチェルト後方6番手
4着ベラジオオペラ中団11番手
5着ノッキングポイント中団9番手
日本ダービーの最終コーナー通過順位(2023年)

日本ダービーのレース展開を解説しますと、優勝馬のタスティエーラは、先行4番手におり最終コーナーも土曜に4番手で通過、2着のソールオリエンスは、後方からの競馬になる思いきや、いつもより前目の6番手に初めからいました

中団より後ろになってしまったハーツコンチェルトは、道中、徐々に進出。3コーナーの頃には6番手にあがってきていました

上り3F馬名上り3F着順最終コーナー
(ペース:S)
1位ベラジオオペラ33.04着11番手
2位(同率)サトノグランツ33.111着15番手
2位(同率)トップナイフ33.114着17番手
3位シャザーン33.29着12番手
日本ダービーの上り3ハロン別成績(2023年)

2023年の日本ダービーのラスト600m、上り3ハロンと着順別成績を上記の表に記載しました

昨年の日本ダービーの道中はスローペースでした。例年のダービーなら上り3ハロンの速い、末脚を持つ馬が最後の直線で伸びてくるのですが、2023年のダービーは最終コーナーを10番より後ろにいた馬にとっては厳しい結果となりました

種別番号配当種別番号配当
単勝12830円馬単12-52,330円
枠連3-6560円3連複5-11-124,700円
馬連5-12690円3連単12-5-1129,810円
複勝12
5
11
200円
120円
380円
ワイド5-12
11-12
5-11
360円
1,970円
820円
日本ダービーの払い戻しと配当(2023年)

2023年の日本ダービーは、1着:12番、2着:5番、3着11番で確定をして、上記の配当と払い戻しとなりました。

人気馬名着順
1番人気
1.8倍
ソールオリエンス2着
2番人気
4.5倍
スキルヴィング17着
(急性心不全)
3番人気
6.9倍
ファントムシーフ8着
日本ダービーの人気別成績(2023年)

競馬の格言に『競馬に絶対はない』と言葉がありますよね。確認のため、日本ダービーの1番人気~3番人気の着順をお調べしました。

2023年の日本ダービーの1番人気に支持されたソールオリエンスは、2着。2番人気のスキルヴィングは、レース中から様子がおかしく、末脚自慢のはずは、失速して17着で入選、ゴール後にフラフラした動きを続け、そのまま倒れてしまいました

悲しいお話ですが、急性心不全により、ターフの上でそのまま亡くなってしまいました。

昨年:2023年の日本ダービーの上位入着馬の情報はわかったぞ!でも、昨年は昨年であり、過去10年の日本ダービーの配当と払い戻しは、どうなっているのか過去の配当を見てみましょう

日本ダービーの過去10年の配当!払い戻し結果はいくら?

過去10年、2014年~2023年の日本ダービーの配当の払い戻しを3連単、3連複、単勝、馬単・馬連別にまとめました。日本ダービーの3連単10万円以上が3回、1万円以下が1回です

西暦3連単3連複単勝馬単馬連
2023年29,810円4,700円830円2,330円690円
2022年15,770円4,570円420円1,440円730円
2021年58,980円8,800円1,170円 3,360円1,010円
2020年5,140円2,480円140円350円270円
2019年199,060円12,050円9,310円47,090円11,200円
2018年2,856,300円521,600円1,250円15,520円7,950円
2017年11,870円2,220円530円2,860円1,620円
2016年4,600円850円400円1,420円700円
2015年15,760円3,950円190円2,220円1,980円
2014年103,300円27,470円560円1,860円850円
過去10年:日本ダービーの配当払い戻し金額

上記の過去10年の日本ダービーの払い戻し、配当を見ると、最低配当の単勝は2020年の140円、最高配当は2019年の9,310円になります。2.9倍以下の単勝が1回、日本ダービーの1着となっています

日本ダービー
3連単
最低配当:4,600円
2016年
最高配当:2,856,300円
2018年
1着マカヒキ
(3番人気:4.0倍)
ワグネリアン
(5番人気:12.5倍)
2着サトノダイヤモンド
(2番人気:3.8倍)
エポカドーロ
(4番人気:10.5倍)
3着ディーマジェスティ
(1番人気:3.5倍)
コズミックフォース
(16番人気:223.7倍)
過去10年の最高と最低配当の内訳

過去10年以内の日本ダービー最低配当の3連単は4,600円、最高配当は2,856,300円になります

日本ダービーの過去の事例を紹介すると、最低配当の年は3.5倍の1番人気の、ディーマジェスティが敗れていますが、2・3番人気のサトノダイヤモンドとマカヒキが連対しています

荒れた年の日本ダービーは2018年、1番人気2.1倍のダノンプレミアム、2番人気4.6倍のブラストワンピースが着外になった年になります

東京2400mは逃げることが難しいされるなか、4番人気のエポカドーロが逃げ粘り、5番人気のワグネリアンがダービーを制覇。3着に先行していた16番人気:223.7倍のコズミックフォースも同様に粘り残っています

日本ダービーにはしては珍しい前目、逃げ残りの3頭が3着内を独占、レース展開としてはレアなケースであったと言えます

配当の平均と、だいたいの配当の範囲は理解できたけど、日本ダービーの払い戻しが高い金額と低い金額があり、荒れやすいのか。固く決着がつくのかイメージがわかない!という方は、過度な期待は良くないけど、過去に荒れた日本ダービーの時の配当と払い戻しを次に紹介します

日本ダービーは荒れる?過去配当の最高額・最低額はいくら?

日本ダービーは荒れるのか。大穴の馬と伏兵が好走した年はどんな状況だったのか。日本ダービーの歴代の最低配当と最高額の配当の3連単、3連複、単勝、馬単・馬連の配当と払い戻し金額を下記の表にまとめました

日本ダービー最低配当
1位
最高配当
1位
最高配当
2位
最高配当
3位
3連単4,250円
(2005年)
2,856,300円
(2018年)
2,155,760円
(2007年)
201,960円
(2009年)
3連複850円
(2016年)
521,600円
(2018年)
248,790円
(2007年)
40,320円
(2009年)
単勝110円
(2005年)
9,310円
(2019年)
6,620円
(1954年)
5,110円
(1973年)
馬単350円
(2020年)
97,890円
(2007年)
47,090円
(2019年)
46,210円
(2010年)
馬連270円
(2020年)
54,470円
(2007年)
29,580円
(1992年)
16,720円
(2010年)
歴代の日本ダービーの配当払い戻し金額

上記の表が過去10年以上、20年・30年以上をさかのぼって調べた結果の過去の日本ダービーの配当、払い戻し金額のベスト3を紹介いたします

日本ダービーの3連単の最高払い戻し額は2018年の2,856,300円、2位は2007年の2,155,760円になります

詳細最低配当
1位
最高配当
1位
最高配当
2位
西暦2005年2018年2007年
3連単
3連複
4,250円
2,410円
2,856,300円
521,600円
2,155,760円
248,790円
1着ディープインパクト
1番人気
オッズ:1.1倍
ワグネリアン
5番人気
オッズ:12.5倍
ウオッカ
3番人気
オッズ:10.5倍
2着インティライミ
2番人気
オッズ:19.5倍
エポカドーロ
4番人気
オッズ:10.5倍
アサクサキングス
14番人気
オッズ:84.5倍
3着サンデーレーシング
7番人気
オッズ:43.6倍
コズミックフォース
16番人気
オッズ:223.7倍
アドマイヤオーラ
4番人気
オッズ:12.7倍
日本ダービーは荒れるの?

歴代の最高配当は大荒れのレース結果であり、通常の日本ダービーなら『3連単:4,250円(2005年)』のように1・2番人気のお堅い決着があり、過度な期待は良くないという事がわかるかと思います

第1位の大荒れの日本ダービーは、4・5番人気と3着に16番人気が入着する異例のレースですが、第2位の2007年の年は、大荒れ、かつ、歴史的な一戦でした

2007年の優勝馬は『64年ぶりの牝馬によるダービー制覇』の年であり、3番人気のウオッカが勝利、2着は、逃げれないと言われる日本ダービーを84.5倍のアサクサキングスが逃げ残ったレースになります

比較表日本ダービー有馬記念
優勝馬ウオッカダイワスカーレット
偉業牝馬によるダービー制覇牝馬による有馬記念制覇
西暦2007年2008年
3連単2,155,760円9,85,580円
ウオッカvsダイワスカーレット

この頃から牝馬が活躍する時代に突入し、後に、ウオッカの宿命のライバルのダイワスカーレットも高額の払い戻しを出しています。3連単の高額払い戻し勝負は、ウオッカが勝っています

なるほどな!過去の日本ダービーは、手堅い決着と荒れたパターンのどっちもあるけど、レース結果と前走や近況がどうだったか見ないと何もわからないですよね

次は、日本ダービーの5着内に好走した馬達の前走のレース結果、当日の人気・オッズを見てみましょう

統計データとは『統計データは所詮、統計である』『されど統計に傾向がみられる』と言葉がありますが、本来、統計学では2000回以上の数字から算出すると安定した傾向がわかるとされます

統計データは『数字の取り方』と『統計の切り口の仕方(注目する項目)』の違いで傾向に偏りがでる事があるよ!と頭に入れた上で読んでいただければと思います。特に馬券や特定の馬を薦めている訳ではないない点をご了承くださいませ

日本ダービーの過去結果!1着・2着・3着と掲示板内の馬の前走は?

過去10年、2014年~2023年の日本ダービーの掲示板入着の5着内の馬をまとめました。当日の人気オッズ、前走のレース結果を含めて一覧で早見表にしております

中央競馬は1~3着までの3連単・3連複までしかありません。

しかし、日本ダービーを5着の掲示板内に入着した馬が気になりますよね。幻の5連単を予想したい方惜しくも4着、5着だった過去の日本ダービーの馬達を知りたい時の参考にしてくださいね

西暦馬番1着2着3着4着5着
2023年
12
5
11
1
15
タスティエーラ
4番人気:8.3倍
皐月賞:2着
ソールオリエンス
1番人気:1.8倍
皐月賞:1着
ハーツコンチェルト
6番人気:25.6倍
青葉賞:2着
ベラジオオペラ
9番人気:54.9倍
スプリングS:1着
ノッキングポイント
15番人気:166.8倍
毎日杯:2着
2022年
13
18
3
12
6
ドウデュース
3番人気:4.2倍
皐月賞:3着
イクイノックス
2番人気:3.8倍
皐月賞:2着
アスクビクターモア
7番人気:24.7倍
皐月賞:5着
ダノンベルーガ
1番人気:3.5倍
皐月賞:4着
プラダリア
5番人気:20.7倍
青葉賞:1着
2021年
10
1
11
13
16
シャフリヤール
4番人気:11.7倍
毎日杯:1着
エフフォーリア
1番人気:1.7倍
皐月賞:1着
ステラヴェローチェ
9番人気:40.2倍
皐月賞:3着
グレートマジシャン
3番人気:11.1倍
毎日杯:2着
サトノレイナス
2番人気:5.1倍
桜花賞:2着
2020年
5
12
6
1
13
コントレイル
1番人気:1.4倍
皐月賞:1着
サリオス
2番人気:4.4倍
皐月賞:2着
ヴェルトライゼンデ
10番人気:66.4倍
皐月賞:8着
サトノインプレッサ
9番人気:63.4倍
NHKマイル:13着
ディープボンド
8番人気:61.6倍
皐月賞:10着
2019年
1
7
13
6
9
ロジャーバローズ
12番人気:93.1倍
京都新聞杯:2着
ダノンキングリー
3番人気:4.7倍
皐月賞:3着
ヴェロックス
2番人気:4.3倍
皐月賞:2着
サートゥルナーリア
1番人気:1.6倍
皐月賞:1着
ニシノデイジー
13番人気:107.9倍
皐月賞:17着
2018年
17
12
7
14
8
ワグネリアン
5番人気:12.5倍
皐月賞:7着
エポカドーロ
4番人気:10.5倍
皐月賞:1着
コズミックフォース
16番人気:223.7倍
プリンシパル:1着
エタリオウ
13番人気:99.1倍
青葉賞:2着
ブラストワンピース
2番人気:4.6倍
毎日杯:1着
2017年
12
4
18
3
7
レイデオロ
2番人気:5.3倍
皐月賞:5着
スワーヴリチャード
3番人気:5.9倍
皐月賞:6着
アドミラブル
1番人気:3.4倍
青葉賞:1着
マイスタイル
14番人気:188.8倍
皐月賞:16着
アルアイン
4番人気:6.3倍
皐月賞:1着
2016年
3
8
1
5
12
マカヒキ
3番人気:4.0倍
皐月賞:2着
サトノダイヤモンド
2番人気:3.8倍
皐月賞:3着
ディーマジェスティ
1番人気:3.5倍
皐月賞:1着
エアスピネル
7番人気:21.3倍
皐月賞:4着
リオンディーズ
4番人気:5.5倍
皐月賞:5着(降)
2015年
14
1
11
13
3
ドゥラメンテ
1番人気:1.9倍
皐月賞:1着
サトノラーゼン
5番人気:18.7倍
京都新聞杯:1着
サトノクラウン
3番人気:6.3倍
皐月賞:6着
リアルスティール
2番人気:3.8倍
皐月賞:2着
コメート
16番人気:234.9倍
皐月賞:10着
2014年
2
13
3
14
5
ワンアンドオンリー
3番人気:5.6倍
皐月賞:4着
イスラボニータ
1番人気:2.7倍
皐月賞:1着
マイネルフロスト
12番人気:108倍
青葉賞:6着
タガノグランパ
16番人気:230.3倍
皐月賞:17着
トゥザワールド
2番人気:3.9倍
皐月賞:2着
【過去10年データ】の日本ダービーの着順結果

上記が過去10年分の日本ダービーの掲示板内(5着)の馬の一覧です

東京優駿、日本ダービーの掲示板内をみると、皐月賞、青葉翔、京都新聞杯の3つのレース名が顔ぶれとなっていますよね

では、過去に日本ダービーの3着内に入着した馬と各レースの結果に何か特徴的な傾向があるのかをおしらべしました

【皐月賞組】日本ダービーの着順と過去結果の成績は?優勝馬の成績は?

皐月賞組は上位5頭が日本ダービーへの優先出走権があります。皐月賞でどのような特徴があった馬たちがダービーで3着内に入着することができたのか。過去10年:2014年~2023年の日本ダービーと皐月賞組の関係性を下記にまとめました

過去10年間で日本ダービーに入着した馬の30頭中、23頭が前走を皐月賞としています

日本ダービーの3着内に入着した皐月賞組の馬は『皐月賞の人気が3番人気内、かつ、3着内の馬』11頭、日本ダービーで好成績をおさめています

皐月賞の段階で人気があり、そして結果を残したという2つの条件を満たしてた馬になります

しかし、皐月賞の時に人気がなかったけど、皐月賞に入着した。逆に、人気があったけど皐月賞の結果がダメだった馬が、再び、ダービーで逆襲するケース:有ですよね

過去データをお調べすると『皐月賞6番人気内』もしくは、『皐月賞3着内』のどちらか片方、もしくは両方を満たしていた馬が11頭になります

西暦ダービー
着順
馬名皐月賞
着順
皐月賞
人気
皐月賞
通過順位
当日
馬体重
東京3F:33秒台
重賞1800m以上
2023年1着タスティエーラ2着5人5-6-6-4478kg(±0)有:33.7
2着ソールオリエンス1着2人15-15-15-17462kg(±0)なし
3着
2022年1着ドウデュース3着1人15-15-16-14490kg(-6)有:33.8
2着イクイノックス3着2人7-5-4-3484kg(-8)有:32.9
3着アスクビクターモア5着6人2-2-2-2472kg(-2)なし
2021年1着
2着エフフォーリア1着2人3-4-4-4510kg(+6)有:33.4
3着ステラヴェローチェ3着6人13-10-10-8488kg(-12)有:33.6
2020年1着コントレイル1着1人12-12-12-7460kg(-2)有:33.1
2着サリオス2着3人4-5-6-4528kg(-8)なし
1600m:有
3着ヴェルトライゼンデ8着4人7-7-8-9486kg(±0)なし
2019年1着
2着ダノンキングリー3着3人4-3-4-5454kg(+4)有:32.9
3着ヴェロックス2着4人5-5-4-4486kg(+8)なし
2018年1着
2着ワグネリアン7着1人11-11-10-12450kg(-2)なし
3着エポカドーロ1着7人4-4-4-4490kg(-2)なし
2017年1着レイデオロ5着5人16-16-16-14480kg(-4)なし
2着スワーヴリチャード6着2人6-9-11-10492kg(-12)有:33.6
3着
2016年1着マカヒキ2着3人17-17-15-13502kg(+4)東京初
2着サトノダイヤモンド3着1人8-8-9-5500kg(-4)東京初
3着ディーマジェスティ1着8人14-14-12-10472kg(-4)なし
2015年1着ドゥラメンテ1着3人13-13-11-7484kg(-2)有:33.7
2着
3着サトノクラウン6着1人12-12-13-9470kg(-4)有:33.8
2014年1着ワンアンドオンリー4着4人18-18-17-12482kg(+4)有:33.7
2着イスラボニータ1着2人468kg(+6)有:33.2
3着
皐月賞組と日本ダービーの着順別成績の一覧(過去10年)

※上記に、日本ダービーの3着内に入着した馬の皐月賞の着順、人気、ダービー当日の場体重を一覧にしました。表:一番右にある数字は、東京1800m以上にて、東京3F:33秒台の実績の有、無を記載しています

【青葉賞】日本ダービーの着順と過去結果の成績は?優勝馬の成績は?

青葉賞組は上位2頭が日本ダービーへの優先出走権があります。青葉賞1、2着の馬がダービーで3着内に入着することができたのか

過去10年:2014年~2023年の日本ダービーと青葉賞組の関係性を下記にまとめました

過去10年間で日本ダービーに入着した馬の30頭中、3頭が前走を青葉賞としています。

青葉賞はダービーと同じ東京2400mですが、先行する馬が好走することやペースの違いから、日本ダービーと相性が決して良いとは言えない結果となっています

西暦ダービー
着順
馬名青葉賞
着順
青葉賞
人気
青葉賞
通過順位
当日
馬体重
東京・3F:33秒台
重賞1800m以上
2023年急性心不全スキルヴィング1着1人10-8-11-11520kg(-4)有:33.2
2着ハーツコンチェルト2着2人12-11-11-12494kg(-4)有:33.8
2022年5着プラダリア1着4人5-5-5-5458kg(+2)なし
14着ロードレゼル2着2人2-2-2-2504kg(-8)なし
2021年10着ワンダフルタウン1着3人6-6-6-5470kg(+4)なし
未出走キングストンボーイ2着1人11-10-8-7有:33.3
2020年未出走オーソリティ1着3人5-5-8-6なし
14着ヴァルコス2着4人12-12-4-3498kg(±0)なし
2019年15着リオンリオン1着5人1-1-1-1474kg(-6)なし
7着ランフォザローゼス2着1人3-4-4-4492kg(+4)なし
2018年7着ゴーフォザサミット1着6人7-6-5-5496kg(±0)有:33.2
4着エタリオウ2着7人5-6-7-4454kg(+4)なし
2017年3着アドミラブル1着1人12-12-9-4514kg(+4)なし
阪神2400m
33.5
:
9着ベストアプローチ2着4人11-11-9-9474kg(+6)なし
2016年13着ヴァンキッシュラン1着4人4-5-5-5496kg(+6)なし
9着レッドエルディスト2着5人9-9-9-10504kg(+4)有:33.9
2015年9着レーヴミストラル1着1人12-13-12-9480kg(+2)有:33.7
7着タンタアレグリア2着4人9-8-7-6470kg(+2)なし
2014年6着ショウナンラグーン1着10人14-14-13-13476kg(-2)有:33.8
10着ワールドインパクト2着1人8-6-8-6500kg(+4)なし
3着マイネルフロスト6着3人3-3-5-3486kg(±0)有:33.3
青葉賞組と日本ダービーの着順別成績の一覧(過去10年)

過去10年の青葉賞組を見ると、東京の重賞1800m以上の距離にて『上り3ハロンが33秒台』がある馬と、ない馬ではダービーの着順が大きく違っていますよね。

日本ダービーは、最後の直線からが本番、大ケヤキを過ぎてからがスタート地点であり、長い直線の末脚勝負になることが多いからになります。それにも関わらず、ハーツコンチェルトのように日本ダービーに入着している馬は、東京1800m以上で速い上りが使えた実績があり、先行ではなく差しタイプでした

青葉賞組は、その年の青葉賞のレース内容がどうであったかを見ておくとよいでしょう

【京都新聞杯組】日本ダービーの着順と過去結果の成績は?優勝馬の成績は?

優先出走権を持たず京都新聞杯で加算した賞金でダービーへ出走する馬がいると、もしかして通用するのでは?と深く考えすぎてしまいますよね。過去10年:2014年~2023年の日本ダービーと京都新聞杯組の関係性を下記にまとめました

京都新聞杯組からの日本ダービーの優勝馬が2頭、30頭中、2頭が前走を京都新聞杯の馬になります。

西暦ダービー
着順
馬名京都新聞
着順
京都新聞
人気
京都新聞
通過順位
当日
馬体重
東京・3F:33秒台
重賞1800m以上
2023年11着サトノグランツ1着3人5-5-6-5490kg(-4)なし
2022年12着アスクワイルドモア1着8人9-8-9-6464kg(+4)なし
2021年11着レッドジェネシス1着3人8-8-8-5490kg(+2)なし
2020年5着ディープボンド1着4人5-5-6-6484kg(+2)なし
2019年1着ロジャーバローズ2着2人1-1-1-1486kg(-1)なし
2018年10着ステイフーリッシュ1着7人2-2-2-2452kg(-2)なし
2017年未出走プラチナムバレット1着2人7-7-7-9
2016年6着スマートオーディン1着1人13-13-12-9480kg(-2)有:32.9
2015年2着サトノラーゼン2着2人5-4-5-5454kg(±0)なし
2014年13着ハギノハイブリッド1着3人10-11-10-9446kg(-2)有:33.5
京都新聞杯組と日本ダービーの着順別成績の一覧(過去10年)

※京都新聞杯組が3着内に入着なしの年は、京都新聞杯の優勝馬を記載しています

京都新聞杯の優勝馬は、ほぼ、毎年、日本ダービーへ出走しますが、京都新聞杯の優勝馬がダービーで好走した事例は、直近10年で0回になります

【騎手】日本ダービーの騎手の乗り替わりと継続ジョッキーの成績は?

日本ダービーは継続して同ジョッキーが騎乗することが良いと話題になります。過去10年の日本ダービーの優勝馬の鞍上が継続であったのか、乗り替わりだったのか。10頭のダービー馬のうち、8頭が継続騎乗、乗り替わりが1回、テン乗り(初騎乗)が1回でした

西暦ダービー馬騎手前走同馬同騎手の成績
2023年
【テン乗】
タスティエーラD.レーン松山弘平
2022年
【継続騎乗】
ドウデュース武豊武豊3-1-1-0
2021年
【乗り替わり】
シャフリヤール福永祐一川田将雅1-0-1-0
2020年
【継続騎乗】
コントレイル福永祐一福永祐一4-0-0-0
2019年
【継続騎乗】
ロジャーバローズ浜中俊浜中俊0-1-0-0
2018年
【継続騎乗】
ワグネリアン福永祐一福永祐一3-1-0-1
2017年
【継続騎乗】
レイデオロC.ルメールC.ルメール3-0-0-1
2016年
【継続騎乗】
マカヒキ川田将雅川田将雅0-1-0-0
2015年
【継続騎乗】
ドゥラメンテM.デムーロM.デムーロ1-0-0-0
2014年
【継続騎乗】
ワンアンドオンリー横山典弘横山典弘0-1-0-1
日本ダービーの観戦者数

日本ダービーとは馬にとって生涯に一度の晴れ舞台です。人馬ともに、日本ダービーを幼き頃から目指すため、ジョッキーと馬の信頼関係が重要なことが、しみじみ伝わってきますね

西暦馬名騎手前走備考
2023年タスティエーラD.レーン松山弘平69年ぶり
1954年ゴールデンウエーブ岩下密政蛯名武五郎父:ダービー馬
【テン乗り】日本ダービー制覇

参考までに、初騎乗、テン乗りから日本ダービーを制覇した馬をお調べしました。テン乗りダービー制覇、2023年のタスティエーラ優勝は、実に69年ぶりの出来事でした

前回、69年前にテン乗りからのダービー制覇をしたゴールデンウエーブは、父がミナミホマエ。ミナミホマエは第11回の日本ダービーの優勝馬であり、レコードタイムを記録した名馬になります

【歴代】日本ダービー馬のレコードタイムは?過去最速でゴールした馬は?

日本ダービーのレコードタイムは、2022年に行われた第89回の優勝馬:ドウデュースが出した『2分21秒9』のタイムが最高記録、歴代の1位になります

レコードタイム馬名鞍上西暦
2.21.9ドウデュース武豊2022年(第89回)
2.22.5シャフリヤール福永祐一2021年(第88回)
2.22.6ロジャーバローズ浜中俊2019年(第86回)
2.23.2ドゥラメンテM.デムーロ2015年(第82回)
2.23.3ディープインパクト武豊2005年(第72回)
2.23.3キングカメハメハ安藤勝己2004年(第71回)
2.25.3アドマイヤベガ武豊1999年(第66回)
2.25.3アイネスフウジン中野栄治1990年(第57回)
2.26.3サクラチオノオー小島太1988年(第55回)
2.26.5バンブーアトラス岩元市三1982年(第49回)
2.27.3カツラノハイセイコ松本善登1979年(第46回)
2.27.4コーネルランサー中島啓之1974年(第41回)
2.27.8タケホープ嶋田功1973年(第40回)
2.28.6ロングエース武邦彦1972年(第39回)
2.28.7メイズイ森安重勝1963年(第30回)
2.31.0ヒカルメイジ蛯名武五郎1957年(第24回)
2.31.2トキノミノル岩下密政1951年(第18回)
2.31.8クリフジ前田長吉1943年(第12回)
2.33.0ミナミホマレ佐藤邦雄1942年(第11回)
2.33.4ヌゲヌマ中村広1939年(第7回)
2.33.6ヒサモト中島時一1938年(第6回)
2.42.2トクマサ伊藤正四郎1937年(第5回)
2.42.2ガヴアナー井川為男1936年(第4回)
2.45.4フレーモア大久保亀治1935年(第3回)
日本ダービーの歴代レコードタイム

1935年の第3回開催の日本ダービーからの歴代レコードタイムをまとめた表になります

1932年、第1回目の日本ダービーを優勝した『ワカタカ』と第二回目の1933年は東京ではなく、目黒競馬場で開催されております。そのため、1934年以降の東京2400mになってからの歴代記録が上記になります

日本ダービーの次のG1や大きな有名レースは?

2024年の日本ダービーの次のG1は、どのレースなのか。日本ダービーの次は『G1・安田記念』が東京競馬場、距離1600mにて開催されます

安田記念の詳細の日程・発走時間の予定を一覧にしてますので、お探しの方はご参考にしてくださいね

G1競争詳細
レース名安田記念
コース距離芝・1600m(左)
開催場所東京競馬場
開催日(日程)2024年6月2日(日)
発走時間(時刻)15:40分を予定
次のG1競争:安田記念の日程日時、発走時間

ココまでに、2024年の日本ダービー(G1)の開催日程と発走時間、時刻の予定を説明しました

【2024】日本ダービーの出走予定馬!予想と過去データ!東京優駿の日程や賞金

今年開催の『2024年の日本ダービーの日程+発走時間』から『日本ダービーの出走予定馬の予想』、次のG1情報!一昨年前の覇者たちがその後、どうなったの?次はどのレースを走ったの?と『その後の話』や『歴代!過去の日本ダービーの結果、配当の払い戻し』を含めて紹介しました。

本サイトは馬券と特定の有力馬を薦める内容ではなく、日本ダービーに出走する馬の状況や日本ダービーがよくわからない人向けの情報ファンとして応援したい方が楽しめる内容に心がけています!

タイトルとURLをコピーしました