炊き込みご飯の冷凍保存の仕方⇒冷凍できる?賞味期限の日持ち目安と解凍方法

スポンサーリンク
炊き込みご飯の冷凍保存の仕方⇒冷凍できる?賞味期限の日持ち目安と解凍方法 ご飯
スポンサーリンク

炊き込みご飯が夕飯に残った時に冷凍保存ができるのか。炊き込みご飯の冷凍保存の仕方と日持ち期間の目安をお探しの方向けに『炊き込みご飯の冷凍保存』と『炊き込みご飯の解凍方法』を徹底解説します

まずは、炊き込みご飯の冷凍以外の保存方法から説明します

余った炊き込みご飯は炊飯器、常温保管、冷蔵庫の保管ができますが、美味しさを維持して長期保存ができるのが冷凍保存です

保存方法日持ち目安備考
炊飯器3~5時間以内12時間以上は故障の原因
常温3~5時間桶、おひつ
ラップ+涼しい場所
冷蔵庫2~3日以内
(推奨:12時間以内)
お米がカチカチになる
冷凍保存
(タッパー保管)
2週間霜・冷凍焼け:有
冷凍保存
(ラップ包み)
2週間~1ヵ月粗熱が冷めてから冷凍
⇒長期保存:可
冷凍保存
(ラップ+急速冷凍)
2週間~1ヵ月温かいままラップ
⇒長期保存:可

⇒美味しさを維持
炊き込みご飯の保存方法と日持ちを比較

上記が炊き込みご飯の保存方法と日持ちする期間を比較した表になります

炊き込みご飯の冷凍保存は平たくラップに包んで2週間~1か月以内が日持ちする賞味期限の目安です

表を見ると結論を言えば、翌日・次の日まで保管するとしても、炊き込みご飯は冷凍保存がおすすめの保存の仕方⇒急速冷凍:有の方がより適した方法です

では、次に炊き込みご飯を冷凍する方法を具体的に見てみましょう

スポンサーリンク

炊き込みご飯は冷凍できる?ラップ包みの冷凍保存のやり方を徹底解説!

炊き込みご飯は2週間から1ヵ月の冷凍保存が可能であり、できるだけ空気に触れないラップ包みやジップロック袋を使うのが保存方法におすすめです

炊き込みご飯の冷凍保存の仕方:粗熱が冷めてからor熱いまま!温かいままラップ包むをする

【1】粗熱が冷めてから、炊き込みご飯を包む

【2】なるべく平たく、空気をよく抜く

【3】冷凍保存する

上記の【1】から【3】の手順が炊き込みご飯の一般的な冷凍保存の仕方です

炊き込みご飯の冷凍保存は熱いまま!ご飯が温かいままラップに包むべきか。料理本に書いてあることが違う時がありますよね

粗熱が冷めてから冷凍保存をするのは『急速冷凍をしない場合:炊き込みご飯の冷凍保存』のやり方です

なぜ?熱いままや温かい炊き込みご飯を冷ます、粗熱が冷めるのを待つ必要があるのか説明すると、炊いた後のご飯は「0~4度の温度帯:お米の水分が抜け、パサパサになる温度」だからです

ラップ包みのみで炊き込みご飯を冷凍する時は0~4度の温度帯をなるべく避けるために

一旦、粗熱が冷めるまで待ちましょう

また、ゆっくり冷凍する時は、炊き込みご飯が熱い時の湯気が水分となり霜や冷凍焼けの原因になります

冷凍できない⇒炊き込みご飯の具材と食材は?

炊き込みご飯は、人参、油揚げ、椎茸など。食材を加えた五目御飯などが人気レシピであり、人参や油抜き後の油揚げが冷凍できるのかと具材の冷凍が心配な方向けに、冷凍OKと冷凍NGの食材を取りまとめました

炊き込みご飯冷凍保存冷凍保存の日持ち
鶏肉OK2週間~1ヵ月
人参OK2週間~1ヵ月
椎茸OK2週間~1ヵ月
ごぼうOK2週間~1ヵ月
油揚げOK2週間~1ヵ月
炊き込みご飯の冷凍保存の日持ち

結論を言うと、炊き込みご飯の「人参、油揚げ、椎茸、ごぼう、鶏肉は冷凍保存:可」であり、冷凍保存の日持ち目安は2週間から1カ月です

冷凍保存する時に具材を取り除く必要はありません

炊き込みご飯の急速冷凍⇒冷凍ご飯がパサパサにならない方法を徹底解説!

炊き込みご飯をラップ包みしただけでは、解凍後にお米がパサパサになる事や固くてまずいと思う事があります。解凍後の炊き込みご飯が美味しくなることを踏まえると、急速冷凍するのがおすすめの保存方法になります

急速冷凍はご飯がパサつく温度:0~4度の温度帯を避け、素早く0度以下に冷凍します。急速冷凍は『炊き込みご飯:ラップ包み後』に電熱性の高い金属トレイに置く、冷蔵庫の急速冷凍機能を活用する、ラップの上からアルミホイルで包むという3つの方法があります

炊き込みご飯の冷凍保存の仕方⇒冷凍できる?賞味期限の日持ち目安と解凍方法
保存方法日持ち目安備考
冷凍保存の目安2週間~1ヵ月以内保存方法:ラップ包み
【1】ラップ包み
+金属トレイ

+急速冷凍
おすすめ度:★★★★金属トレイの上に置く
熱いままラップ
⇒長期保存:可
【2】ラップ包み
+急速冷凍
おすすめ度:★★★★★冷蔵庫の急速冷凍機能を活用
熱いままラップ
⇒長期保存:可
【3】ラップ包み
+アルミホイル包み
おすすめ度:★★★★★熱いままラップ
⇒長期保存:可
炊き込みご飯の急速冷凍

普通の冷凍方法との違いは「炊き込みご飯が熱いまま、ラップ包み」をする点です。ご飯の美味しさは「湯気のある状態=炊き立ての時」が最も旨味があり、旨味ごと急速冷凍する事で味の劣化と老化を防ぎます

ご飯を急速冷凍する簡単な方法:アルミホイルで包む

お使いの冷蔵庫に急速冷凍機能:有の方は【2】の冷凍の仕方で問題ないです

冷蔵庫に急速冷凍機能:無の方は、【1】より【3】のラップ包みをした上から、さらにアルミホイルで包む急速冷凍の方法がお手軽で簡単です

冷凍炊き込みご飯の自然解凍の方法は?

冷凍した炊き込みご飯の自然解凍はおすすめしません。理由は冷凍した炊き込みご飯を自然解凍すると、お米の表面がべちゃべちゃになるに加え、水分が抜けて、食べた時の食感がパサパサになるからです

炊き込みご飯自然解凍:NG
常温の自然解凍表面:べちゃべちゃ
食感:パサパサ
冷蔵庫の自然解凍表面:べちゃべちゃ
食感:パサパサ
炊き込みご飯と自然解凍

常温、冷蔵庫の中の自然解凍のどちらも、炊き込みご飯の解凍方法にあっておらず、自然解凍後に電子レンジで温め直しも不向きです

冷凍炊き込みご飯は次に紹介する冷凍まま電子レンジで解凍する方法がおすすめです

冷凍⇒炊き込みご飯の解凍方法!電子レンジで何分?冷凍保存からの温めなおし方法を紹介!

冷凍した炊き込みご飯の温め方は、1回のレンチンではお米がつぶれることがあり、600Wの電子レンジ:1分30秒⇒ご飯を軽くほぐした後に、再度1分:電子レンジで加熱⇒合計2回のレンチンの2分30秒で解凍ができます

炊き込みご飯合計1回目2回目
700W2分15秒1分20秒55秒
600W2分30秒1分30秒1分
500W3分1分50秒1分10秒
炊き込みご飯は電子レンジで何分?

【1】ラップのまま1回目のレンチンをする

※アルミホイル包みの方はアルミホイルを外します

【2】軽くご飯をほぐす

【3】2回目のレンチンをする

上記が、600W以外の電子レンジの解凍目安:炊き込みご飯の解凍は電子レンジ何分なのかをまとめた早見表になります

電子レンジで加熱してみて、微妙に解凍できていない時は20秒⇒10秒とレンチンする時間を減らし丁度いい解凍頃に調整してくださいね

しかし、冷凍した炊き込みご飯をレンチンするとパサパサ感がそれでもする!と困っている方は大さじ1の水を霧吹きしてから温めるとふっくらします。また、あまり長く冷凍保存をしすぎた炊き込みご飯は「酒:大さじ1」を軽く吹きかけてからレンチンすると、風味がよくなります

※お酒に入っているアルコールは電子レンジの熱で飛ぶため、変な味にはなりません

電子レンジ以外⇒炊き込みご飯の解凍方法は?

電子レンジが故障中や家に電子レンジがなくて冷凍した炊き込みご飯が解凍できない時は鍋やフライパンで蒸す事で解凍ができます。電子レンジ以外の解凍方法をお探しの方は下記の手順で冷凍炊き込みご飯を解凍できます

【冷凍⇒炊き込みご飯の蒸し方:解凍方法】

【1】ラップを外す

【2】鍋・フライパンに炊き込みご飯を入れる

【3】水を加える

※ご飯1杯分:100ccの水の分量が目安です

【4】蓋をする=蒸す

【5】様子を見てご飯をゆっくり崩す

上記の【1】から【5】がレンジ以外の冷凍した炊き込みご飯を解凍する方法になります

蒸して炊き込みご飯を解凍する方法は、味が変わりやすい為、電子レンジが壊れて本当に困ったときの緊急手段です!

炊き込みご飯⇒きのこや鶏肉+調味料別のの人気レシピを紹介!

炊き込みご飯の定番レシピ⇒人気の3合・2合の黄金比率の簡単な作り方を紹介!
きのこの炊き込みご飯の黄金比レシピ⇒3合と合う白だし+ほんだしの人気の味付け

さて、今回は炊き込みご飯の保存方法⇒常温から冷蔵庫の保管の消費期限、次の日・翌日まで持つのか。炊き込みご飯の日持ち目安を解説しました

さて、今回は炊き込みご飯は冷凍保存ができるのか。炊き込みご飯の冷凍保存の仕方と日持ちする消費期限の目安を解説しました

炊き込みご飯は常温や冷蔵保管ができない訳ではありませんが、炊いた後の炊き込みご飯は翌日に食べるとしても一旦、冷凍保存しましょう

電子レンジやフライパンで炊きたての時のように、ほくほく美味しい炊き込みご飯に解凍できますので、大量に作りすぎた時は少量で余った時に是非、活用していただければと思います

その他⇒美味しい炊き込みご飯を作りたい方やレシピのバリエーションの幅を広げたい方はコチラ。上記に炊き込みご飯の人気レシピを数多く取り揃えております

醤油・酒・みりんの普通の作り方や白だし、めんつゆのレシピなど!家にある調味料で炊き込みご飯を作る料理テクニックと参考になる豆知識・知袋が満載です!よかったら、上記の内容を見てもらえると嬉しいです

タイトルとURLをコピーしました