ガスパチョの作り方!人気レシピのトマト缶+定番の夏の完熟トマトの冷製スープ!

スポンサーリンク
ガスパチョの作り方!人気レシピのトマト缶+定番の夏の完熟トマトの冷製スープ! ご飯
スポンサーリンク

ガスパチョとは発祥の国はスペイン、アンダルシア地方の冷製スープです

スペインだけでなくポルトガル料理として紹介される事もありますが、スペインとポルトガルは歴史的に関係が深く、料理の交流が深いです

ガスパチョはミキサーを使って加熱無し=夏に冷たくて食べやすいスープです。今回はガスパチョの作り方を夏野菜である完熟トマト市販で購入できるトマト缶の2種類を使ってデキる!簡単な作り方と人気の味を紹介します!

おしゃれな冷製スープですので、是非、特別な時に。ワンランク上の楽しい食卓の日に作ってくださいね

スポンサーリンク

ガスパチョの材料!本格スペイン風の完熟トマト+トマト缶を使ったレシピ!

材料分量代用
トマト2個トマト缶(200g)
玉ねぎ1/8個
きゅうり1/2個
ピーマン1/2個
黄パプリカ1/2個
セロリ1/4個
にんにく1/2欠
バゲット(パン)10g(2~3切れ)
ガスパチョの材料と代用可の食材

ガスパチョは完熟トマトを使うのが本格的でベストですが、家庭菜園やベランダ菜園で美味しく実ったトマトも可です。また、トマト缶を使う事もでき、缶の場合は200gが推奨、コチラでも代用ができます

【1】トマトの皮を沸騰したお湯で湯剥きする

【2】バケット(フランスパン)を5mm角にカット

【3】バゲットを水に5分浸す

【4】野菜をブロック型にカットする

【5】野菜、【調味料】入れミキサーする

【6】食べる時にオリーブオイルを1まわしする

【調味料】の分量は、次の項目で詳しく紹介しますが、ガスパチョの作り方は、基本この手順です。最後に、出来上がったガスパチョを冷蔵庫で15分程度、冷やして完成です

もしくは、湯剥きをしたトマトを先に冷蔵庫で30分程度冷やす→冷たいトマトから作る。この方法なら、すぐに冷たいガスパチョができます!

また、材料のトマト、キュウリなど、野菜は少し残し最後にスープに盛り付けるとおしゃれにみえて◎。特別な日は、コロコロした形の野菜をガスパチョにオンしましょう!

ガスパチョの人気レシピ!調味料の分量+黄金比率は?

調味料分量代用
50ml
白ワインビネガー小さじ2穀物酢:小さじ2
オリーブオイル大さじ1
少々:小さじ1/8
クミン少々:小さじ1/8顆粒コンソメ
ガスパチョのレシピ:調味料の黄金比率

今回、紹介したガスパチョの材料とレシピの分量で約2~3人分です。白ワインビネガーがない時は、穀物酢で代用可です。クミンパウダーがあるとないとでは、味が大きく変わります。もし、クミンがない時は「コンソメ顆粒タイプ:小さじ1/8以下」で味の調整すると丁度いいくらいです

ガスパチョの1人前の量はどのくらい?

ガスパチョの1人前の分量は?
  • ガスパチョ1人前:グラスカップ1杯程度
  • ガスパチョの分量:80~100ml

ガスパチョは夏の洋風メニューの日、パスタやグラタンの献立に合うスープです。メインディッシュが豪華ですので、1人前の量はマグカップ1杯程度で十分。分量で言うと80ml~100mlほどがベストです

ガスパチョは、何杯もおかわり!という風に食べるのでなく、珍しくて冷たい!夏にぴったりの冷製スープね!と思えるぐらいの感じで用意するのが丁度いいです!

ガスパチョ以外!トマトの簡単おかずと人気の副菜やスープは?

ガスパチョ以外のトマトを使ったレシピや夕飯用の簡単おかずなど!人気レシピ1位に輝いたことがあるトマトの副菜やスープの情報をお探しの方は、こちら。トマトの効果的な食べ方+栄養のリコピンをたっぷり摂取するトマト料理の作り方をたっぷり紹介してます

トマトの人気・簡単レシピ!栄養から献立例+副菜⇒作り置きの組み合わせが多数

トマト缶や生トマトを使ったレシピの定番から簡単+人気レシピが大集合!。作り置きメニューやすぐ食べられるトマトのサイドメニューの定番がたっぷり⇒食べたいものがたっぷりあります。知りたいトマトの情報満載で、きっといいアイデアに出会えると思います

タイトルとURLをコピーしました