オイキムチの日持ちと作り置きの保存方法は?冷蔵庫と冷凍保存の賞味期限

スポンサーリンク
オイキムチの日持ちと作り置きの保存方法は?韓国漬物の冷蔵庫と冷凍保存の賞味期限 ご飯
スポンサーリンク

オイキムチとは大根・白菜のではなく、きゅうりを使ったキムチの名前であり『韓国語:きゅうりの辛子漬け』という意味になります

美味しいオイキムチの素が簡単に購入可であり、ご家庭でキムチの変わり種として作り置き、キムチの素と一緒に合えて手作りする方が増えてます。

しかし、本来のキムチは白菜や大根を3~5日、食材を塩漬けにした後、キムチを作ります。オイキムチは韓国風の作り方と日本で大きく違うため、消費期限は日本のオイキムチは短いと考えるべきです

オイキムチは常温保管では3時間程度しか日持ち目安はなく、夏の暑い日の保管は冷蔵庫⇒すぐに食べる予定がなく残ってしまった時は長期保存ができる冷凍保存です!

では、オイキムチの作り置き保管と冷蔵庫保管の賞味期限、冷凍保存の消費期限を説明します

スポンサーリンク

オイキムチ:冷蔵庫保管の日持ちは?何日もつ?作り置きの保存期間と消費期限は?

きゅうりを使ったオイキムチの作り置きの賞味期限と消費期限はどのくらいか。オイキムチが冷蔵庫の中で何日くらい日持ちしてもつのか。夕飯で余った時や作り置きのオイキムチは冷蔵庫保管で4~5日が日持ちする保存期間⇒手作りオイキムチの消費期限の目安です

オイキムチを冷蔵庫に保管すると、時間と共に水分が抜けて「しなしなきゅうりの食感」になります。作った後のオイキムチの作り置きは長期保存のコツの1つです

オイキムチに使う『キュウリ』は、夏野菜であり、収穫後の保管に適した温度は10~15度です

冷蔵庫や野菜室の2~6度や3~7度の温度とは、きゅうりに最適な温度でなく、キュウリを長く冷蔵すると「水分が抜ける⇒キュウリがシナシナ、ブニョ」っとしてしまう事がありますので、消費期限前にオイキムチの作り置きにして、少しでも長く、美味しくキュウリを食べましょう

オイキムチ冷蔵庫の保管目安
春・秋・冬4~5日以内
4日以内
オイキムチの冷蔵庫保管の目安

オイキムチを冷蔵庫で保管する時の目安は、4~5日と説明しました

春・秋・冬といった温度が低めの季節は「4~5日」です。夏の時期や冷蔵庫の開け閉めが頻繁なご家庭は、4日を目安にすると日持ちの心配がないです。家庭用の冷蔵庫は一度、温度が下がる、上がるを繰り返すと食材のキュウリの劣化につながります

オイキムチの作り置き保管:開封後の冷蔵庫の保管はタッパー保管⇒4~5日の日持ちが目安
  • 【1】冷蔵方法:保存容器、タッパー推奨
  • 【2】冷蔵のワンポイント:しっかりと密封する

オイキムチを作り置きする場合は、保存袋で揉みこむ作り方をしますので、無理に袋から出す必要は無く、保存袋+タッパーで2重保管がニオイ移りもなく◎の方法です。ジップロックなど、保存袋を空にして使いたい方は、タッパーへ移すという感じです

オイキムチが夕飯で余った時は『保存容器は、ジップロックの袋タイプよりタッパー容器が推奨』です

オイキムチの冷蔵保管の心配事は?作り置きの注意点とは?

オイキムチを作り置きや大量に作りすぎて困っている。そんな時は保存容器はどう綺麗にするべきか。下記の表の【1】~【6】の手順がオイキムチの心配のない作り置き保管の方法です

作り置きと夕飯で余った時の保存容器:掃除、アルコール除菌のやり方
順番作り置きの手順
【1】手を洗う
【2】アルコール除菌
【3】容器の中
中⇒外の順番
【4】容器の中
裏⇒表の順番
【5】キッチンペーパー
奇麗にふき取る
【6】粗熱が冷めてから
タッパーに保管する
オイキムチの作り置きの手順

【手を洗った後】

最初に手を洗い手にバイ菌がいないようにします

保存容器(タッパー保管)に入れて、冷蔵庫で保管する時は清潔にアルコール除菌をします

【アルコール除菌のやり方】

次に乾いたタッパーをキッチン用アルコール除菌を使って除菌した後のタッパーが心配のない作り置きの方法です

作り置き用のタッパー、容器は定期的な消毒をする事で清潔な状態を保ちます。おすすめする消毒方法は「キチン用のアルコール除菌」を1~2回、スプレーで掃除する事です

オイキムチを保管する容器⇒作り置きの『タッパーの中⇒外』の次に『フタの裏⇒表』の順番が正しいアルコール除菌の順番です

中⇒外、裏⇒表の順番でアルコール除菌する理由は、汚れが少ない個所から掃除するのが安全だからです。ミスしがちな作り置きは「タッパーのフタのアルコール除菌」を忘れる事ですので、【4】の部分に注意をしましょう

そのあとに『清潔な布巾』や『キッチンペーパー』で『内側→外側の順番』でふき取ります。基本的にはこの方法で問題ないです

【最後の注意点】

オイキムチは加熱しない作り方の為、粗熱が原因の水滴の心配はありませんが

まんがいち、余熱がある時は、粗熱が冷めてから冷蔵庫に保管する事が作り置きの基本です

粗熱とは簡単に言うと『作った直後の温かい状態』の事です。オイキムチを作ってから余熱があり、温かいままですと『タッパー内、フタの裏側に水滴が発生→食材のきゅうりを腐らせる原因』になります。

オイキムチ:冷凍保存の日持ちは?何日もつ?作り置きの保存期間と賞味期限は?

オイキムチは冷凍保存する事ができます。保存容器の種類によって冷凍保存の期間は異なりますが「冷凍保存:2週間~4週間」が賞味期限の目安です

オイキムチを冷凍して作り置きすると食べたい時に「夜ご飯の支度が簡単」になるメリットがあり、大量に作った時は冷凍保存が正解です

オイキムチ冷凍保存の保管目安
ジップロック(袋)4週間以内
タッパー保管2週間以内
オイキムチの冷凍保存の目安

オイキムチに使う『キュウリ』は、冷凍可の野菜です。冷蔵と違い長く保管ができる為、オイキムチの冷凍保存は心配がありません

オイキムチの冷凍保存の日持ちするは『タッパー保管:2週間、ジップ付き袋:1ヵ月』が保存期間の目安です

しかし、保存時の空気の入り具合を加味すると『冷凍焼け対策:推奨は2週間以内』、簡単に言うと「空気が入っている=2週間程度、しっかり密封:3週間程度」が日持ちする目安です

オイキムチの普通のレシピに冷凍不向きな調味料は含まれていませんが、塩もみのないキュウリは解凍後に水っぽくなりやすい難点があり、【2】の解凍方法があっています

長期保存⇒オイキムチの冷凍保存の方法は?

キュウリの作り置きの冷凍保存の方法:保存例(ジップロック+密封→冷凍保管)
  • 【1】保存袋、ジップロック推奨
  • 【2】よく空気を抜く
  • 【3】1食分ごとに保存

長期保存をして冷凍保存する時は、オイキムチを『ジップ付き保存袋』を使う事が推奨です

野菜のキュウリは水分が多く、冷凍の長持ちは『冷凍中の空気』が関係します

空気をよく抜いたあと、しっかりと密封できることが『解凍後の味・食感を維持できるポイント』に大きく影響しますので、ジップロック(袋タイプ)がオイキムチの冷凍保存にあった保存方法です

また、オイキムチは解凍後に水分がキュウリから発生⇒水っぽい感じなりやすいです。きゅうりのたたきの冷凍保存の場合は次の方法の方が作り方として正解です

冷凍したオイキムチのおすすめの解凍方法は?

きゅうりは野菜の冷凍して時短料理としてメニューを作る方が味が美味しいです。冷凍したオイキムチは、2つの方法で解凍できます。1つ目は「食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍」、2つ目は「流水解凍」でオイキムチの解凍が出来ます。この2つがベストな解凍方法です

解凍方法詳細
【1】自然解凍冷蔵庫
【2】流水解凍
冷凍オイキムチの解凍方法

冷凍したオイキムチは、電子レンジの解凍より【1】前日から冷蔵庫で自然解凍、もしくは、【2】流水解凍があっています

実はオイキムチは急激な加熱による解凍方法はキュウリがあっておらず、水分が発生⇒キュウリの食感が柔らかくなります

冷凍きゅうりの日持ちと時短レシピ用の保存方法は?

ここまでに、作った後のきゅうりのオイキムチの保存方法と日持ち目安を説明しました

そのほかのきゅうりの方法として、冷凍きゅうりから時短レシピでオイキムチを作る方法があります

冷凍きゅうりの日持ち冷凍保存の保管目安
まるごと1本3週間以内
塩もみ+カット済み
(輪切り、)
4週間以内
きゅうりの冷凍保存の目安

こちらの表が、野菜のきゅうりを冷凍保存したときの日持ちする賞味期限の目安です

きゅうりの冷凍保存は、まるごと1本:冷凍保存⇒3週間、塩もみ後のカットしたきゅうり:冷凍保存⇒2週間が日持ちする賞味期限の目安です

【まるごと1本の注意点】

キュウリの冷凍保存のやり方は、2種類あり、まるごと1本の冷凍は「解凍後⇒水分がいっぱいでる=水っぽくでまずい」⇒和え物やサラダに使うなら向いていないという意見があります

まるまる1本のきゅうりの冷凍に塩を皮にふっておくと水っぽさは軽減できますが、きゅうりの解凍後に皮が少し固くなる弱点:有です!

きゅうりの事がもっと知りたい!きゅうりの知恵袋と豆知識・雑学が満載!

胡瓜(きゅうり)の人気・簡単レシピ!栄養から献立例+副菜の組み合わせが多数

さて、今回はオイキムチの保存方法⇒作ったオイキムチが何日くらい日持ちするのか。手作りオイキムチが次の日、翌日に食べられるか心配な方向けに、しっかりとした保存方法と作り置きの注意点から冷蔵庫保管と、長期保存の冷凍保存を説明しました

タイトルとURLをコピーしました