手作りクッキーの日持ちと保存期間!常温・冷蔵庫と冷凍保存の賞味期限切れを解説

スポンサーリンク
手作りクッキーの日持ちと保存期間!常温・冷蔵庫と冷凍保存の賞味期限切れを解説 ご飯
スポンサーリンク

クッキーとは材料に砂糖が多く、手作りであっても長持ちしやすい焼き菓子です。バターと薄力粉、ホットケーキミックスなど!お手軽にできる手作りお菓子の定番ですよね

一般的にクッキーとは、糖分と脂肪分が40%以上の生地で焼いたお菓子になります

市販のクッキーは、未開封1年近くもつ商品が多く、防災用のクッキーは賞味期限が5年と非常に長く保存ができます。しかし、手作りとなると乾燥剤や防腐剤が不使用であり、砂糖に頼り切った防腐効果しか期待できませんよね

今回は、手作りクッキーがどのくらい日持ちするのか。クッキーの保存方法と賞味期限、消費期限切れの目安を説明します

スポンサーリンク

【常温】手作りクッキーの日持ちと保存方法!賞味期限と消費期限切れは何日?

手作り手作りクッキーが常温保管できるのは、3~7日になります。手作りと言えども、クッキーは7日と日持ちするお菓子ですが、美味しいのは3日目くらいまでであり、パサパサせずしけったり、油っぽい感じがしないです

手作りクッキーは、チョコチップをデコレーションしたり、生地にチョコ、ココアパウダーを練りこんで焼いたら3~4日以内の消費期限になります

特に注意点するのは、フルーツをクッキーの生地に練りこんだ時です。傷みやすく、3~4日が日持ちのと言っても3日以内に食べきるのが、推奨になります

手作りクッキーの常温の日持ち期間:7日以内⇒練りこみ生地は4日以内
手作りクッキー常温保管備考
基本の持ちの目安3~7日以内3日ほどが美味しい
生地:練りこみ3~4日以内フルーツ、チョコ練りこみ
保存方法容器保管しっかり乾燥
保管場所涼しい場所高温多湿、直射日光を避ける
おすすめ乾燥剤:有の尚良し
【常温保管】手作りクッキーの保存の仕方

手作りクッキーの常温保管の仕方は、焼いた後は、しっかりと水分を飛ばした方が傷みにくいです。焼いた後のクッキーは、ケーキクーラーなど。粗熱が完全に冷めるまで待ち、その後に、密封容器に保管します

バレンタインやホワイトデーのお礼に手作りクッキーを焼く方は、クッキーを渡すまで常温放置してもよいのか。日持ちと保存方法が心配になる方は、手作りクッキーの常温保管は直射日光を避け、涼しい部屋で3日以内を目安にしましょう。作ってから3日以内に食べてもらう事を前提に、手作りするのがおすすめです

また、手作りクッキーを渡すまでは、乾燥剤があった方が良いです

クッキーは手作りであっても常温保管で比較的日持ちがします。乾燥を避ける工夫をしましょう

【冷蔵庫】手作りクッキーの日持ちと冷蔵保管の仕方!賞味期限と消費期限切れは何日?

手作りクッキーは冷蔵庫で何日くらい日持ちするのか。手作りクッキーの冷蔵保管は4日~5日以内が日持ちの目安になります。

クッキーは常温保管ができますが、夏場といった暑い時期は油分が発生しやすく、冷蔵保管の方が良い時期があります。梅雨時期の6月~8月終わりごろまでは、冷蔵保管が安心です

手作りクッキーの冷蔵庫の日持ち期間:4~5日が固くならない⇒冷蔵の保存の仕方
手作りクッキー冷蔵保管備考
基本の持ちの目安4~5日以内3日ほどが美味しい
生地:練りこみ3~4日以内フルーツ、チョコ練りこみ
保存方法容器保管個別に密封
【冷蔵保管】手作りクッキーの保存の仕方

手作りクッキーを冷蔵保管する時は、作ってから温度が冷めるまで待ちましょう。粗熱がある状態で冷蔵すると水分が水滴となり、日持ちだけでなく、しけりやすい環境になります

冷蔵庫でクッキーが固くなる問題の解決方法:湿気ったクッキーにならない

クッキーの冷蔵保管のよくある失敗例は、クッキー本体をお皿のせてラップ包みやタッパーに入れて保管する事です

空気に触れる状態で冷蔵すると、水分が抜けて、クッキーの生地が冷蔵庫の中でパサパサに湿気ります。常温保管と同じく、焼いた後にケーキクーラーの上でしっかりと乾燥させておきましょう

長時間や一晩以上、手作りクッキーを冷蔵保管する時は『本体をラップ包み』が必須の保管方法になります

冷蔵保管したクッキーは、30分の常温戻しをすると美味しく食べられます

【冷凍保存】手作りクッキーの日持ちと冷凍の仕方!賞味期限と消費期限切れは何日?

手作りクッキーは日持ちする焼き菓子であり、手作りであっても常温保管が適切だとされます。しかし、賞味期限や消費期限は、思ったほど長くないですよね。いつでも、クッキーが食べたい方は、焼いた後のクッキーをジップロック袋に入れて冷凍保存をしましょう

結論を言うと、手作りクッキーは冷凍が可であり、冷凍保存は2週間~1ヵ月が日持ちの目安になります

手作りクッキーの冷凍保存の日持ち期間:焼いた後の長期保管は2週間~1ヵ月
手作りクッキー冷凍保存備考
日持ちの目安2週間~1ヵ月【正】賞味期限
保存方法ラップ包み【正】個別に包む
【正】ジップロック袋
【冷凍保存】手作りクッキーの保存の仕方

上記に手作りクッキーの冷凍保存の仕方と冷凍して日持ちする賞味期限をまとめました

焼いた後のクッキーは、冷凍してもまったく問題なく、冷凍したクッキーは冷蔵庫で3~4時間で自然解凍ができます

湿気ったクッキーが復活!パサパサクッキーをサクサクに戻す方法は?

手作りクッキーがパサパサに湿気ってしまった時は、トースターを使って温め直しすると、サクサクの手作りのように復活します

復活方法備考
トースター電子レンジは水分が飛ぶ
湿気ったクッキーの復活方法

湿気ったクッキーがおいしいとサクサクに復活する為には、水分が飛んでいしまう電子レンジが不向きです。トースターでカリっとさせる事が、おすすめの方法になります

また、クッキーが湿気るのが嫌な方は、常温より冷蔵保管の方が微差ながらも湿気りにくいです

クッキーが腐るとどうなる?食中毒の事例は?

クッキーが腐るとどうなるのか。クッキーは材料に砂糖が多い焼き菓子であり、常温の保存であっても日持ちする特徴があります。長期間の時間が経つと、クッキーは生地に使ったバターが酸化して古びた粉っぽい感じになります

腐ったクッキー詳細
特徴【1】古びた粉っぽさ
特徴【2】古い油の臭い
特徴【3】糸を引く
食中毒の事例

また、クッキーはしっとりした生地のレシピがあります。腐らないと思いがちなクッキーが傷むことがあり、あまりに放置すると、クッキーを割った時に『糸を引く』までひどい状況になる場合:有です

手作りクッキーの保存の仕方の総まとめ!常温・冷蔵庫・冷凍保存!

焼いた後のクッキーが日持ちする常温・冷蔵庫保管のコツや長持ちする冷凍保存の目安を最後に下記に総まとめしています

保存方法賞味期限備考
常温保管【A】3~7日以内直射日光を避ける
常温保管【B】3~4日以内フルーツの練りこみ
冷蔵庫保管4~5日以内夏の保存の仕方
冷凍保存2週間~1ヵ月個別ラップ
冷凍用密封袋
手作りクッキーの保存の仕方

手作りクッキーの保存方法を一覧で見たい方は、上記の早見表を見てくださいね

さて、今回は手作りクッキーの保存の仕方と手作りの消費期限、賞味期限を説明しました。手作りクッキーは男子から女性にホワイトデーにお返しする定番のお菓子です。バレンタインのお返し以外、お菓子作りが好きな男性が作りやすく、プレゼントに向いています

手作りクッキーの日持ちと保存期間!常温・冷蔵庫と冷凍保存の賞味期限切れを解説

手作りだから、クッキーがしけってしまわないか。美味しく焼きたてのように食べられるクッキーの保存の仕方の参考にしてくださいね

タイトルとURLをコピーしました