チョコ以外のお菓子・スイーツ!バレンタインの意味一覧・早見表!飴・マシュマロ等!

スポンサーリンク
チョコ以外のお菓子・スイーツ!バレンタインの意味一覧・早見表!飴・マシュマロ等! 暮らし
スポンサーリンク

バレンタインにチョコレート以外のお菓子やスイーツをもらった男子は『あれ?なんでケーキなの?』というように、頭に『はてなマーク』がつくことがありますよね

お菓子には深い本当の意味があるので、義理なのに本命と勘違い、また、逆に『嫌い』って意味があるお菓子をプレゼントしちゃったなど!

ちょっとしたミス防止と、あとで男子からからかわれないように「バレンタインのチョコ以外!お菓子、スイーツ、デザート」の意味を一覧にまとめました

スポンサーリンク

チョコ以外のバレンタインの意味!お菓子に含まれる意味の一覧リスト!

種類お菓子の意味プレゼント相手
マロングラッセ永遠の愛本命、夫婦
飴(キャンディ)好き本命、彼氏
マカロン特別な人本命、彼氏
キャラメル安心する好きな人、親友
クッキーあっさりした関係友達
マシュマロ嫌い避けるべき!
グミ嫌い避けるべき!
バレンタイン:お菓子・スイーツの意味一覧

チョコ以外のバレンタインのお菓子の意味の一覧です。本命の彼氏、好きな人向けなら『マカロン』が特別な人の意味で使えそうですね。飴やキャンディーは『好き』という意味ですから、告白前もOKな意味合い、夫婦なら『永遠の愛』を示唆するマロングラッセがおすすめですね

逆にNGとされるのが『嫌い』という意味が含まれるグミ。グミはお値段が安く、チョコでもない!と『手抜きのバレンタイン』のイメージになる為、嫌いとされています

飴・キャンディーの意味は『好き』よりも『末永いお付き合い』の印象が強い

飴・キャンディーの意味は『好き』:バレンタインのお菓子の意味一覧

バレンタインにチョコレート・キャンディや飴は『好き』という意味があり、本命や好きな人にプレゼントOKなお菓子です。しかし、なぜ?飴が好きって意味なの?

ココについては『飴は口の中で長く味わえる=長く愛が続く』という事が由来です。どちらかと言うと『好き』より『末永くお付き合いできるといいね』の方が意味合いとしては正しい感じがします

こういった事もありますが、実際、バレンタインに飴・キャンディはプレゼントする事が少ないと思います。小学生以下のバレンタインなら良い感じですが、大人は逆に『避けるべき』。もしくは、チョコには『特に深い意味はない』ので、『長いお付き合い希望!』の意味を込めて一緒にラッピングして渡すのが一番、ベストな使い方だと思います

クッキーの意味は『友達』=バレンタインの義理チョコに最適性!

クッキーの意味は『友達』:バレンタインのお菓子の意味一覧

クッキーが友達の意味があるとされるのは『クッキーの食感がサクサクしている!重さが軽い』といった特徴から、本命や好きな人未満!だけど、付き合いやすい人間関係がある=友達という意味です

マカロンの意味は『特別な人』=日持ちしないお菓子は特別な時にしか買わない+高級感

マカロンの意味は『特別な人』:バレンタインのお菓子の意味一覧

バレンタインのマカロンの意味は『特別な人』と言う意味です。理由は、マカロンは以前は3日程度しか保存ができないお菓子であり、家に常備するようなお菓子ではありませんでした。しかも、マカロンは大きさに対してお値段が高い+見た目のおしゃれさから高級感があるというのが、この意味の由来です

キャラメルの意味は『安心する』や『ほっとする』=彼氏だけでなく親友にもOK

キャラメルの意味は『安心する』や『ほっとする』:バレンタインのお菓子の意味一覧

バレンタインのキャラメルには『ほっとする味』から『安心する人間関係』という意味があり、長いお付き合いを希望の彼氏や、親友にぴったりです

しかし、キャラメル単品をバレンタインで渡すより『キャラメルマフィン』や『キャラメル味のカップケーキ』など、手作りレシピの応用で使うのが〇です!

マロングラッセの意味は『永遠の愛』、つまり長いお付き合いの彼氏や夫婦向きなお菓子

マロングラッセとは、甘いシロップや砂糖、ブランデーで煮た栗のお菓子。永遠の愛の証とされるのは『マケドニアの王、アレキサンダー大王が最愛の妻にマロングラッセを贈った事』から、男子が女子にあげるにふさわしいプレゼントと言う位置づけになっています

マロングラッセの意味とは『永遠の愛』:バレンタインのお菓子の意味一覧

それなら、マロングラッセは『永遠の愛』の意味があるとしても、バレンタインで女子がプレゼントするより、ホワイトデーにお返しでもらう方が正しいという事になりますね

細かい事を気にしなければ、バレンタインのケーキ類のワンポイントに『永遠の愛の証』があってもOKかと。マロングラッセはこんな意味があるよ!と、バレンタインの日の小ネタに〇な話題ですね

バレンタインの『マシュマロの意味』は『嫌い→お礼・感謝の気持ち』

マシュマロは、諸説ありますが『嫌い』の意味より『ホワイトデー用のお返し=優しさを包み込んでお返し(お礼)をする』が正解かと思います。もともと、ホワイトデーは『マシュマロデー→ホワイトデー』に変更があった経緯があり、優しさ(チョコ)を包んでお返しするお礼であったのが由来です

しかし、この『お返し=嫌いだから返品したい』という風に間違って世の中に広まってしまったと考えるのが妥当ですね。つまり、マシュマロ=嫌いは、間違いであり、正しくは『優しさに対するお礼』の意味合いが強いです

バレンタインのグミの意味は『嫌い』←実は根拠なし

バレンタインのグミには嫌いと言う意味があるとされますが、特に明確な根拠がないというのが正解です

単純に、バレンタインにグミをもらったら「手抜き感」が強いから、こういった噂になったと推測されます

さて、ココまではバレンタインのお菓子類の意味を紹介しました。では、次はケーキや焼き菓子のバレンタインの意味です

バレンタインのケーキの意味一覧!ケーキに含まれる意味の早見表!

種類お菓子の意味プレゼント相手
マドレーヌ夫婦円満、長いお付き合い本命、夫婦
バームクーヘン末永いお付き合い本命、夫婦
パウンドケーキ対等・平等彼氏、夫婦
カップケーキ特別な人本命、親友
マフィン特別な人本命、親友
ガトーショコラ特に意味はない勘違いされない
ブラウニー特に意味はない勘違いされない
バレンタイン:ケーキと焼き菓子の意味一覧

バレンタインのケーキや焼き菓子の意味の一覧です。チョコレート単体に深い意味はありませんが、ケーキの発祥の由来や形、種類に意味が含まれています

マドレーヌの意味は『円満、親密な関係=本命or夫婦、親友もあり』の意味

マドレーヌの意味は『円満、親密な関係=本命or夫婦、親友もあり』:バレンタインのお菓子の意味一覧

マドレーヌとは『二枚貝』の形をしたフランス発祥の焼き菓子です。二枚貝は『貝殻が2つピッタリ合わさる』ということから『円満な関係』の意味が1つ目です。2つ目は貝にシマ模様がありますが、あのシマ模様は1年で1個増えるとされ、『長いお付き合い=親密で末永いお付き合い』を意味します

バームクーヘンは『末永いお付き合い』もしくは『バームクーヘン・エンド』の意味

バレンタインのバームクーヘン2つの意味があります。1点目にバームクーヘンとは、ドイツ語で『バーム=樹木』の意味があり、樹木、切株の年輪をモチーフとしたデザインをしており「末永いお付き合いを希望」という意味が込められています

バームクーヘンは『末永いお付き合い』:バレンタインのお菓子の意味一覧

2点目の意味は、この結婚式で『バームクーヘンを渡す風習』から、見方を変えるとちょっと悲しい結末に思えてしまう内容です

結婚式で仲の良い友人に仲人や司会を頼むのは、非常に親密な関係の人。もしちょっと人生が違ったら「付き合って結婚」という事もあったかもしれない。そう思えるような人に依頼しますよね

要するに『仲の良い異性の友人が結婚→バームクーヘンをもらって帰る』というエピソードから、『付き合ってもおかしくない関係なのに、結ばれない関係』として結末をむかえる事を『バームクーヘン・エンド』と言います

カップケーキ・マフィンの意味は『特別な人』=彼氏・カップル恋人以外に親しい友達も!

カップケーキ・マフィンの意味は『特別な人』:バレンタインのお菓子の意味一覧

カップケーキには特別な意味はないとされますが、マフィンをカップで作る事が多いですよね。マフィンには『特別な人』の意味があり、1つ1つ特別に作るから、このような意味があります

この作る工程から意味合い的に、カップケーキもマフィンも同じ仲間に入れてOKだと思います

ガトーショコラやブラウニーに深い意味はない!でも、プレゼントすると好評!

ガトーショコラやブラウニーの意味は『特になし』:バレンタインのお菓子の意味一覧

ガトーショコラとはフランス語で『チョコレートの焼き菓子』の意味であり、ブラウニーは『アメリカ発祥の茶色のケーキ』と、色とチョコレートを意味したケーキ類です

チョコレートそのものにバレンタインには特に意味はありませんので、この2つは『勘違いされる意味』はないけど、プレゼントすると男子から喜ばれるケーキ類です。ある意味、一番ベストなバレンタインのスイーツと言えますね

また、中には特別なチョコや変わったチョコレートには限定的に意味のあるモノあるのでよかったらそこも確認するといいかと思います

タイトルとURLをコピーしました