圧力鍋⇒身欠きにしんの昆布巻きレシピ!簡単・定番の作り方と正月のおせち料理!

スポンサーリンク
圧力鍋⇒身欠きにしんの昆布巻きレシピ!簡単・定番の作り方と正月のおせち料理! ご飯
スポンサーリンク

昆布巻きの中身に、ニシンを使ったおせち料理を作りたいけど。乾物の身欠きにしんの戻し方や時間がわからず、ニシンの入った昆布巻きが作れなく困っている方向けに、身欠きにしんの昆布巻きの順を追って戻し方から作り方を紹介します。

材料は昆布(日高昆布)=30g、身欠きにしん:4本がトロトロな昆布巻きにピッタリな分量です

柔らかくトロトロな昆布巻きが食べたいけど、圧力鍋で作るのが初めてだ!とわからず困っている方向けに、昆布巻きを圧力鍋で昆布巻きを作る時の水の量はどのくらい?加圧する時間は何分?など!圧力鍋の使い方と作り方を徹底解説します

スポンサーリンク

圧力鍋!身欠きにしんの昆布巻きの作り方!水の量や作りやすい分量を紹介!

昆布巻きに使う昆布の種類は早煮昆布が定番ですが、圧力鍋を使えば肉厚が日高昆布がトロトロになります

圧力鍋の昆布巻きに必要な水は昆布30gに600mlが分量です。昆布の戻し水を作る時に、だし汁として使います

身欠きにしんの昆布巻きの作り方は昆布、かんぴょうを水で戻す⇒戻し汁を使って鍋で下記のレシピ分量の★調味料と一緒に煮詰めて作る方法になります

材料分量
昆布
(日高昆布)
30g
乾燥かんぴょう15g
身欠きにしん4本

(塩もみ用)
少々
昆布水
(もどし汁)
600ml
★酒大さじ2
★砂糖大さじ2
★醤油大さじ2
★みりん大さじ2
昆布巻きの圧力鍋レシピと分量

※初めて作る方は『柔らかくなりやすい早煮昆布』で作るのが定番ですが、圧力鍋なら日高昆布も柔らかくなります

※かんぴょうは白色:漂白かんぴょうより、茶色の無漂白かんぴょうがおすすめです

上記が、身欠きにしんの昆布巻きのレシピ分量です。昆布巻きは『身欠きにしん:4本⇒太巻き!トロトロな昆布巻き6個分』が出来上がりの分量になります

たっぷりニシンが入った肉厚タイプは4本だと驚きのビックサイズです。4本の時は昆布は2枚でまきましょう

身欠きにしんの戻し方は?米のとぎ汁以外は?

身欠きにしんの昆布巻きの作り方は、まず最初に前日から身欠きにしんを戻すことから始めます。身欠きにしんは『米とぎ水:一晩つけた後』に『15分:煮る⇒皮以外の腹骨、鱗』をとってから昆布で巻きます

熱い番茶をかけて2~3分待つと、身欠きにしんの渋みがよく取れます

米のとぎ汁以外!身欠きにしんの戻し方の『米を直接使う』と『ぬか米の糖』
前日の夜翌日翌日
定番・王道の戻し方米とぎ汁につける
(一晩)
熱い番茶をかける15分煮る
米のとぎ汁以外【1】米:ひとにぎり分
水につける
(一晩)
熱い番茶をかける15分煮る
米のとぎ汁以外【2】米ぬかの糖
水につける
(一晩)
熱い番茶をかける15分煮る
身欠きにしんの戻し方

昆布巻きを作る前日に、ご飯を炊かなかった!うちは玄米しか食べないよ!無洗米だよ!と、米のとぎ汁以外で身欠きにしんを戻す方法は、一晩水につけておいて『米をひとにぎり分と身欠きにしん一緒に水につける』、もしくは、『米ぬかの糖(ぬか漬け用)』を使って戻します

身欠きにしんは魚脂が多く、米とぎ汁が臭みをとってくれます。

昆布とかんぴょうの水戻しと身欠きにしんの戻し方のコツを徹底解説!

昆布巻きの昆布は塩もみしたかんぴょうと昆布を水で戻し、調味料で煮る前に酒と戻し水だけよりも、酢を加えて水で戻すのが昆布を軟らかく煮る方法です

短時間で柔らかくなる昆布の種類は、日高昆布より早煮昆布(棹前昆布)が煮込んだ時に早く煮上がりますが、圧力鍋なら『日高昆布がトロトロの柔らかい昆布巻き』になります

材料分量
昆布
(日高昆布)
30g
乾燥かんぴょう15g

(もどし汁)
600ml

(塩もみ用)
少々
昆布とかんぴょうの水戻し

【かんぴょうの水戻し】

【1】かんぴょうを水でぬらす

【2】かんぴょうに『塩:少々』で軽く塩もみする

【3】かんぴょうを水洗いする

【昆布の水戻し】

【1】昆布の表面の汚れを布巾でふき取る

【2】かんぴょうと一緒に水戻しする

【3】水もどし時間:10分

昆布巻きの昆布と、かんぴょうの水戻しは上記の手順です。かんぴょうは水気をよく絞ると昆布を巻きやすくなります

昆布を軟らかく煮るために『戻し水』をのちほど使います。戻し水=昆布のだし汁は捨てずにとっておきましょう

身欠きにしんの昆布巻きの昆布の長さは何cmに切る?幅は?

食べやすい大きさになる昆布巻きの昆布の切り方は、長さ20cmが目安です。10cmの長さのレシピが多くありますが、中身の具が少しボリュームがあるとはみ出してしまうことがあります

材料切り方
昆布長さ:20cm
かんぴょう縦:3等分
(厚めに巻く場合)
身欠きにしんの昆布巻きの材料

昆布巻きの中身を厚めに巻くときは、巻きやすいように『かんぴょう:3等分に縦切り』しておくと良いです

昆布巻きは語呂合わせて『喜ぶ』、かんぴょうを巻く『結ぶ』という縁起物の意味があり、おせち料理は家族円満や長寿、健康祈願など!一品一品に願いが込められてます。

鮭は出世魚であり災厄を避け子孫が繁栄する。魚のニシンは卵の数がおおいことから子だくさん!子孫が繁栄するという意味があります

昆布巻きの中身:おすすめの魚や海鮮!野菜を紹介
中身の分量分量分量
中身いろいろ!
昆布巻き

1切れ
身欠きにしん
2本分
昆布巻きのアレンジ具材

昆布巻きの中身は身欠きにしんを4本の分量で作るのが作りやすく、味は最高です!

でも、中身をいろいろアレンジしてもいいよね!と思ったら『鮭:1切れ、身欠きにしん:2本』がおすすめのレシピです

単品!ニシン入りの昆布巻き以外に、いろいろ具が入っていて楽しいね!と思うようなお節料理をたまには作ってみましょう!

※昆布巻きの中身に鮭を入れる時は『×:塩シャケ、×:サーモン』です。生鮭の切り身を使いましょう

昆布巻きの昆布を切る向きと方向!昆布を巻く向きはどっち?

水で戻すと昆布は昆布から見て上に膨張、伸びる為、昆布は自分(人間)から見て横に並べて、まっすぐに縦に切って縦に巻くと食べた時に噛み切りやすいです

昆布を巻く向きは、昆布の長い方を横に並べて縦向きに巻くのが正解です

昆布を切る方向と巻く向きはどっち?昆布を切る長さと幅を解説

※昆布巻きの向きは自分から見て横長にならべて縦に切り、縦に巻きます

よくレシピ本の昆布巻きの作り方に、昆布を縦に切ると書かれていますが

昆布を縦にきるとは『昆布から見て縦?長い方?』や『自分から見て縦?短い幅の方?』と、昆布の縦と横がどっちのことを意味しているのか、わかりませんよね

昆布は海の中で縦長に育ちます。昆布にとっての縦とは上向きの事であり、昆布が伸びる、大きくなる繊維の方向は上向きです

水戻しすると昆布は長く上に膨張して伸びますので、昆布は横に長く並べて真っ直ぐの方向にきります。昆布巻きの昆布を巻く方向は繊維に平行になるように、切ってから縦に巻きます

簡単!圧力鍋の身欠きにしんの昆布巻きレシピ!作り方の手順を徹底解説!

圧力鍋レシピの昆布巻きは、かんぴょうと乾燥昆布と水で戻してから、身欠きにしんを昆布で巻いて圧力鍋で煮るという作り方になります

鍋やフライパンで昆布巻きを作ると『1時間30分ほど』の煮込み時間がかかりますが、圧力鍋を使うとほど半分以下の時間で完成し、短時間で昆布巻きができます

簡単に柔らかい昆布巻きになります

圧力鍋⇒身欠きにしんの昆布巻きレシピ!簡単・定番の作り方と正月のおせち料理!

【1】昆布、かんぴょうを水戻しをする

※身欠きにしんは前日の夜から一晩、米とぎ汁につけておき、15分煮た後⇒骨と鱗を取ります

熱い番茶をかけると、身欠きにしん独特の渋みがしっかりと抜けます!

【2】食材をレシピ通りの大きさに切る

昆布、かんぴょう、身欠きにしんは全項目を参考にしてください

戻した身欠きにしんは、昆布と同じ幅にカットすると上手に巻くことができます

【3】ニシンを昆布1枚で巻く

※昆布は昆布の繊維(縦線がある)の方向を横にして、ニシンを巻きます

※幅が太い昆布巻きがお好きな方は、昆布2枚で巻きましょう

【4】かんぴょうで3か所を結ぶ

※巻き時はギュっときつい感じで巻くと煮た時にほどけません

【5】フタをして加圧:高圧15分(低圧20分)

だし汁(昆布の戻し水:600ml)と、昆布巻きを圧力鍋に入れフタをします。追加で加える水は必要なく、昆布をつけただし汁(戻し水)のみです

高圧・低圧の切り替えタイプの加圧時間は高圧:15分、低圧20分です

切り替えなし圧力鍋は18~20分が昆布巻きの加圧時間の目安です。加圧後は自然に圧力が下がるのをまちましょう

【6】★の調味料を入れる

材料分量
★酒大さじ2
★砂糖大さじ2
★醤油大さじ2
★みりん大さじ2
昆布巻きの圧力鍋レシピと分量

【7】フタをして加圧:高圧5分(低圧10分)

★の調味料の投入後に、もう一度、圧をかけます

昆布巻きを圧力鍋に入れフタをします。高圧・低圧の切り替えタイプの加圧時間は高圧:5分、低圧10分です。切り替えなし圧力鍋は10分が昆布巻きの加圧時間の目安です。

【8】圧を自然放置して下がったら完成です

上記の【1】~【8】が、圧力鍋で作る身欠きにしんの昆布巻きの作り方と手順になります

鍋で身欠きにしん昆布巻きを作る時に比べ、半分の時間で柔らかく、トロトロな昆布巻きが完成します。早煮昆布より肉厚で煮込みに時間がかかってしまう日高昆布は圧力鍋を使うととろっとろです!

身欠きにしんの昆布巻きが余ったら?正月までの保存の仕方は?

身欠きにしんの昆布巻きを年末や大晦日に作ったら、タッパーで密封して冷蔵庫で保管をします。正月に昆布巻きが余ったら、中身ありが3日以内、昆布だけの昆布巻きが冷蔵3~5日が日持ちの目安です

昆布巻きの冷蔵庫保管の日持ち期間と保存の仕方(手作り昆布巻き)
昆布巻き日持ち目安保存方法
冷蔵保管
(中身:身欠きにしん)
3日以内煮汁ごと
タッパー保管
冷蔵保管
(昆布だけ)
3~5日以内煮汁ごと
タッパー保管
冷凍保存不向き不向き
昆布巻きの保存の仕方

身欠きにしんの昆布巻きの作り置きの注意点や保管方法、保存容器をもう少し、コチラで詳しく説明しますので、興味ある方は参考にしてくださいね。身欠きにしん以外の鮭やホタテが中身の昆布巻きの作り置きも紹介中です

手作り身欠きにしんの昆布巻きは、粗熱がさめてからタッパーに入れて冷蔵庫に保管します

昆布巻きは冷凍できる?と昆布巻きの冷凍保存の方法をお探しの方に、残念な情報になりますが、手作りの昆布巻き、市販のどちらも昆布巻きは冷凍保存が向いていない食べ物です

昆布は、冷凍すると繊維が破壊され水分となってドリップが発生します。昆布巻きの美味しさを損なうだけでなく、ちょっとぬるっとした感じがして食べるのが嫌になります

昆布巻きは10度以下で冷蔵庫に保管、作り置きの日持ち目安の5日以内に食べきりましょう

身欠きにしんの昆布巻き以外⇒電子レンジのお節料理や話題のレシピを紹介中!

正月のおせち料理メニュー!人気レシピから話題のお取り寄せ+由来・起源も徹底紹介

さて、今回は、トロトロな昆布巻き!圧力鍋で作る身欠きにしんの昆布巻きの作り方を紹介しました

昆布巻きの中身に巻く鰊が『身欠きにしん』だから作り方はわからず、困っている方に身欠きにしんの戻し方から説明しました

基本は前日から『米のとぎ汁につける⇒15分煮て骨と鱗を取るのが基本の下ごしらえ』です

骨を取ってから熱い番茶をかけると渋味が抜けますので、とっても美味しい身欠きにしんの昆布巻きができます

その他、昆布巻き以外に子供に人気のおせち料理を作りたい!

正月だから簡単に電子レンジですぐできるおせちメニューはないの?とお手軽なレシピをお探しの方向けに、プロの味から短時間のスピードおせち迄を上記でたっぷり紹介中です。

タイトルとURLをコピーしました