【永谷園】はまぐりのお吸い物の超簡単レシピ!はま吸い⇒松茸の味お吸いものが正解!

スポンサーリンク
【永谷園】はまぐりのお吸い物の超簡単レシピ!はま吸い⇒松茸の味お吸いものが正解! ご飯
スポンサーリンク

永谷園のはま吸いの味に満足しているけど、本物のハマグリを具材にお吸い物を簡単に作りたい。はま吸いに、蛤を具材にしたらダブルハマグリになってしまうから、どうしようかとお悩みの方向けに、インスタントのお吸い物で簡単!はまぐりのお吸い物の作り方を紹介します。

砂抜きしたハマグリを茹で、松茸の味お吸いものに入れるだけで簡単、そして、旨いはまぐりのお吸い物を作ることができます!

スポンサーリンク

【永谷園】はまぐりのお吸い物の簡単レシピ!アレンジの作り方を紹介!

はまぐりのお吸い物を超簡単に作るレシピの1つが、永谷園の『松茸の味お吸いもの』を使った作り方になります

永谷園のシリーズに、そのまま、はまぐりのお吸い物ができる『はま吸い』があります。

はま吸いは、ほたてエキス、あさりエキス、はまぐりエキスがしっかり入っていますが、ひな祭りやお祝いの日に、本物のハマグリを入れるよ!という方は、永谷園の『松茸の味お吸いもの』を使うのが正解だと編集部は判断しました

【永谷園】はまぐりのお吸い物の超簡単レシピ!はま吸い⇒松茸の味お吸いものが正解!
材料1人分2人分3人分
はまぐり2個4個6個
★松茸の味お吸いもの1袋2袋3袋
☆水200cc400cc600cc
【永谷園】はまぐりのお吸い物(松茸の味お吸いものの潮汁)

家族分に作りやすいように、2人分、3人分のレシピを下記に早見表にしました。はまぐりの数は、1人分は小粒なら3個ですが、普通の大きさなら2個がお吸い物に適量になります

砂抜き後のハマグリをお使いの方は【1】の工程を省いて作ることができます

はまぐりの砂抜きと塩抜き方法:塩の量はどのくらい?塩は水に対して3%が適量の分量

【1】はまぐり:砂出しをする

はまぐりの砂抜き:水1000mlに塩を『大さじ2』を入れ一晩おくと砂抜きができます。はまぐりの砂抜きは水の量に対して、塩は3%になります。

ハマグリの量が少ない時は、200ccの水に塩6g、500ccなら塩は大さじ1の15gが適量になります。ハマグリの砂抜きの時間は5時間以上が目安です

※砂抜き後のハマグリをお使いの方は【1】の工程を省いて作ることができます

【2】はまぐり:水で洗う

はまぐりは、殻をこすり合わせるように洗います

【3】鍋:☆の水とハマグリを中火にかける

【4】鍋:沸騰後に強火にする

【5】ハマグリの口が開いたら灰汁を取る

【6】火を止める

【7】★松茸の味お吸いものをかき混ぜる

【永谷園】はまぐりのお吸い物の簡単レシピ!松茸の味お吸いものアレンジvsはま吸いの作り方を紹介!

上記の【1】から【8】が、永谷園の松茸の味お吸いものを使った!はまぐりのお吸い物の作り方になります

レシピのポイントは、ハマグリを最初に水と、★松茸の味お吸いものを一緒に茹でない事です。ハマグリは茹でると灰汁が発生する為、調味料は『ハマグリの口が開いてから、アクを取った後』に入れましょう

※真空パックのハマグリも同様の作り方と手順になります

はまぐりのお吸い物が余ったら?日持ちは?食中毒防止に必ず冷蔵・冷凍保存!

はまぐりのお吸い物が余ったら、どのくらい日持ちするのか。常温では他の汁物と比較して長くもちません。作りすぎた時は、冷蔵庫に保管をして2日以内の消費期限、冷凍保存が2週間の賞味期限になります

保存方法賞味期限備考
常温保管当日中再加熱:必要
冷蔵庫保管2日以内鍋で再加熱:必要
NG:電子レンジの温め直し
冷凍保存2週間冷凍用密封袋
※貝殻を取って保存※
はまぐりのお吸い物の保存の仕方

はまぐりのお吸い物は、二枚貝を使っています。一般的な食中毒の原因になる菌は75度以上の温度で1分以上の加熱で死滅します

しかし、アサリ、シジミ、ハマグリといった二枚貝はノロウイルスの食中毒が、多いです。ノロウイルスは冷凍で死なず、対処するには『貝の中心部を85℃~90℃で90秒以上の加熱』が推奨されています

結論を言うと、電子レンジの加熱は不向きであり、余ったハマグリのお吸い物を次の日に食べる時は、必ず、鍋で火を通して再加熱をしましょう

さて、今回は、永谷園のお吸い物の素を使った!はまぐりのお吸い物の超簡単なアレンジレシピを紹介しました

【永谷園】はまぐりのお吸い物の超簡単レシピ!はま吸い⇒松茸の味お吸いものが正解!

永谷園のお吸い物シリーズに、蛤エキス入りの『はま吸い』があり、はまぐりのお吸い物として美味しくいただけます。しかし、はまぐりのお吸い物はお祝いの日やひな祭り、おもてなしの日に本物のハマグリを具材にしたいですよね

市販のお吸い物の素を使うなら、永谷園の松茸の味!お吸い物の素と、蛤を使ってお吸い物を作るのが超簡単、そして、安定した旨さの味になります

タイトルとURLをコピーしました