簡単ポテトサラダ⇒電子レンジの時短レシピ!ポテサラは何分?⇒3分が目安

スポンサーリンク
<簡単>ポテトサラダ⇒電子レンジの時短レシピ!ポテサラは何分?⇒3分が目安 ご飯
スポンサーリンク

夕飯にすぐ食べられる!時短のポテトサラダの作り方です

電子レンジでジャガイモをレンチン⇒スピーディーにポテサラを作るレシピ付きで、簡単にできる方法を教えちゃいます!

スポンサーリンク

ポテサラは電子レンジで何分?じゃがいもはレンジで何分?

皮をむき、切った後のジャガイモなら、600Wのレンジで3分。500Wなら4分がポテトサラダを作るときの目安の時間です。ジャガイモは、皮をむき、芽を取り除く、その後。半分に切って5mmほどにカットします

じゃがいも以外に人参をポテトサラダに具材に使う時は『人参⇒電子レンジ:600W⇒2分』が目安です

ジャガイモは電子レンジで何分が目安?カット後⇒3分が目安

※皮付きのジャガイモは、4~5分がレンジの時間目安。時短で作る場合は、皮なしの方が早くできます

野菜を電子レンジで加熱する道具:耐熱ボウル+ふんわりラップ

【1】じゃがいも⇒電子レンジで3分

ジャガイモをレンジで加熱する時は、カット済みを耐熱ボウルへ。ふんわりラップをかけて3分レンチン。この時間で、じゃがいもの加熱は完了です

【1-2】じゃがいもの潰し方:マッシャーを使う

レンジで加熱したジャガイモを簡単に潰す時、マッシャーを使うと便利。この方法が一番、お手軽で失敗のないやりかたです。まだ、あたたかいうちに潰す⇒味付けにマヨネーズ、塩を混ぜるので、ホクホクの時に潰してしまいます

電子レンジで簡単⇒マッシュポテトの潰し方:マッシャーが便利アイテム

木べら、綿棒を使うのもありですが、ジャガイモの表面を滑らかに。きめ細かく潰せるマッシャーが便利です

【その1ー3】じゃがいもの潰し方:フォークを使う

マッシャーが家にない方は、フォークを使うのが定番です。特に、冷凍用など。ジャガイモは形が残ると冷凍が不向き。しっかり潰す必要がありです!

じゃがいもを簡単に潰す方法:調理具はフォークで代用ができる

フォークでジャガイモを潰す時は、マッシャーより力がいること。不安定な場所でやると「ガクッ」っとなる⇒ジャガイモが飛んでしまうことあるので、力加減に注意してくださいね。

ゆっくりギューっと押す感じで上手に潰せます

【2~4】ポテトサラダの簡単レシピ⇒レンジで加熱!

ジャガイモをレンジで加熱⇒潰すまで出来たら、次は味付けです。レシピはこちら。定番・基本の味⇒マヨネーズとコンソメを使ったポテトサラダの人気レシピです。

マヨネーズの量が多く感じるかと思いますが、このレシピはお弁当用に活用が可。マヨネーズでジャガイモをしっかりコーディングで、日持ちしやすい作り方です

材料分量その他
じゃがいも2個200g
ハム2枚
きゅうり1/4本
★マヨネーズ大さじ5
★コンソメ
(顆粒タイプ)
小さじ1
☆黒コショウひとつまみ粗びき可
☆塩ひとつまみ
作りやすい分量

【2】きゅうり⇒薄切り、ハムを短冊切りに

【3】★をなじませる

【4】☆塩・黒コショウを加える

この【1】~【4】のステップで、レンジで加熱したジャガイモからポテトサラダができます

他の野菜を使う時は『人参:1/4本』と「玉ねぎ:1/4個」が適量です

冷凍用は人参は避け、玉ねぎは「加熱:有」なら冷凍しても美味しく食べられます

保存方法⇒ポテサラは冷蔵・冷凍できる?解凍方法は?

ポテトサラダの常温・冷蔵庫・冷凍保存の日持ち期間+保存方法⇒賞味期限・消費期限

じゃがいもは、直射日光があたる場所で保管すると発芽して芽が出てくる野菜、冷凍すると解凍後にジャガイモの塊がジャリっとする。こんな特徴がありますよね

レンジで加熱して作ったポテサラは、冷蔵・冷凍保存のどちらも可。冷蔵は2~3日、冷凍保存は2~4週間が日持ちの目安です

ポテサラは冷凍後⇒解凍方法は電子レンジが良い理由があるなど!失敗しないポテサラ弁当のテクニックをもう少しコチラで紹介^^

ジャガイモは傷みやすい野菜ですので、手作りや作り置きの賞味期限・消費期限が心配に。しっかりとした保存方法を知りたい方は、こちら。ポテトサラダの保存法を専用で!詳しく⇒徹底解説しています

ポテサラ以外!じゃがいもを使ったおかずは?

じゃがいもの定番・人気・簡単レシピ+知りたいジャガイモの栄養素や豆知識が満載!

じゃがいもは、ナス科ナス属のイモ類の野菜!ビタミンC、マグネシウムが豊富⇒食べ応え十分で夕飯のボリュームアップ、がっつり食べる男子が好きなメニューが多いです

じゃがいもを使ったレシピ、作り置き。アレンジに興味ありましたら、こちらも。ジャガイモ情報が満載⇒生活の中で何かに役立つアイデアがいっぱいです

タイトルとURLをコピーしました