さつまいものつるの下処理・アク抜きの方法!食べる方法は金平が正解!保存方法コレ!

スポンサーリンク
さつまいものつるの下処理・アク抜きの方法!食べる方法は金平が正解!保存方法コレ! ご飯
スポンサーリンク

サツマイモの収穫時期の1週間前、この時期は芋ヅルが大量にあり処分に困った!多くの家庭菜園好きが捨ててしまう部分ですよね

しかし、さつまいものつるは「鉄分やカルシウム、ビタミンCやE、カロテに食物繊維が豊富」であり、実はサツマイモ本体より栄養価が良い部分、しかも、アク抜きすると、さつまいものつるは食べられます

スポンサーリンク

農家直伝!さつまいものつるのアク抜き方法!食べる方法はコレ!

さつまいものツルは、そのままでは食べれませんが、アク抜き・下処理すると食べられるようになります。芋つるの味は「特に、苦みや青臭さはなし」、むしろ、少し甘みがある味をしています。食感はシャキシャキとして、面白旨い!そんな味をしているのが「さつまいものつる」です

食べる為の「さつまいものつるのアク抜き方法」と下処理のやり方:塩と一緒に茹でる

【1】ツルの泥を落とす

【2】つるの皮を剥ぐ

【3】根本以外を4~5cmにカットする

【4】水1リットル+塩:小さじ1を沸騰させる

【5】2分、さつまいものつるを茹でる

【6】冷水に浸す

この6つの手順で下処理、さつまいものつるのアク抜きは完成。塩を入れて茹でる→冷水に浸すと簡単です。これで調理できる状態になります

さつまいものつるは、収穫1週間前ぐらいにカットすると「サツマイモ自体が甘くなる」ので、先に切って、ツルだけ先に頂く!というのが、全部、美味しく食べられる方法です^^

さつまいものつるの食べ方は?炒め物系→きんぴらが正解!

さつまいものつるの食べ方:おすすめは「きんぴら炒め」がベスト!

下処理・アク抜き後のさつまいものつるを「かき揚げの具材→天ぷら」にする方もいますが、ツルをメインにした料理がベスト。炒め物にすると相性抜群ですので、きんぴらが正解です!

さつまいものつるは「甘み+シャキっとした食感」があり、他の青菜とは違った味。醤油・みりん・砂糖を使った甘めな定番のきんぴらの味付けが、とにかく旨いです

さつまいものつるは保存・保管できる?アク抜き後→冷凍1か月が推奨!

サツマイモのツルは、捨てる・処分する方は1か月→乾燥させる→捨てるっとこの方法をよくしますよね。食べる場合は、そのまま放置すると乾燥して食べられなくなってしまいます

さつまいものつるの冷蔵保管・冷凍保存の方法:冷凍1か月の日持ち

サツマイモのツルを保管したい時は『下処理・アク抜き後→水をきってジップロック保管』、この方法で冷凍1か月が日持ちの目安です

冷蔵庫の保管がダメではありませんが、冷蔵は3~4日が目安です。この保管期間なら、むしろ、冷蔵保管なら「作り置きの金平」を保管した方が、良いかもしれませんね

タイトルとURLをコピーしました