手作り人参ドレッシングの人気レシピ!簡単+にんにく風味の作り方+調味料の黄金比!

スポンサーリンク
手作り人参ドレッシングの人気レシピ!簡単+にんにく風味の作り方+調味料の黄金比! ご飯
スポンサーリンク

にんにくの香り+酸味があって食べやすい人参ドレッシングの作り方です。料理で余った人参が半分あったら、調味料とあわせるだけの簡単なレシピです。洋食のムニエルやホイル焼きなど、お魚がメインの夕飯+サラダの時に使える味ですので、是非、作ってくださいね

スポンサーリンク

人参ドレッシングの作り方+簡単・基本の黄金比の割合とは?

調味料分量
大さじ6
オリーブオイル大さじ3
ニンニクチューブ1cm
ひとつまみ
コショウひとつまみ
おろしニンニク1欠
人参ドレッシングの黄金比レシピ

人参ドレッシングの作り方は、人参半分に対して、レシピの分量の「酢:オリーブ油=2:1」の割合が黄金比率。よくかき混ぜて作るだけと作り方は簡単、分量はボウル1皿分、約2~3人分の分量です

簡単!人参ドレッシングはすりおろした人参+酢:オリーブ油=2:1

【1】人参とニンニクを、すりおろす

【2】ボウルに★を入れ、よくかき混ぜる

人参ドレッシングの作り方は、まず、材料の人参(1/2個)、にんにく1欠を、すりおろしします。その後、★を分量通りに混ぜたら完成です。このレシピの人参ドレッシングを美味しく作るコツは「★の調味料をよくかき混ぜる」のがポイント、スプーンや箸を使うよりも、マドラーを使った方が◎です

人参ドレッシングの常温・冷蔵保管と冷凍保存は?

人参ドレッシングのレシピは「オリーブ油」とすりおろした人参を混ぜて作るレシピです。オリーブオイルは冷凍すると、油分が解凍後に分離する為、冷凍保存は不向き。冷蔵庫で保管するのが正しいです。また、混ぜる、調味料を合える作り方の為、加熱していない人参ドレッシングの常温保管は適していません。もしも、常温放置してしまった時は『容器のフタ:有、3時間以内』なら冷蔵庫に戻して保管がギリギリ可の時間です

手作りドレッシングの保存方法:専用ボトル、瓶が日持ちしやすい
  • 人参ドレッシングの冷蔵:4日以内
  • 保存温度:10度以下が推奨
  • 保存容器:清潔な容器、密封可の瓶

人参ドレッシングは冷蔵庫保管で4日以内が日持ちする目安、冷蔵保管が一番あっています。人参ドレッシングは冷蔵庫に保管する容器は「清潔な容器、もしくは、フタのしっかりした瓶」を使い、「10度以下」が適した保存温度です

清潔な容器は洗って乾かした後、キチン用アルコール除菌をするのが◎。瓶詰で人参ドレッシングも同様ですが、煮沸消毒後の瓶での保管もできます

市販の人参ドレッシングの消費期限・賞味期限切れは?

スーパーやコンビニ、お店で購入した人参ドレッシングは、消費期限ではなく賞味期限の記載の商品が多く、1ヵ月~3ヵ月以内と商品ごとに幅があります。手作り自家製の人参ドレッシングと違い『加熱処理』がされている場合は賞味期限が長く、市販の商品でも未加熱、混ぜて作るレシピのタイプは5日内に傷む可能性があり、比較的短い消費期限の記載です

  • 市販の人参ドレッシングの日持ち目安は?
  • 未開封:1ヵ月から3ヵ月
  • 開封済:1か月以内

市販の人参ドレッシングの賞味期限は「未開封:1ヵ月~3ヵ月以内」が大半ですが、フタを開け開封した人参ドレッシングは「1ヵ月以内」に使い切るのが、基本的なルールです

  • ノンオイルタイプ:冷凍可
  • 冷凍目安:2週間~1ヵ月

賞味期限が近く冷凍できないの?と、人参ドレッシングの冷凍保存をお考えの方は、パッケージ記載の「成分表」に「オイル・油が使われていたら、冷凍不向き」であり、解凍後の油分が分離し味が変わってしまいます。パッケージにノンオイルと記載がある人参ドレッシングなら、冷凍は基本的に可、目安は1か月程度と認識で問題ないです

ただし、製造メーカーによっては、そもそも冷凍を非推奨している事もあり、お使いの人参ドレッシングを念のため、確認してくださいね

  • 消費期限切れは1日でもNG
  • 賞味期限切れは食べれる可能性がある

人参ドレッシングの賞味期限切れは「風味、見た目、味の変化がない」のであれば、まだ、使える事がありますが、消費期限切れは3日と言わず、1日でも日切れしてしまったら、使用するのはNGです

消費期限切れの人参ドレッシングの目安は、たとえばコレが目安の1つです。通常、市販のメーカー品(ご当時の手作りドレッシングでない、工場生産タイプ)は、スーパー・小売り店舗へのっ出荷目途1ヵ月+販売を3ヵ月以内で設定することが多く、「未開封:3ヵ月以内の賞味期限」の商品が多いです

大手のメーカーは、商品の検査(微生物の繁殖状態を検査、理化学検査、官能検査)にて、いつまでであれば、微生物の増加がなかったのか。ココを主に検査し、食べられる期限(ココでは体に影響がない、食べても微生物が繁殖していない状態)を決定します

おおよその目安ですが、食べられる期限を「製造から食べられる期限×0.8、もしくは、0.7した日数」を「賞味期限」とすることが多いです。その為、ざっくりした計算になりますが「製造日からの賞味期限の期間×0.2倍した日数」であれば、味、風味、見た目に大きな変化がなく、食べられる可能性があります

製造から3ヵ月の人参ドレッシングが「未開封+適切な保管環境(たとえば、開封済みや常温放置はダメ)」なら、約18日、賞味期限が過ぎていても食べられる可能性があるという目論見になります。ココは、ご自身のご判断になりますが、1つの目安として覚えておくと、何かに役に立つ知識かと思います

タイトルとURLをコピーしました