手羽中の照り焼き!骨付きチキンの人気レシピ!フライパン+オーブン焼きの作り方

スポンサーリンク
手羽中の照り焼き!骨付きチキンの人気レシピ!フライパン+オーブン焼きの作り方 ご飯
スポンサーリンク

夕飯にちょっとリッチなおかずになる!骨付きチキンは照り焼き味が最高に美味しいですよね

手羽中の照り焼きはフライパンで作るのが定番ですが、オーブンで焼いても実は簡単。この2つの作り方を初心者にもわかりやすく、細かくテクニックを教えちゃいます

骨付きの鶏肉は手羽先や手羽元もあります。今回は手羽中を使った照り焼き味ですが、同様の分量でできるように作る本数の目安表もおつけします!部位を変えて作ってみてくださいね

スポンサーリンク

照り焼きチキンの人気1位レシピ⇒簡単⇒黄金比率の定番な味は?

人気レシピの照り焼きチキンの作り方は、鶏肉(8~10枚:手羽中)を、合わせ調味料の分量通りと一緒に作ります。やり方と手順は簡単です!

照り焼きチキンの人気1位レシピ⇒簡単⇒黄金比率の定番な味
材料分量その他
骨付きチキン
(手羽中)
8~10本200~250g
(1本25g)
薄力粉
(まぶす用)
大さじ2片栗粉:大さじ2
(代用可)
塩・コショウ
(下ごしらえ用)
少々
★醤油大さじ2
★酒小さじ2
★みりん大さじ2
★砂糖大さじ1
★ニンニク小さじ1すりおろし
(チューブ:2cm)
★生姜小さじ1すりおろし
(チューブ:2cm)
骨付きチキンの黄金比率レシピ⇒テリヤキ味

骨付きチキンを味付けする黄金比は『手羽中:8~10枚』に対し『醤油:酒:みりん:大さじ2、大さじ1の砂糖』とニンニク、ショウガは「小さじ1」の割合です。

小麦粉、まぶす時用の薄力粉は、片栗粉で代用できるレシピにしています。薄力粉が定番で、カリカリ風に。片栗粉を使うと「とろみがあるタレ」になります

【1】鶏肉の余分な脂をふきとる

【2】塩コショウ⇒薄力粉をまぶす

【3】サラダ油:大さじ1

【4】両面焼き色がつくまで

【4】裏返す⇒中火5分

【5】★のタレ⇒蓋をして3分

【6】汁気がなくなったら出来上がり

骨付きチキンの作り方は、手羽中についた余分な脂を、キッチンペーパーでふきとる⇒フライパンで焼き色がつく程度にし、揚げ焼きにします。

フライパンで作るときは煮詰めるのではなく、油で揚げ焼きにするイメージです。お好みで最後に「白ごま」をふると完成です

骨付きチキンのオーブン焼きのレシピは?

【1】手羽中を★と一緒にジップロック(袋)

【2】10分以上、1晩漬けもOK

【3】天板にクッキングシートを敷く

【4】オーブンの温度:200度

【5】18~20分:オーブン焼きにする

骨付きチキンをオーブンで作る時です。レシピは、『手羽中:8~10枚』に対し『醤油:酒:みりん:大さじ2、大さじ1の砂糖』とニンニク、ショウガは「小さじ1」の割合。ポリ袋に入れて漬け込み⇒オーブンで焼くという手順です

オーブンの温度は200度で18~20分が目安の時間です

骨付きチキンの鶏肉はどの部位がいいの?

鶏肉(単体)手羽中手羽先手羽元
本数8~10本
(1本:25g)
6~7本
(1本:35g)
8~10本
(1本:25g)
肉質旨味が多いコラーゲン多い柔らかい
肉の量
骨付き鶏肉の違い

手羽中とは、手羽先の先を取り除いた部位で鶏がよく運動する時に使う場所。引き締まっている割に、脂の旨味があるのが特徴です!

手羽先はコラーゲンが豊富。お肉の部分は少なめですが、食べるときに「パキっと折って⇒口からひっぱって食べる」ときれいに全部、いただけます^^

手羽元は、手羽先よりお肉が多め。手羽元より『柔らかい』のが食べた時の違いですね。今回のレシピは上記の目安の分量で作ることができます。味や食感に合わせて部位をアレンジしてくださいね

骨付きチキンの時短メニュー⇒下味冷凍の方法とは?

【1】鶏肉⇒骨付きを用意する

【2】分量の調味料を加え、ジップロックする

【3】空気をよく抜く⇒お肉を揉む

【4】冷蔵庫に一旦入れ、10分以上、漬け込む

【5】平たくして、冷凍保存する

骨付きチキンは、ジップ付きの保存袋⇒合わせ調味料を分量と一緒に入れて、漬け込みをして味付けします。下味冷凍の時は、小麦粉(薄力粉)や片栗粉は入れません

目安としては10分以上、1晩漬け込み(冷蔵庫内で漬け込み)でより味がしっかりします。お肉に早く味が付くように、フォークで穴をあけておきましょう

食べるときは「解凍⇒皮目から焼く⇒中火5分⇒蓋をして3分煮詰める」のが目安です

ココまでに、骨付きチキンをフライパンとオーブン焼きにする方法とレシピを説明しました。『次のページ』は作り置きと下味冷凍の時の保存法⇒解凍方法、気をつける事のお話です

タイトルとURLをコピーしました