柔らか唐揚げのレシピ!定番・人気の味付け+お弁当に使える!ジューシーな黄金比!

スポンサーリンク
柔らか唐揚げのレシピ!定番・人気の味付け+お弁当に使える!ジューシーな黄金比! ご飯
スポンサーリンク

唐揚げのお肉を柔らかくする方法と、衣をカリカリにする揚げ方をお探しの方に朗報です!コレで安心、超簡単にデキる唐揚げの作り方です

初心者でもおいしくデキる唐揚げの作り方、定番!王道レシピの分量を黄金比率=失敗ない人気の味付けで!漬け込時間の目安までばっちり紹介します

スポンサーリンク

柔らか唐揚げの作り方+人気1位レシピ!漬け込み時間15分からOK!

柔らか唐揚げの作り方は、鶏もも肉・むね肉(1枚:約250g)を、合わせ調味料の分量通りに一緒にジップロック・保存袋に入れ15分の漬け込み時間から、食べる事は可です

お忙しい日は15分。唐揚げ好きなら、前日から漬け込みがベストな味付けです

レシピ分量備考
鶏もも肉250g1枚
★醤油大さじ1
★料理酒大さじ1
★塩・コショウ少々ひとつまみ
★ニンニク大さじ2すりおろし
★生姜大さじ2すりおろし
定番+基本の唐揚げのレシピ

定番+基本!王道の外れなしの「柔らかい定番の唐揚げ」の作り方です

レシピの分量・材料は『鶏もも肉・むね肉:1枚(250g)』に対し『醤油:酒=1:1』が調味料の黄金比の割合です。酒は料理酒を使うのが正解です

唐揚げの味付けのやり方:漬け込み時間は15分~一晩が理想的な味

【1】鶏肉を食べやすい大きさにカット

【2】ジップロックに入れ、揉む

【3】冷蔵庫:漬け込み時間15分~OK

鶏肉は「ムネ肉=ひきしまった感じ」、「もも肉:ジューシー」と揚げたときに違いがでますので、ジューシーにする方法をお探しの方は「鶏肉の部位=もも肉」がおすすめです

唐揚げを柔らかくする方法:下味にマヨネーズ:大さじ2
レシピ分量備考
マヨネーズ大さじ2
お肉を柔らかくするマヨネーズの量

作り方は簡単でレシピの分量→ジップロックに入れ漬け込むとこの方法で味付け完了です

鶏肉を柔らかくする方法としてハチミツもあり!ですが、おすすめは「マヨネーズ:大さじ2」の分量です

漬け込み時間冷蔵庫:漬け込みの味
15分~OK:すぐ食べられる
20分〇:ココから旨い!
30分
3時間〇:安定の味
1晩漬け込み◎:理想はココ
定番→唐揚げの漬け込み時間(冷蔵庫)

唐揚げは、15分~20分ぐらいの漬け込み時間からが美味しいです。

冷蔵庫で1晩寝かすと『肉の食感=柔らかくなる』と2つのメリットがあり、ワンランク上のから揚げを作る事ができます。

油の温度と揚げ時間の目安+衣をカラッと揚げる=カリカリ唐揚げ

絶対カリカリになる唐揚げの揚げ方:衣をカラッと揚げる温度180度+二度揚げ時間40秒

ココまでが基本と応用の「柔らか!衣がカリカリ!から揚げの作り方」です。レシピの分量と手順、漬け込み時間はコレでOKです。

次のは、実際、唐揚げを作るときに何個、揚げたらいいの?と食べる分量や作り置きしたいときの冷凍保存の方法です

唐揚げの1人前の量はどのくらい?男子は何個食べるの?

鶏肉1枚=250g1人分個数
1人分90~120g3~4個
ガッツリ男子150~180g5~6個
子供(小学生)90g3個
唐揚げを作る目安

唐揚げの分量は1人前どのくらい?と、1人暮らしの男子用に作り置きを考えてる方は、この分量を参考に。鶏もも・むね肉は1枚で約250g、唐揚げは1個30gの大きさで8個できます

お弁当屋さんの唐揚げ弁当は、3~4個の数は一般的、1人分の量は3~4個で考ええるのがベストです。男子の場合は「3個:少し足りない」と思う人が多く、4個あれば十分!唐揚げが大好きな人は「5個:満足する唐揚げの数」と思ってOKです

揚げる前の唐揚げを作り置きする方法は「下味冷凍」が定番!

唐揚げをは1週間の作り置きおかずとして冷凍保存が出来ます。食べる前日に「冷蔵庫→自然解凍」、夕飯の時に「片栗粉+小麦粉」で衣を作って揚げるというやり方になります

下味冷凍は、調味料と一緒に入れて、冷蔵庫で漬け込む→その後、冷凍する=味付けを完了させてから保存ができます。食べる時は、解凍→加熱をいう感じで簡単+時短ですね

揚げる前の唐揚げを作り置きする方法:下味冷凍→冷凍保存2~1カ月の期間

【1】冷凍方法:ジップロックがおすすめ!

【2】よく袋内の空気を抜く=長期保管を実現

唐揚げを作り置きするなら「揚げる前!衣は付けずに→レシピの調味料」と一緒に、ジップロックにいれて冷凍します

下味をつけた唐揚げの冷凍保存は「2週間から1カ月」が目安。空気をしっかり抜いたら1カ月は大丈夫、空気を密封していなかったら2週間程度が限度です

急速冷凍する調理道具:アルミ、ステンレスなどの金属バット・トレイ

【3】急速冷凍=肉が柔らかくなる

柔らか唐揚げの作り置きは急速冷凍がおすすめな方法です

鶏肉は、中身まで早く冷やすと『解凍後、肉が柔らかくなる=美味しいお肉』+『うま味を短時間で凝縮デキる為、味崩れが起きにくい』というメリットがあります。

急速冷凍は『下味をつけた鶏肉を保存袋に入れる』+『金属製、アルミ製などのバット』の上で一度、冷凍する。この方法で急速冷凍ができます

唐揚げのレシピと作り方⇒人気から定番!変わり種の唐揚げとは?

唐揚げは定番のレシピが子供が喜ぶ味ですが、男子は「ジューシー唐揚げ:鶏もも肉」と「ひきしまった唐揚げ:鶏むね肉」に好みがあります

唐揚げの人気レシピ+定番の献立!簡単な作り方→味付けの種類が豊富

人気の味付けや下味冷凍の塩麹や明太子、変わり種を使ったアレンジした作り方が豊富です

唐揚げのバリエーションを増やしたい時⇒日本全国のご当時唐揚げ⇒山賊焼きやB級グルメのレシピ、変わり種の定番のヤンニョムチキン、タッカンジョンなど!珍しいいろんな唐揚げをたっぷり紹介中です

タイトルとURLをコピーしました