【2024年】羽田盃の日程!出走条件や優先出走権は?中央馬と地方馬の予想!

スポンサーリンク
【2024年】羽田盃の日程!出走条件や優先出走権は?中央馬と地方馬の予想! トレンド
スポンサーリンク

羽田盃とは、3歳ダート三冠競争の初戦になります。半世紀以上の長い歴史がありますが、中央馬が出走できるようになったのは、つい最近のことになります。

羽田盃を観戦したいけど!今年、2024年の羽田盃はいつ、どこの競馬場で行われるのか。チケットや入場券、抽選はいつから、どこで販売開始されるの?地方競馬のjpn1だからわからない事が多くて予想に困った方向けに、羽田盃に出走する中央馬、地方所属の夕食馬を詳しく説明します

馬券や特定の有力馬を推奨する内容ではない点、ご了承くださいませ

今年の羽田盃を楽しむ為の情報と日程、出馬予定など!気になる情報を満載でお届けします

スポンサーリンク

【2024年】羽田盃の日程!発走時間は何時から?競馬場の場所とコースは?

今年開催予定の第69回の羽田盃は2024年4月24日、平日の水曜日に行われます。今年の羽田盃はナイターの日が開催予定になります

【2024年】羽田盃の日程!出走条件や優先出走権は?中央馬と地方馬の予想!
地方jpn1競争詳細
レース名羽田盃
コース距離ダート・1800m
出走条件3歳牡馬・牝馬
開催場所大井競馬場
通称:TCK(詳細)
住所〒140-0012
東京都品川区勝島2-1-1
開催日(日程)2024年4月24日
水曜日
発走時間(時刻)ナイター予定
第69回の羽田盃の詳細(日程・日時、発走時間)

2024年の羽田盃は、開催場所は大井競馬場、外回り・距離1800mのダートで行われる予定になります。羽田盃は3歳限定、牡馬、牝馬のレースになり、中央馬と地方馬の両方に出走資格があります

羽田盃の詳細を上記に早見表にしました。場所はどこでやるのか、距離は何メートルなのかなど!いつから走るのかを知りたい方はご参考にしてくださいね

羽田盃の賞金はいくら?1着から5着の掲示板内の馬の賞金額は?

2024年の羽田盃の賞金は、1着:5000万円、2着:1750万円、3着:1000万円、4着:500万円、5着:250万円になります

着順賞金
1着5000万円
2着1750万円
3着1000万円
4着500万円
5着250万円
着外手当25万
2024年:羽田盃の賞金総額と賞金表

今年開催の羽田盃の賞金総額と着順別の賞金をまとめた表が、上記になります

所属地方馬中央馬(JRA)
羽田盃の着順上位3頭5着内の上位3頭
東京ダービー優先出走権:付与優先出走権:付与
羽田盃の着順と東京ダービーの優先出走権

また、羽田盃の上位の馬は、中央所属の馬は5着内の上位3頭、地方所属馬は上位3頭に、3歳ダート三冠競争の第二弾、東京ダービーへの優先出走権が与えられます

【2024年】羽田盃の出走予定馬!地方とJRAからの出馬予定候補と登録馬の馬は?

2024年4月24日が開催日程の羽田盃に出走する予定馬、中央馬と地方馬の登録馬は、どうなっているのか。羽田盃への出走条件は、主に3つのレースの上位馬に優先出走権が与えられます

フルゲートは16頭、JRAから最大4頭、地方所属が12頭出走が可能であり、地方交流戦になっています

では、羽田盃に優先出走権のあるレースをそれぞれ解説します。

馬名出走可否所属ブルーバードC備考
アンモシエラ優先出走権:無中央馬1着地方馬1着
優先出走権:有
ブルーバードC組:羽田盃の出走予定馬

※今年のブルーバードカップ(JpnⅢ)は、船橋:1800mにて2024年1月17日に開催です

※羽田盃への出走条件:ブルーバードカップは地方所属の1着馬のみ優先出走権が与えられ、中央所属の馬が優勝しても優先出走権はありません

アンモシエラは中央の栗東所属になり、羽田盃への優先出走権はありません。また、牝馬が羽田盃に出走することが珍しいため、アンモシエラが目標とするのか注目しておきましょう

馬名出走可否所属雲取賞備考
ブルーサン優先出走権:有栗東1着次走:京浜盃
アマンテビアンコ優先出走権:有美浦2着羽田盃へ直行
サントノーレ(回避)優先出走権:有大井3着回避:右前肢:膝骨折
イーグルノワール栗東4着回避:UAEダービー
次走:兵庫GP
フロインフォッサル優先出走権:有地方5着
雲取賞組:羽田盃の出走予定馬

※今年の雲取賞は2024年2月14日に大井:1800mにて開催です

※羽田盃への出走条件:雲取賞は中央所属馬は5着以内の上位2頭、地方所属馬は上位2頭に優先出走権が与えられます

馬名出走可否所属着順備考
サントノーレ(回避)優先出走権:有大井京浜盃
1着
3/20日開催
大井1700m
アンモシエラ栗東2着
ハビレ目標美浦3着
京浜盃組:羽田盃の出走予定馬

※今年の京浜盃(JpnⅡ)は2024年3月20日に大井:1700mにて開催です

※羽田盃への出走条件:京浜盃は中央所属馬は5着以内の上位2頭、地方所属馬は上位2頭に優先出走権が与えられます

京浜盃は、サントノーレが7馬身差の圧勝で勝利し優先出走権を獲得しました。サントノーレは大井の地方所属にも関わらず、JRA馬のアンモシエラやハビレを置き去りにしています

アンモシエラは特に、羽田盃を当初から狙っており、優先権がない状態です。決して、たたきであったとは思えない一戦であり、サントノーレの実力が証明されつつあります

しかし、サンノトーレは右前肢の膝の骨折が発覚し、残念ながらクラシック路線に出走できない事になりました

羽田盃の出馬表(出走予定馬)と枠順・馬番号の発表と確定はいつごろ?

今年の羽田盃の枠順と馬番号、出馬表はいつわかるのか。羽田盃の出馬予定馬は2024年4月8日に発表があり、枠順・馬番号は2024年4月21日に発表予定になります。羽田盃のフルゲートは16頭です

下記に羽田盃への出走に選定された馬と補欠馬(繰上げ出走の可能性:有)の馬をまとめました

JRA所属選定馬備考
栗東アンモシエラ牝3
栗東ブルーサン騎手:和田
美浦ハビレ騎手:笹川
美浦アマンテビアンコ騎手:川田
第69回:羽田盃のJRA所属の選定馬(2024年)

上記が2024年の羽田盃のJRA所属の選定馬の一覧になります。

JRA所属補欠馬繰上げ優先順
美浦アラレタバシル補欠
栗東エコロガイア補欠
第69回:羽田盃のJRA所属の補欠馬(2024年)

JRA所属の補欠馬は上記になります。JRA所属は最大4頭が羽田盃に出走ができます

地方所属選定馬備考
船橋ギガース
船橋クニノトキメキ
船橋シシュフォス
船橋フロインフォッサル
大井ゴールデンブザー
大井シトラルテミニ
大井ティントレット
大井マッシャーブルム
大井ムットクルフェ
川崎パンセ
川崎ツキシロ
浦和ライゾマティクス
第69回:羽田盃の地方所属の選定馬(2024年)

上記が2024年の羽田盃の地方所属の選定馬の一覧になります

地方所属補欠馬繰上げ優先順
大井イチニチショチョウ補欠
大井イモノソーダワリデ補欠
大井エスケンドリーム補欠
浦和オーウェル補欠
船橋キタノヒーロー補欠
第69回:羽田盃の地方所属の補欠馬(2024年)

地方所属の補欠馬は上記になります。地方所属は最大12頭が羽田盃に出走ができます

※正式な補欠馬は出走予定馬が確定する2024年4月中旬以降に発表予定です

出走予定馬以外の補欠馬の情報が上記です。出走予定がなくなった場合や回避した時に上から順番で優先的に出走ができる出走条件表になります

羽田盃の馬券購入はいつから?販売開始予定日と時間はいつから?

羽田盃の馬券購入は、SPAT4などネットからの投票の場合。当日から販売開始です。今年の羽田盃は大井競馬のナイターで行われる予定ですので、2024年4月24日:原則:14:00~馬券が販売・投票が開始されます

日程詳細
ナイターの場合2024年4月24日
原則:14:00~
羽田盃の馬券購入の開始時間と日程

地方競馬の馬券購入は、ネットの場合は当日から販売開始です。たとえば、spat4で前日に購入したいと思っても『投票できるものはありません』と、翌日にならないと購入はできないです

羽田盃の指定席・入場券・チケットの事前予約と抽選日はいつからは?

2024年の羽田盃のチケット入場券、指定席は、昨年を例とすると事前予約・申し込みが必要です。事前予約の開始は3月1日(金)から、事前申し込みが可能です

指定席なしの入場券は、事前申し込みで完売をしてしまうと当日の入場券がないことになります

しかし、羽田盃の入場券は例年、普通に当日に買えることが多いとされます。絶対に、指定席を確保して私は見たいのだ!という方は、指定席を先にとっておきましょう

参考までに羽田盃の2023年の入場者数は4648人でした。有名な馬や将来が期待される馬の出走がある年は、TCKチケットページで空席の状況を前もって確認しておきましょう

申し込み開始日事前予約
入場券有の年が多い
指定席2024年3月1日から告知
2023年の入場者数4648名
羽田盃の入場券の予約・ネット指定

羽田盃の入場券の取り方は、「TCK TICKET←コチラ」で会員登録をしてから申し込みができます

羽田盃は、2024年用の第2回開催分の箇所にて、予約ができる仕組みになっています

指定席は募集期間中に定員数(L-WING:合計約330席、G-FRONT:合計約220席)を超えると、抽選になります

【2023年】羽田盃の結果!人気・オッズ・タイム!優勝馬の脚質は?

2023年の羽田盃は晴れ・稍にて行われ、1着:ミックファイア、2着:ヒーローコール、3着:サベージの3頭で着順確定しています

優勝馬のミックファイアはタイム:1:50.9、推定上がり3F:37.2(メンバー内1位)、1.2秒差の圧勝でした

2023年の羽田盃は9.9倍以下の当日オッズの馬が3頭、1番人気のヒーローコールが1.4倍と人気が集中しておりました

着順馬名人気(オッズ)タイム3F通過順位
1着:6番ミックファイア4人:13.6倍1:50.937.22-2-2-1
2着:8番ヒーローコール1人:1.4倍1:52.138.06-6-5-5
3着:9番サベージ2人:5.7倍1:52.437.616-16-9-6
4着:3番リベイクフルシティ9人:53.2倍1:52.738.65-5-4-4
5着:7番オピニオンリーダー5人:28.3倍1:52.938.48-8-7-8
羽田盃のレース結果(2023年)

2023年の羽田盃の掲示板内の着順結果と人気、当日オッズ、通過順位になります

しかし、結果と成績表だけでは羽田盃がどんなレース展開だったのか。逃げ、先行馬が粘ったのか。それとも差し・追い込み馬が好走したのかわかりませんよね

では、次に、羽田盃の上り3ハロン別の成績と最終コーナーの通過順位、ポジションと脚質を見てみましょう

着順馬名脚質最終コーナー
1着ミックファイア先行1番手
2着ヒーローコール先行~中団5番手
3着サベージ追い込み6番手
4着リベイクフルシティ先行4番手
5着オピニオンリーダー中団8番手
羽田盃の最終コーナー通過順位(2023年)

羽田盃のレース展開を解説しますと、優勝馬のミックファイアは、道中、先行2番手におり最終コーナーを1番手で通過、2着のヒーローコールは5~6番手付近、3着のサベージは16番手から徐々に進出し、追い込みやマクリ型の走り方をしていました

上り3F馬名上り3F着順
(ペース:M)
1位ミックファイア37.21着
2位ドラケン37.56着
3位サベージ37.63着
羽田盃の上り3ハロン別成績(2023年)

2023年の羽田盃の上り3ハロンと着順別成績を上記の表に記載しました

上り3F1位のミックファイアが1着、道中を2番手に先行した上、メンバー内最速の上りを使い圧勝をしています

2位のドラケンは後方の12~13番手をポジション取りしていましたが6着までしか上がれず掲示板外になています。3位のサベージは展開とコース取りをうまく行いながら3着に入着しました。

種別番号配当種別番号配当
単勝61,360円馬単6-82,900円
枠連3-4350円3連複6-8-91,510円
馬複6-8950円3連単6-8-911,740円
複勝6
8
9
280円
100円
140円
ワイド6-8
6-9
8-9
430円
1,010円
190円
羽田盃の払い戻しと配当(2023年)

2023年の羽田盃は、1着:6番、2着:8番、3着9番で確定をして、上記の配当と払い戻しとなりました。

人気馬名着順
1番人気
1.4倍
ヒーローコール2着
2番人気
5.7倍
サベージ3着
3番人気
9.3倍
トパーノ9着
羽田盃の人気別成績(2023年)

羽田盃は固い決着なのか。人気がある有力馬が実は、負けてしまうのか。競馬に絶対はないという諺を確認するため、羽田盃の1番人気から3番人気の着順を上記に記載しました

地方馬16頭の多頭数で開催された羽田盃、1番人気と2番人気は3着内に入着をしましたが、3番人気のトパーノが6着でした。京浜盃を0.1秒差の2着の馬であり、差のない競馬をすると思われましたが、結果は力及ばずという事になりました

昨年、2023年の羽田盃は上記の結果でした。しかし、昨年は昨年だけの馬場や枠順、出走状況があり1年だけの結果を見ただけでは、過去の傾向やどんな馬が活躍するのか、いまいちピンとこないと思います

特に馬券や特定の馬を推奨する訳ではありませんが、過去の結果と過去の統計(過去の10年・20年・30年の配当、払い戻し)掲示板内(5着以内)に入着した馬の名前歴代の優勝馬のレコードタイムなどを紹介します

羽田盃の過去の結果!1着・2着・3着と掲示板内の馬は?

過去の羽田盃の掲示板入着の5着内の馬をお調べしましたが、今年がJpn1への昇格の初年度になります。以前の羽田盃と異なり、羽田盃は、2024年より中央所属の馬が出走する地方、中央の交流重賞になりまりました

そのため、過去の地方馬同士の対決の記録は、参考にあまりならないのではないでしょうか

羽田盃馬番1着2着3着4着5着
2024年未開催
【過去結果】羽田盃の着順結果

参考資料が少ないため、数年間は羽田盃の傾向が不明な状態が続くと予想されます。当日のトラックバイアスや大井1800mコースの傾向を知っておくほうが良いかもしれません

【2024年】羽田盃の距離1800mの特徴は?大井競馬場の外周りのコース!

羽田盃の開催場所は大井競馬場の距離1800m、外周りで行われます。コースの特徴と距離、坂の有・無など、詳細は下記になります

Jpn1競争羽田盃
大井競馬場距離:1800m(外周り・ダート)
スタート地点正面スタンド前
ゴール手前200m付近
コーナー数4角
スタート直後初角迄:約300m(長い直線)
前半カーブ:右
中盤長い直線から右へカーブ
後半長い直線
最後の直線約386m
大井競馬場:1800m(外)の詳細

羽田盃は、優先出走権のある『雲取賞』と同舞台のコースになります

大井競馬場の距離1800m、外回りは地方競馬特有の逃げ、先行のが長い直線を使って有利なポジションを取りやすいコース形態をしています

しかし、重賞クラスとなると、後ろに控えた馬が長い直線を利用して差しも届きやすいため、前目の馬のスタミナと後ろからの末脚自慢の馬たちの戦いになりやすいとされます

※中央馬の出走は、前走がJRAのレースであったか。地方競馬であったをよく確認しておくとよいです。中央所属の馬は、地方馬より出足が早く、通過順位が後ろと記載があっても、地方に来たら前目につける作戦をする馬もいます。状況をよく加味して、情報を整理しましょう

【配当と払い戻し】羽田盃の過去のの単勝・馬連・3連単はいくら?最高額は?

過去の羽田盃の配当の払い戻し結果、3連単、3連複、単勝、馬単・馬連をまとめました

誠に申し訳ありませんが、羽田盃は2024年より中央馬が出走することになり、南関東の地方馬同士の戦いではなくなりました。そのため、現状、過去のデータと比較するのは意味がない可能性:有になります

羽田盃3連単3連複単勝馬単馬複
2024年
過去の羽田盃の配当払い戻し金額

上記がJpn1に羽田盃が昇格、中央馬の出走:有となってからの払い戻し、配当の情報になります

現在は過去情報が少ないです。それでも!中央馬が出走していない時代の過去の羽田盃の配当が知りたい方向けに、過去最高と最低金額の払い戻しを紹介します

羽田盃最低配当
ワースト1位
最高配当
ベスト1位
西暦2014年2022年
3連単1,180円3,019,350円
3連複550円154,480円
単勝110円4,040円
馬単500円483,010円
馬複450円190,320円
羽田盃の配当払い戻し金額

※2004年以降に羽田盃の距離が1800mになってからの情報になります

Jpn1以前の情報になりますが、羽田盃の最低配当と最高配当は極端すぎる結果になっていますよね

最高配当
2022年
3連単:3,019,350円
馬単:483,010円
人気オッズ
1着:ミヤギザオウ9人40.4倍
2着:ライアン13人115.4倍
3着:シャルフジン1人2.3倍
【最高配当】羽田盃の払い戻しと着順

大荒れをしたのが2022年、1番人気のシャフルフジンが3着になった年は3連単が3,019,350円、馬単が483,010円の驚愕の金額となっています

【歴代】羽田盃のレコードタイムは?

Jpn1昇格前の羽田盃のレコードタイムは、南関東馬たちが集まった最後の年、2023年に行われた第68回開催、優勝馬のミックファイアの『1分50秒9』のタイムが最高記録、歴代のレコードタイムの1位です

馬名レコードタイム西暦鞍上距離
ミックファイア1:50.92023年御神本訓史1800m
【S1時代】羽田盃のレコードタイム

大井競馬場:距離1800mになってから羽田盃の歴代レコードタイムが上記になります

S1最終回に行われた羽田盃の優勝馬、ミックファイア(3歳・牡馬)は後に、東京ダービー、ジャパンダートダービーを制覇し、22年ぶりにダート三冠馬になりました。

羽田盃の次の3歳ダート三冠競走は?第二弾は東京ダービー!

羽田盃とは3歳ダート三冠競走の初戦にあたるレースになり、残り2つ、東京ダービーとジャパンダートクラシック(旧ジャパンダートダービー)があります。新ダート三冠馬を目指す馬は、次は『東京ダービー』が6月に控えています

Jpn1競争詳細
レース名東京ダービー
コース距離ダート・2000m
開催場所大井競馬場
開催日(日程)2024年6月5日(水)
3歳ダート三冠競走:第二弾の東京ダービーの情報

上記が、羽田盃に続く3歳ダート三冠競争の東京ダービーの情報になります。東京ダービーも南関東の地方馬以外に、中央馬が出走します。地方vs中央の激戦がどうなるのか。気になる方は参考にしてくださいね

【2024年】羽田盃の日程!出走条件や優先出走権は?中央馬と地方馬の予想!

さて、今年の地方競馬、jpn1に昇格して間もない羽田盃の情報をお届けしました。

今年、2024年の羽田盃いつ?時間は何時から?と羽田盃の日程を知りたい方や、中央馬と地方馬の出走条件、優先出走権を獲得した有力馬を解説しました

特に馬券を薦める内容ではなくファンとして応援したい方が楽しめる内容に心がけております。過去の羽田盃の傾向が一新する改革が2024年にあり、データが出そろっておりません。しかし、何かのお役に立てるように、なるべく公平に情報を開示しております

タイトルとURLをコピーしました