【2024】九州南部の鹿児島・宮崎県の梅雨明け予想と梅雨入り予測!いつまで?

スポンサーリンク
【2024】九州南部の鹿児島・宮崎県の梅雨明け予想と梅雨入り予測!いつまで? トレンド
スポンサーリンク

九州南部はいつから梅雨入りをして、いつまで蒸し暑い日が続くのか。梅雨明け時期の目安が知りたい方の為に、2024年の梅雨入り予測と梅雨明け予想を徹底解説します。

九州南部地方の鹿児島、宮崎県、種子島、屋久島が対象地域の梅雨入りと梅雨明け予想になります。過去の平年、例年の梅雨のピーク時期状況や雨の量がどんな感じなのか。梅雨の期間はどのくらいと予報が発表されているのか

最新の九州南部の梅雨入りと梅雨明け情報2024年度版をお届けいたします

※奄美大島は鹿児島県に属しますが、気候が亜熱帯海洋性気候の為、奄美地方の梅雨入りと梅雨明け予想にて解説になります

スポンサーリンク

【2024年】九州南部の梅雨入り予想!梅雨入りの例年・昨年の過去の傾向は?

九州南部地方の鹿児島県、宮崎県、種子島、屋久島の梅雨入り予想は現在未発表となっています。2024年の梅雨入りは発表待ちの状態になります。令和6年の具体的な梅雨入りの日付は下記と予測されます

具体的な梅雨入り予想の日付を、日本気象協会(tenki.jp)ウェザーニュース発表の情報を取りまとめ精査しました。

梅雨入り
地域名
2024年
梅雨入り予想
tenki.jp
未発表
Wニュース
未発表
2023年
(昨年)
平均値
(平年)
鹿児島県未発表未発表未発表5月30日頃5月30日頃
宮崎県未発表未発表未発表5月30日頃5月30日頃
種子島未発表未発表未発表5月30日頃5月30日頃
屋久島未発表未発表未発表5月30日頃5月30日頃
【2024年】九州南部地方の梅雨入り予想

九州南部の梅雨入りは毎年、5月末から6月10日頃までに日本気象協会が、鹿児島気象台の調査をもとに発表します。

各社からの梅雨入り予想が未発表の時期や気候が不安定でニュース報道があいまいな時は、平年の梅雨入り時期を参考にしましょう

例として挙げると、九州南部の鹿児島県は、平年5月30日頃に梅雨入りするのが特徴であり、昨年は5月30日頃が発表のあった梅雨入り日でした

九州南部
梅雨入り
2024年
梅雨入りの見通し
未発表未発表
雨量の傾向多い可能性:高い
気温の傾向4~6月:高くなる
九州南部地方の梅雨入り予想(ニュース発表)

こちらの表が、今年の梅雨入りがどんな感じとなるのか。ニュース等で発表のあった九州南部地方の梅雨入り予測の情報になります

2024年の九州南部地方の梅雨は『気温:雨量は平年以上の可能性:高い』と予想されています。局地的豪雨と線状降水帯の短時間の大雨に注意が必要です。

平均気温は『例年より高くなる、蒸し暑い日が多く』、梅雨入り後は大雨が続くと予測が発表されています

【2024年】九州南部の梅雨明け予想!梅雨明けの例年・昨年の過去の傾向は?

九州南部地方の鹿児島県、宮崎県、種子島、屋久島は、梅雨明け予想が現在未発表となっています。2024年の梅雨明けは発表待ち状態です。令和6年の具体的な梅雨明けの日付は下記と予測されます

具体的な梅雨明け予想の日付を、日本気象協会(tenki.jp)ウェザーニュース発表の情報を取りまとめ精査しました。

梅雨明け
地域名
2024年
梅雨明け予想
tenki.jp
未発表
Wニュース
未発表
2023年
(昨年)
平均値
(平年)
鹿児島県未発表未発表未発表7月25日頃7月15日頃
宮崎県未発表未発表未発表7月25日頃7月15日頃
種子島未発表未発表未発表7月25日頃7月15日頃
屋久島未発表未発表未発表7月25日頃7月15日頃
【2024年】九州南部地方の梅雨明け予想

各社からの梅雨明け予想、まだ梅雨時期が続くのかと正式な梅雨明け情報が未発表な時は、平年の梅雨入明け時期を参考にしましょう

例として挙げると、九州南部地方の鹿児島県は、平年7月15日頃に梅雨明けするのが特徴であり、昨年は7月25日頃が発表のあった梅雨明け日でした

九州南部地方
梅雨明け
2024年
梅雨明けの見通し
未発表未発表
九州南部地方の梅雨明け予想(ニュース発表)

こちらの表が、今年の梅雨がどいつまで続くのか、梅雨の期間はどのくらいとなるか。ニュース等で発表のあった九州南部地方の梅雨明け予測の情報になります

九州南部の梅雨の特徴!平均値・平年は?どんな感じ?梅雨時期はずっと雨?

九州南部地方の鹿児島、宮崎県、種子島、屋久島の梅雨はどんな感じなのか。直近の2021年~2023年の3年間の梅雨は雨がずっと続くような年だったのか。過去の九州南部の梅雨の期間と降水量をお調べして比較しました

九州南部地方2023年2022年2021年
梅雨の期間56日間42日間59日間
降水量
(地域平均値)
102%106%85%
九州南部地方の直近3年の梅雨入り

この表が、九州南部地方の直近3年間の梅雨の状況になります。平年と比較して、雨量が85%~106%を推移しているのが特徴的な事柄になります

九州南部の梅雨の期間はどれくらい?いつからいつまで?

九州南部地方の鹿児島、宮崎県、種子島、屋久島の梅雨の期間はどれくらいなのか。いつからいつまで続くのか。過去70年以上の過去の統計によると、最速の梅雨入りは1956年の5月1日頃、最長の梅雨明けは1957年の8月8日頃が実際にあった梅雨の時期の期間です

九州南部地方梅雨入り梅雨明け期間
過去最速5月1日頃
(1956年)
6月24日頃
(1955年)
過去最遅6月21日頃
(1957年)
8月8日頃
(1957年)
平年の平均値5月30日頃7月15日頃46日
九州南部地方の梅雨の時期(過去の統計)

梅雨の期間と平均値は、気象庁が1951年から発表していた資料をベースに算出しています

最長・最短の梅雨は極端な年の情報になります。そのため、九州南部地方の梅雨時期の平均である梅雨入りが5月30日頃、梅雨明けが7月15日頃の約46日間を目安として考えましょう

九州南部の梅雨入り宣言と梅雨明け宣言はないの?誰が決めてるの?

九州南部地方は、鹿児島気象台が判断し、毎年、梅雨入りと梅雨明けを決めています。以前は梅雨入り宣言と梅雨明け宣言を気象庁がしておりましたが、九州南部地方の梅雨時期の雨量や時期の予測と予想は、天候が変わりやすく非常に難しく、確定後に発表される年が大半になります

2024年の九州南部以外の梅雨入り予想と梅雨明け予想は?

九州南部以外の全国の梅雨入り予想と梅雨明け予想を解説しております。今年の最新版の梅雨入りと梅雨明けの速報ニュースから、気象庁や気象協会の速報値など。すぐに梅雨の情報を知りたい方向けに、簡単にわかりやすくまとめたものがコチラです

【全国版】2023年の梅雨入り予想!梅雨時期の予測と予報!梅雨入り期間はいつ?
【全国版】2023年の梅雨明け予想!梅雨時期の予測と予報!梅雨明けはいつ?
【2024】九州南部の鹿児島・宮崎県の梅雨明け予想と梅雨入り予測!いつまで?

さて、今回は、九州南部地方の鹿児島、宮崎県、種子島、屋久島にお住まいの方向けに、2024年の梅雨入りはいつから?梅雨明けまでどのくらい?といった『いつからいつまでが梅雨の時期』と予想されるのか。梅雨入り予想と梅雨明け予測を発表しました

なるほど!今年の梅雨入り、梅雨明けはこのくらいと思われるのかと目安と考えていただければと思います

タイトルとURLをコピーしました