SPF30・50++の数値とプラスの意味は?日焼け止め・UV化粧品の選び方!

SPF30・50++の数値とプラスの意味は?日焼け止め・UV化粧品の選び方!美しく

日焼け止めを購入する時、SPF30や50という数値があり、中には「SPF50+」のようにプラス記号が付いていますよね。なんとなく数字が大きい方が良いと思いがちですが、この「SPFの数値」と「プラスのマーク」にはどんな意味があるのでしょうか

ココでは日焼け止め、UV化粧品にある『SPF』について初心者にもわかりやすく、基本的な事からコスメ業界事情まで含めて、このマークについて詳しく説明しますね

スポンサーリンク

SPFは意味ない?SPFとはUVBの防止効果を表している

UV化粧品や日焼け止めのSPFとは、Sun Protection Factor(サンプロテクションファクター=)の頭文字3つの略称で、ざっくり日本語に直訳すると「SPF=太陽から守る要因・要素」と言う意味になり、要するに「太陽からの紫外線から肌を保護するモノ」と理解して良いです

紫外線表記主な影響
紫外線A波UVA肌のシワ、たるみ
紫外線B波UVB肌の炎症、赤み
紫外線C波UVC不明(オゾン層が吸収)
紫外線の種類と主な健康被害

紫外線から肌を保護するといっても紫外線には3種類の波長があり、A、B、C波があります。UVCはオゾン層が吸収しする為、正確には肌への影響は不明。オゾン層がある限り、肌への影響はないとされますが紫外線は短い波長が強い為、実際に浴びると危険ではないかと指摘もされています

SPFは意味ない?SPFとは、紫外線から肌を保護する日焼け止め

現実的な今の地球環境では「UVA=90%以上、UVB=5~10%」が地上まで届いており、この2つの波長の対策に日焼け止めが活用されるのです。

  • SPFは、UVBの紫外線対策の商品
  • PAは、UVAの紫外線対策の商品

日焼け止めのSPFは3種類ある紫外線のうち、UVB対策をした商品です。UVの中に、SPF以外に「PA」と記載がある商品は、UVAを含んだ対策をした商品と位置付けて考えるとわかりやすいと思います

SPFは意味がないと稀に会話の中で言われる事がありますよね。なぜ、SPFが意味がないと言われるようになったのか説明すると「紫外線に複数の種類がある=UVBを対策するSPFは全体の10%の波頭ではないか」と声があった事が理由と推測されますが、今ではSPFとPAはセットで日焼け止めに含まれることが多く、全く無意味ではないです

スポンサーリンク

SPFの30・50の数値の意味は何?

SPFには30、50のように数値があります。このSPFの数値の意味は「UVBから受ける肌へのダメージを軽減、赤く炎症を起こすまでの時間を長くする」と言う意味です

数値軽減率(目安)例:10分で日焼けする人
SPF251/2510分→250分
SPF301/3010分→300分
SPF501/5010分→500分
SPFの数値と日焼けをする時間目安

SPFの数値は数字が大きい方が「軽減する目安」が大きく、SPF50なら「時間当たりの肌へのダメージを1/50程度」にするという意味です。人によって日焼けまでの時間は差がありますので、例として挙げると「10分で日焼けする人→SPF50→500分後に日焼けする」という風に、イメージするとわかりやすいと思います

    SPFの30・50の数値の意味は軽減率、肌ダメージへの時間の延長

わかりにくい方は名前・ネーミングが「日焼け止め←止める」と言う風に軽減や時間の延長を意味していると考えると理解しやすいですね

スポンサーリンク

SPF+の「プラス」の意味は?SPFの国内最高値は?

SPFの数値の後ろ、SPF50の後ろに「+」の記号があるのは何?というお話です。簡単に説明すると「50以上」という意味になります。なぜ、このプラスマークがあるかと言うと理由はコレです

  • 以前はSPF100やSPF200が存在した
  • 50以上に+のルールになった

UV日焼け止めは、大昔に「SPF100や200」といった50以上の商品がありました。化粧品会社同士の数字の大きい、小さいの広告や売り文句が消費者を混乱させる。ある程度の数値を越えたら「軽減=大差がなくなる」ので、業界的に50以上のSPFに「+」をつけるようになった経緯があります

スポンサーリンク

SPFの選び方、数値と+の意味から買うべき日焼け止めの目安は?

さて、ここまでにSPFとは、紫外線B、UVBへの対策のアイテムだよ!数字が大きい方が、軽減率が高く、肌の保護ができる時間が長くなると説明しました。では、実際、どのくらいの数字の商品がどんな環境で使うのが良いとされているか、ココ!ポイントですよね。一般的な日焼け止めの選び方の目安が次です

数値お使いのシーン
SPF15~20散歩、日常生活
SPF20~30日に当たるスポーツ、運動
SPF30以上夏場の海、マリンスポーツ
SPF50夏場の海、海外のビーチ

日焼け止めの目安は簡単に言うと「SPF20前後=日常生活(外出:有)」「SPF20~30=運動、スポーツ用」と普段の生活なら、20で十分であり、外で運動する方は20~30が目安です

海など日差しの強いマリンスポーツや海水浴など、国内であればSPF30程度が目安で海外のグアム、ハワイならSPFは50欲しいところです。私的な経験では、肌が弱く赤くなりやすいのでSPF30ほどを目途に使っていますが、ハワイ、サイパン、グアムは30で私の場合はダメでした。2時間で真っ赤という感じです

タイトルとURLをコピーしました