【2023年】シルバーウィークの新幹線の混雑予想!混雑ピークを全力回避

【2023年】シルバーウィークの新幹線の混雑予想!混雑ピークを全力回避トレンド

今年のお盆の新幹線は8月15日が計画運休、飛行機は台風で飛ばないなど!新幹線や交通機関の時間の見合わせや運休があり、大変でした

夏を満喫できなかった人が多く、今年の秋は有休を取ってお出かけをする人が増えると予想されます

では、2023年のシルバーウィークにどのくらい新幹線や在来線が混雑するのか

秋のお出かけや旅行に電車で移動する時に混雑を避けたい!とお考えの方向けに、各種情報を比較⇒解析⇒簡単に混雑日をまとめました

お盆休みに、お出かけする時。実家帰省する予定を決める時の「2023年!電車・新幹線の乗車ピークを予測、混雑する時間帯」の予想=秋のお出かけラッシュと帰宅ラッシュを回避する目安です

シルバーウィークの昨年傾向から、JR東日本、JR東海、JR西日本の発表数字と今年のみんなの予定を考慮して『シルバーウィークにこの日、この時間帯の新幹線が満員だよ!』『乗車率が100%超える=立ち乗りだよ』っという電車の混雑情報をお届けします

スポンサーリンク

みんなのシルバーウィークは3連休!いつお出かけするの?

2023年のシルバーウィークは、会社員・公務員、金融機関関係を含め、2023年9月16日(土曜日)から9月18日(月曜日の祝日:勤労感謝の日)までの3連休が社会人の一般的なシルバーウィーク=秋休みです。

今年は、秋分の日が23日土曜日であり、みんなが一斉に「シルバーウィークは3連休のお休み」です。つまり、秋のお出かけ予定が重なりやすい=集中しやすいっていう事情があります。

9月7日
平日
8日
平日
9日
休日
10日
休日
11日
平日
12日
平日
13日
平日
14日
平日
15日
平日
16日
休日
17日
休日
18日
祝日
19日
平日
20日
平日
21日
平日
22日
平日
23日
祝日
24日
休日
25日
平日
2023年の企業・会社のシルバーウィーク休みは?

編集部で「今年のシルバーウィークにお出かけするなら、どの日?」とアンケートしたところ、前半3連休:後半の土日が9:1の割合。みなさんにお出かけは「9月16日の初日」という意見でした

みんなのシルバーウィークの時期、9月の休日カレンダーを見ると、・後半に休みがあるといっても通常の土日。動くとしたら、前半の3連休のうちにと考える理由もわかりますよね

では、この3日間で「どの日が電車、新幹線」が混雑、満員になる可能性が高いのか。まずは一覧で編集部の予測+予想をまとめたのが次の表です

スポンサーリンク

2023年のシルバーウィークはどの観光地?どっち方面が混雑するの?

2023年のシルバーウィークは箱根、山梨、長野方面の新幹線が混雑し、逆に、千葉方面が空いていると予想されます

2022年、昨年ごろからシルバーウィークはコロナ以前よりもお出かけする人が増加傾向であり、冬にコロナがまた来るかもしれないなら、秋に旅行へ行くという風に予定を立てるのが定番になってきています

その中でも、以前から人気の山梨、長野の信濃方面はいつも通りの混雑となります。山梨、長野は東京からは新幹線ではなく、新宿から「あずさ」にのってもシルバーウィークは混雑しやすいです

昨年から秋の旅行で人気のお出かけ場所が、箱根。今年のGWも箱根旅行、特に1泊2日の旅行が増えたこともあり、2023年のシルバーウィークも引き続き、人が込み合うと思われます

つまり、新幹線なら東海道線。新幹線以外なら小田急のロマンスカーは特に混雑がします

スポンサーリンク

2023年のシルバーウィーク期間の在来線・新幹線の混雑予想は?

2023年のシルバーウィークの新幹線の混雑予想⇒今年のSW期間の在来線、新幹線は、前半9月16日~17日が下り路線で混雑します

後半が9月18日が混雑日になる、ピークを迎えるのは『下り:9月16日(時間:朝7時)』、『上り:9月18日(3時半から)』と予測しています

全体的には9月16日の朝7時から人が増え、お昼ごろまで混雑が続き、14:00以降に徐々に減るという傾向です

在来線、新幹線は利用者の数は違っても、人が増えるタイミング=混雑日は同じ日である事が大半ですので、電車での移動の時も参考になります

9月15日
平日

16日
休日
下り
⇒混雑
17日
休日

⇒注意
18日
上り
⇒混雑
19日
通常
20日
通常
21日
通常
22日
通常
23日
休日
24日
休日
25日
通常
2023年のシルバーウィークとみんなの予定

今年のシルバーウィークは、9月16日の初日から新幹線・在来線の混雑が予測されます。

新幹線を利用する方は、比較的遠出⇒1泊以上する方が多く、出発日がシルバーウィークの初日。このパターンが大多数です。9月17日⇒18日と日が進むにつれ、新幹線の混雑は一時的に緩和されます

SW期間下り上り
9月15日5244
9月16日7252
9月17日6543
9月18日5865
9月19日5146
シルバーウィーク期間の新幹線の混雑予想(日別)

この混雑予想は今年と同じカレンダーの年の新幹線の下り、上り路線の利用者から解析した結果で、2023年の新幹線の混雑推移を日別に予想したものです。100を満席という基準にしていますので、100以上でたいへん混雑していると思ってくださいね

100に届いていなので、大丈夫だと思いがちですが、この数字はコロナ以降年々あがっており、70を超えている日は「電車に人が多い」とみんなが思う数字だと思ってくださいね

新幹線の上り下り線は一般的に『上り=出発地点から東京に向かう方面』、『下り=東京から離れる方面、東京に戻る事』を意味しています。

シルバーウィークの場合、簡単に言うと「下り=東京から長野や山梨、神奈川方面にお出かけ、遊びに行く時」、『上り=東京に戻る』というのが多くの人の動きと考えると、理解しやすいかと思います

スポンサーリンク

2023年のシルバーウィークの新幹線の乗車率が高い日、混雑時間は?

2023年のシルバーウィークに新幹線の自由席に座りたい。指定席の予約なしで座ることができるのか、混雑回避するための予想がコチラ。例年、9月の連休は初日の朝に乗車率が高くなり、9月16日の朝、7時代の時間帯が一時的に混雑します

しかし、お盆や正月ほどの立ち乗りが発生するほどではなく、自由席でも座れる可能性が高いです

2023年
(予想)
混雑日ピーク時間
9月16日初日朝:7~8時
9月17日午前
午後
朝:7~8時
普通
9月18日午前
午後
特になし
16:30以降
シルバーウィーク期間の乗車率

シルバーウィークの新幹線の混雑を過去の事例から『前半:初日の朝が混雑日とピーク時間』であり『後半:9月18日に、新幹線を使った帰宅は16:30以降』が帰宅ラッシュになる事が大半です

2023年の今年のシルバーウィークの場合は、『初日の9月16日』が混雑しやすい日であり『混雑時間は、朝7時』からと予測されます。朝の混雑が緩和されるのは11:30頃からとお昼前という予想になります

ココまでが全体的な2023年、シルバーウィークの在来線と新幹線の混雑日⇒予想の情報です。

次は、シルバーウィーク期間中の新幹線の指定席、チケット予約状況と、いつから予約販売されるのか。2023年の場合の予約する日=購入できる日の目安です

スポンサーリンク

<2023年>シルバーウィークの新幹線の予約はいつからチケット・指定席を予約できるの?

2023年のシルバーウィーク期間の新幹線は『2023年8月16日』から予約する事が、確実な指定席を取る方法です。今年の場合、新幹線予約は、出発日の1か月前、朝10:00~予約する事ができます。例としてあげると、9月16日の指定席は8月16日の朝10:00時から予約可能です

一部、えきねっとを活用すると、さらに1週間前の8月10日から新幹線チケットの事前予約ができます

今年のシルバーウィークは3連休と通常の土日しかありません

シルバーウィークの具体的な予定をみなさん決まり始まるのは、お盆頃であり若干、遅めにお出かけや旅行を考えるパターンが多いです

新幹線を使って気楽に移動、お出かけをお考えの方は、お盆に指定席・チケットを予約するのが良いと予測されます

【2023年】シルバーウィークの高速道路渋滞予測!9月SW⇒上り下りの渋滞ピーク

今回は秋の9月⇒シルバーウィーク2023年の新幹線混雑予想を説明しました

秋の行楽・お出かけは車移動でお考えの方は、こちら。シルバーウィークの高速道路渋滞予測2023年度版と比較して、電車か、車か移動手段を検討してくださいね

9月は忙しい!年末年始の新幹線混雑と高速道路の渋滞予測は?

2024年⇒年末年始の高速道路渋滞予測+上り下り線の渋滞情報と渋滞ピーク2023
【2024年】年末年始の新幹線の混雑予想!正月の混雑ピーク+2023年の年末

今年の9月は仕事上忙しい⇒旅行やお出かけが無理だとすでに諦めている方は、次は12月年末から正月が大型連休です

今年の2023年の年末年始から2024年の正月の新幹線混雑予想と高速道路の渋滞予測はコチラ。以前と違い人が移動する傾向:有ですので、今年は早めに予定を決めておくとよいと思われます!

タイトルとURLをコピーしました