牛テールスープの日持ち期間+保存方法!常温と冷蔵庫・冷凍保存の賞味期限!

牛テールスープの日持ち期間+保存方法!常温と冷蔵庫・冷凍保存の賞味期限!ご飯

牛テールスープとは、骨付きの牛の尻尾のお肉を弱火で、香味野菜と一緒に3,4時間煮込んだスープで、出汁としても使えますよね。今回は、牛テールスープや出汁を作りすぎた時に、どのくらい日持ちするの?保管方法は?とお悩みの方向けに、しっかり解説しますね

スポンサーリンク

牛テールスープ・出汁は常温より冷蔵・冷凍保存が適切

牛テールスープを使ったスープが日持ちする期間、常温・冷蔵庫保管と冷凍保存の賞味期限・消費期限

牛テールスープは常温、冷蔵庫保管、冷凍保存の3つの方法があります。しかし、スープは菌がしやすいメニューであり、保管する場所の温度によって日持ち期間、時間が違います。簡単に言うと「牛テールスープは常温より、冷蔵・冷凍保存が長持ちする」というのが適切な方法です

しかし、保管場所のスペースにも限りもありますよね。迷った時は、牛テールスープの保存は、次にいつ食べる予定なのか、ココを軸に考えて保存方法を選ぶべきです。

スポンサーリンク

牛テールスープ・出汁の冷蔵期間と日持ち目安:2~3日以内

残った牛テールスープや余分に作った時は「粗熱が冷めてから」+「しっかり密封」して保管=骨付き肉からとった出汁として考えるのが基本です。牛テールスープ・出汁を冷蔵庫で保管する時は『2~3日』が目安です。冷蔵庫は2~6度が一般的な温度で、食中毒の原因となる菌で低い温度で繁殖するのが12度からであり、冷蔵庫の中は比較的安全と言えます

スープの冷蔵庫保管の日持ち期間の目安と保存方法(鍋→タッパー・保存容器を使う)

冷蔵保管の目安は、作ってから2~3日ですが冷蔵庫はドアの開け閉めがあり、温度の変化がありますので、期間ギリギリまで保管するのではなく、なるべく早めに使うのを心がけるのが◎です

スポンサーリンク

牛テールスープ・出汁を冷蔵庫で保管する方法は?

  • タッパー保管:3日以内
  • 鍋ごと保管:2日以内

牛テールスープの冷蔵保管は「推奨:鍋→タッパー、保存容器を使う」という方法です。理由は、鍋ごと保管(鍋にフタをして冷蔵庫に保管)は、きっちりフタをしめないと空気が密封されません。そのため、密されたタッパー保管は3日以内、鍋ごと保管は2日以内が目安です

また、冷蔵しておいた牛テールスープを食べるときは、必ず再加熱を!冷蔵庫の中で2~3日以内なら菌が繁殖する温度ではありませんが、時間のたった食べ物は基本、再加熱が◎。加熱することで死滅する菌が大半ですので、その方が安心できます

スープの冷蔵庫保管はフタがしっかり閉じるタッパーや保存容器が推奨
  • 【1】冷蔵方法:保存容器、タッパー推奨

牛テールスープを冷蔵保管する時は『保存容器は、ジップロックの袋タイプよりタッパー容器が推奨』でです

ジップ付きの保存袋の方がタッパーより、空気をしっかり密封でき、保存方法としは完璧ですが、子供がいる家庭や冷蔵庫を頻繁に使う方は、保存袋に穴が開いてしまった時が大変です。また、タッパー保管の方が忙しい夜は楽ですよね^^

  • 【2】粗熱が冷めてから保管する
  • 【3】冷蔵のワンポイント:しっかりと密封する

牛テールスープを保存容器に入れるときは「粗熱が冷めてから=温度が冷めてから行う」のが重要で、温かいまま冷蔵すると保存容器に水滴がつき、はやく傷んでしまう原因になります

牛テールスープが冷めるまでに時間がかかるので「氷水」や「保冷剤」を使って早く冷やすのがおすすめです

スポンサーリンク

牛テールスープの作り置きは冷蔵保管より冷凍ストック!

牛テールスープを作り置きしたい時は冷蔵保管よりも、長期保存がデキる冷凍保存がベストな方法です。牛テールスープは作った日から冷蔵保管で3日以内であり、作り置きというより暫定的、一時的な保管方法になります

牛テイル:牛の尻尾、骨付き肉
  • 手作り出汁、骨付き肉はどうすべき?
  • 作った日は食べる事が可、保存する時に取り除く

牛テールスープは、セロリ、香味野菜+骨付きの牛の尻尾を3~4時間、じっくり煮込んで作るのが定番です。作ったその日なら、牛テイル、お肉も具材として食べられますが、冷蔵・冷凍する時は『牛テイル→取り除く→保管』という方法になります


タイトルとURLをコピーしました