黒豆の煮物の黄金比レシピ⇒簡単!失敗しない黒豆の煮方と醤油・砂糖・塩の分量

黒豆の煮物の黄金比レシピ⇒簡単!失敗しない黒豆の煮方と醤油・砂糖・塩の分量ご飯

お正月のおせち料理に大活躍する!黒豆の煮物の基本の作り方にプロのレシピを加えた黒豆の黄金比レシピを紹介します

初めて黒豆の煮物作りにチャレンジする方に分かりやすく、簡単に。失敗しない黒豆の煮物の煮方や水につける時間の目安、年末に作ってからの保存の仕方までを全部まとめて教えちゃいます!

スポンサーリンク

黒豆の煮物の黄金比率レシピ⇒黒豆と基本の『砂糖、醤油、塩』を使った作り方とは?

黒豆の煮物を作る時は「黒豆:150g」に対して『調味料⇒砂糖:100g、醤油:大さじ1/2、塩:小さじ1/4』に必要な水の分量は『600cc』が黄金比率の割合です

たくさん、おせち料理用に黒豆の煮物を作る用に150g、300gのレシピを下記にまとめました

黒豆の煮物の人気レシピ⇒初心者が安心の黄金比率の分量と簡単な作り方
材料分量備考
黒豆
(乾燥)
150g300g
☆水600cc
(3カップ)
1200cc
(6カップ)
★塩小さじ1/4小さじ1/2
★醤油大さじ1/2大さじ1
★砂糖100g200g
黒豆の煮物の黄金比率レシピ(簡単な作り方)

※黒豆:150gで2~3人で食べる時に2~3回分の分量になります

上記の早見表が黒豆の煮物の失敗がない簡単な作り方である黄金比率のレシピの分量になります

黒豆の煮物は☆の水に1晩をつけてから煮詰めて作ります

スポンサーリンク

黒豆の水の戻し方と時間!黒豆の煮物を簡単に作る方法を解説!

黒豆の煮物は乾燥した黒豆を水と調味料で戻すのに時間がかかります。年末や大晦日に黒豆の煮物を作る時は、作る日の前日の夜:10:00時に水につけると次の日に作るのが簡単になり、失敗しない黒豆の煮物の作り方です

黒豆を水につける!水に戻す時間は「1晩:8時間から12時間」が目安です
黒豆の水の戻し方時間
(ふっくら仕上がり)
時間
(柔らかい煮豆)
黒豆:100g8時間
(1晩)
12時間~
黒豆:150g8時間
(1晩)
12時間~
黒豆:300g8時間
(1晩)
12時間~
黒豆の水の戻し方と時間目安

上記の表が、黒豆がふっくらと仕上がる、柔らかくなる時間の目安です

黒豆は6時間程度、水に浸けると煮物にすることができます。しかし、6時間では思った柔らかさの黒豆の煮物にならず、ふっくらツヤツヤにならない事が多く、午前中に水で戻す⇒夕方に煮詰めるといったスケジュールの作り方より、前日の夜から水に戻すのを開始しるのがおすすめの作り方です

8時間以上からが失敗しない黒豆の煮物の作り方ですので、前日の夜10時にレシピの分量で黒豆を水で戻すと、翌日の朝10時が黒豆を煮るのにちょうどいい時間帯です

12時間以上、水に戻す時間があっても最大24時間までは黒豆がダメになってしまうことはないので、ざっくり言うと、前日夜10時⇒翌日の午前中に煮物を作ると、お昼過ぎには黒豆の煮物が完成します

スポンサーリンク

黒豆の煮物の簡単な作り方と手順を徹底解説!

黒豆の煮物は、黒豆を洗ったあとに水と調味料で1晩つける。翌日に鍋で煮詰めて仕上げるという作り方になります。黒豆は煮るとアクがでるため、アク取りをしながら3時間、弱火でゆっくりと煮ましょう

【黒豆の煮物の作り方】

【1】黒豆を水で洗う

【2】ザルで水気をよく切る

【3】黒豆を水につける

【4】1晩つけておく

【5】★と水戻しした水ごと鍋で煮る

【6】沸騰するまで強火で煮る

【7】沸騰後、弱火にする

【8】アクを取りながら3時間煮る

【9】竹串でさして柔らかくなったら完成

※煮汁が足りなくなったら、ぬるま湯を足してくださいね

上記の【1】~【9】が鍋を使った黒豆の煮物の作り方の手順です

黒豆の煮物の作り方のポイントの1つが★の合わせ調味料の割合と『乾燥黒豆の水の戻し方と時間』が重要です。忙しい方が簡単に、そして、楽に黒豆の煮物を作る方法を次に説明しますので、よかったら参考にしてください

黒豆の煮物の浸水ありと浸水なしの圧力鍋の簡単レシピ

黒豆の煮物を作るのに、1晩とさらに、3時間くらいの時間がかかるのかともっと時短で美味しい黒豆の煮物の作り方を教えて!早くすぐ食べれる黒豆の煮物の作り方は上記で紹介中です

圧力鍋を使った火にかける時間を短縮したい方は、浸水あり⇒圧力鍋を使う。浸水なしで黒豆の煮物を作りたい方向け用の2つのレシピと時間短縮の作り方です。良かったら参考にしてください

スポンサーリンク

黒豆の煮物が余ったら?作り置きは冷蔵庫保管で何日くらい日持ちする?

黒豆の煮物をお節用に大量にを作ったけど、お正月に余って残ってしまった時は、冷蔵庫保管です。黒豆の煮物は作ってから冷蔵庫で2~3日が日持ちする目安です。冷蔵庫に保管中に2日、3日と時間がたってしまったときは、再加熱すると最大で2週間と長持ちします

黒豆の煮物の冷蔵庫保管の日持ちは『2~3日以内』が目安
冷蔵保存日持ち目安
(春・秋・冬)
日持ち目安
(夏)
黒豆の煮物2~3日2日
再加熱:有2週間
(2日に1回再加熱)
黒豆の煮物の日持ち目安(冷蔵)

※黒豆の煮物の具体的な保存の仕方の詳細を上記で詳しく解説中です

こちらの表が黒豆の煮物の作り置きや正月中の保存の仕方をまとめた内容になります。黒豆の煮物は作ってから常温では当日中が消費期限の目安です

出来上がった黒豆の煮物は『煮汁ごとタッパーに入れて冷蔵庫保管』が定番の保存方法です。2日に1度の定期加熱で2週間と長持ちをしますが、お正月後にお弁当のおかずや副菜にしたい方は冷凍保存がおすすめです

スポンサーリンク

敗しない黒豆の煮方の大特集!おせち料理の人気レシピを教えて!

おせちの黒豆は作り方と味付けのレシピのバリエーションがありますよね。おせち料理の黒豆煮を自分にあった方法で作りたい方向けに、下記に人気レシピをご用意しました

圧力鍋⇒黒豆の煮方と簡単レシピ!黒豆の浸水なしと浸水ありの作り方を紹介
黒豆のレシピ作り方備考
【1】圧力鍋なし
黒豆の重曹レシピ
鍋:重曹あり圧力鍋なし
【2】浸水あり・なし
黒豆の圧力鍋レシピ
圧力鍋浸水あり・なしで解説
【3】甘さ控えめ
甘さ控えめ黒豆レシピ
圧力鍋簡単!短時間でできる
【4】砂糖なし
甘くない黒豆レシピ
鍋:浸水あり塩煮
失敗しない黒豆の煮方

※リンク先:個別に黒豆の煮物の作り方とレシピがあります

圧力鍋以外昔ながらの方法なら、重曹を使った【1】、早く煮豆が出来る圧力鍋レシピが【2】の作り方です

【3】と【4】の黒豆の煮物が砂糖少なめと砂糖なしの甘くない黒豆のレシピになります!

正月のおせち料理用に黒豆を作ったら、次は他に手作りした一品があると嬉しいですよね

おせち料理の中身ランキング!定番のおせちの具材と種類+手作りおせち料理レシピ一覧

好きなおせち料理の具をアンケートした結果が上記です。みんなが食べたいおせち料理の中身を知って一緒に手作りするおせちメニューのアイデアが満載です!

黒豆の煮物以外!煮豆や煮物の人気レシピや美味しい作り方のコツ!

煮物の作り方と人気レシピ!煮物に合うおかずや献立+作り置きの保存方法が満載

さて、今回は黒豆の煮物の作り方を料理初心者や男子がはじめて作っても失敗しない基本の味付け⇒黒豆の煮物の黄金比レシピと、お正月までに簡単に黒豆の煮物を作る方法を紹介しました

黒豆の煮物以外に煮豆や煮物が大好きな方向けに、失敗しない煮物の作り方とレシピの黄金比率を一挙大公開中です。お手軽に和食のプロの煮物の味を再現したい時や料理の腕を磨くテクニックとコツが知りたいなど!上記でたっぷり紹介中です

タイトルとURLをコピーしました