蒸しナスマリネの人気レシピ!黄金比のイタリアンなマリネ液+作り置きが簡単!

スポンサーリンク
蒸しナスマリネの人気レシピ!黄金比のイタリアンなマリネ液+作り置きが簡単! ご飯
スポンサーリンク

茄子はスーパーで1袋買うとお得!家庭菜園してる人は、大量消費に困るほど実りますよね。焼きナス、漬物、ナスの肉詰めだけじゃない!ナスはマリネにすると、おしゃれで夕飯の素敵なメニューになります!

ココでは、ナスを使ったマリネ。ナスマリネの材料は「なす:1本」で2~3人分の分量のレシピを紹介します。マリネ液を和えて完成!と簡単です。いくつかマリネ液をのせていますが、本格→イタリアンな味になるので、ピザや洋食メニューの日にも相性抜群な味です!

スポンサーリンク

ナスマリネに使うマリネ液の人気レシピ!大さじと小さじの分量+黄金比の割合

調味料オリーブ油砂糖塩、粗びき胡椒代用
【和風】大さじ2小:1小:1/2
大さじ2
【お手軽】大さじ2小:1小:1/2レモン汁
大さじ2
【本格】大さじ2小:1小:1/2バルサミコ酢
大さじ2
なすマリネのアレンジと黄金比率の分量

マリネの素を使わずに自分で調味料から作る時は、オリーブオイルは「EV(エクストラ・ヴァージン)」が◎。普通のオリーブオイルと違い一番搾りと味、風味の良いのがEVオリーブ油、加熱せずに食べる専用のタイプです

基本的に、オリーブオイル、砂糖、塩、粗びき胡椒(黒こしょう可)の分量は同じで、酢・レモン汁、バルサミコ酢で代用ができます。お手軽タイプの味は「レモン汁:大さじ2→レモン汁:大さじ1+酢:大さじ1」にすると、洋風・本格的な味に少し近づくので、コレもおすすめです

ナスマリネの作り方+ナス1個+調味料を合わせる→冷やす

ナスマリネの作り方は簡単!マリネ液と和える人気のレシピはコレ!

【1】レシピの分量でマリネ液を作る

【2】蒸したナス、電子レンジ加熱のナスを用意

【3】ナスの切り方は基本、食べやすいサイズ

【4】マリネ液と和える→出来上がり

ナスマリネは、マリネ液を作って「お好みの大きさにカット→加熱」して和えるだけの簡単な作り方です。作り置きの時は粗熱が冷めてから、すぐ食べたい方も一度、冷蔵庫に入れて、10分程度冷やす方が美味しくいただけます!

ナスマリネは常温は不向きなメニューですので1、2時間以上の長い時間の放置はNG。夕飯用に作った方、家族の帰宅待ちな方も「ラップ→冷蔵庫保管」がベストな方法です

ナスの切り方は?輪切り・細切りは和風、イタリアンは一口大!

マリネに使う茄子(なす)の切り方:和食は輪切り、細切り。イタリアンは一口大

マリネを作る時のナスの切り方です。和風な献立の日、夏の暑い時の素麺など!日本食の日は「輪切り、細切り」がイメージがしっくりきます。イタリアンなメニュー、たとえば、ピザやパスタの時は『一口大』にカットするとラタトゥイユのように洋風な感じがします

切り方1つで献立のイメージがガラっと変わるメニューですのでココも参考に。イタリアン風ならマリネ液は「3番目の本格タイプ」のバルサミコ酢を使うのがいいかと思います

ナスを電子レンジ加熱する方法と目安の時間は?

野菜を電子レンジで加熱する方法と目安の時間(500W、600W)
  • 500W:2分
  • 600W:1分30秒~2

ナスは蒸さなくても、電子レンジの加熱でマリネを作る事ができます。耐熱皿にラップをして、500W:2分、600W:1分30秒~2分が電子レンジ加熱が作る時の目安です

ココまでに、ナスマリネの簡単な作り方と人気のマリネ液の黄金比をばっちり紹介しました。次はナスマリネを作ってからの保存方法と日持ち期間の目安です

ナスマリネの冷蔵保管の方法+作り置きの日持ち目安

マリネに使う『茄子』は、夏野菜であり5度以下になると、小さくなってしまう特徴があります。冷蔵庫の保管がダメではありませんが、今回のレシピのように加熱、蒸したなど。調理が加わると、基本は冷蔵でも早めに消費するのが、ベストな方法です。目安としてはコレぐらいです

ナスマリネの常温・冷蔵庫保管と冷凍保存の日持ち+手作りの賞味期限と消費期限切れとは?
  • ナスマリネの冷蔵保管は?
  • 日持ち期間:3~4日
  • 夏の作り置き:3日

ナスマリネは漬け置きにして保管しますので、比較的日持ちは良いです。ナスマリネを冷蔵庫で保管する時の目安は、春・秋・冬といった温度が低めの季節は「3~4日」、夏場や冷蔵庫の開け閉めが多いご家庭は、3日を目安にするのが◎です。家庭用の冷蔵庫は一度、温度が下がる、上がるを繰り返すのは本来、保管に適した環境ではないからです

ナスマリネの冷蔵保管、作り置き方法の注意点は?

ナスマリネを保存する容器の掃除・除菌のやり方です。マリネを作ったけど、夕飯で余ってしまった。作り置き用にナスマリネを作ったよ!という方は、コレが基本的なやり方です

  • 【1】ナスマリネの粗熱が冷めてから保管

作った時の余熱がある時は、ココに注意です。粗熱とは簡単に言うと『作った直後の温かい状態』の事です。ナスマリネを作ってから余熱があり、温かいままですと『タッパー内、フタの裏側に水滴が発生→食材を早く傷ませる原因』になります。

作り置きの冷蔵保管は『粗熱が冷めてから保管』が基本的な事、ココが長持ちする期間に大きく関係してきます

冷蔵庫の保管:密封できる保存容器→冷蔵室で保管
  • 【2】タッパー・保存容器を消毒
  • 【3】タッパーの中とフタの裏側をよく除菌する

作り置き用のタッパー、容器は定期的な消毒をする事で清潔な状態を保ちます。おすすめする消毒方法は「キチン用のアルコール除菌」を1~2回、スプレーで掃除をします

まずはじめに「アルコール除菌前に、手を洗う」、そのあとに『清潔な布巾』や『キッチンペーパー』で『内側→外側の順番』でふき取ります。基本的にはこの方法で問題ないです

また、タッパーや保存容器は『フタの裏側の掃除』を忘れがちですので、ココを重点的にきれいにするのが大事です

ナスマリネの冷凍保存:若干、酸味が落ちる為→2週間が日持ちの目安

ナスマリネは、材料にオリーブオイルを使っている為、冷凍は本来向いていないと言われます。特にエクストラヴァージンオイルは0度以下で、新鮮さ、独特の風味が少し劣化(酸味がなくなる)すると思ってくださいね。味としては、酸味が和らぐという感じですので、人によってはコッチの味の方が好みな方もいます

冷凍保存:ジップロックやジップ付き保存袋を密封→冷凍室で保管
  • ナスマリネの冷凍保存は?
  • オリーブオイルの新鮮さが若干、劣化する
  • 日持ち期間:2週間程度が目安

冷凍した場合は味・風味が落ちるので「冷凍:2週間」が目安、冷凍すると、ナスマリネが食べられなくなってしまう訳ではないですが基本的に余った時、作り置きは冷蔵庫で保管がベスト。どうしても、食べきれない時だけ冷凍保存と暫定的な方法です

ナスマリネの冷凍保存方法:ジップロック→自然・流水解凍

  • 【1】冷凍方法:保存袋、ジップロック推奨
  • 【2】冷凍のワンポイント:よく空気を抜く
  • 【3】1食分ごとに保存が定番

ナスマリネを冷凍保存する時は、空気を密封できる『ジップ付き保存袋』を使うが推奨です。マリネ液と一緒に冷凍しても、見た目は大きく、変わらないのが普通の状態です。大量にナスマリネがある時は、食べる時の事を考え「1食分の量→ジップ付きで密封」するのがベストな保存方法です

冷凍したナスマリネの解凍方法は自然解凍・流水解凍!

冷凍したナスマリネは、2つの方法で解凍できます。1つ目は「食べる前日に冷蔵庫に移して事前解凍」、2つ目は「流水解凍:5~10分」で解凍が出来ます。この2つがベストな解凍方法です

  • 【1】解凍方法:前日→冷蔵庫で自然解凍
  • 【2】解凍方法:流水解凍:5~10分

冷凍したナスマリネは、電子レンジ加熱による解凍方法はマリネは全般的にあっておらず、解凍すると食感が柔らかくなり、解凍に失敗する事が多いです。「冷蔵庫で自然解凍」もしくは「流水解凍」があっています

なす以外!マリネが合う野菜・肉、海鮮魚貝の種類を教えて!

マリネとは、フランスが発祥の料理であり牛肉や海鮮ならシーフードのホタテの貝柱など!マリネ液と豪華な具材を漬け込んだ素敵な料理⇒大根やトマト、人参、きゅうり、パプリカ、セロリといったフレッシュな食材がマリネに合う野菜です

人気のマリネの野菜・魚のレシピ!黄金比のマリネ液の割合+夕飯の献立例が多数

なす以外の具材・食材を使ったマリネのレシピ⇒簡単にすぐに夕飯メニューになる!おすすめのもう一品の副菜のアイデアに、たっぷりマリネのバリエーションとアレンジの作り方をコチラで紹介中です

さて、今回はナスマリネの人気・簡単レシピの作り方と、保存方法をしっかりと説明しました。ナスマリネは基本的に『冷蔵庫保管がベスト』な保存方法で、冷凍すると「少し味に酸味・新鮮さがなくなる」という感じです。本格レシピのマリネ液で作るタイプは、ピザやパスタの日の副菜・付け合わせに合う味をしています!良かったら、作ってくださいね

タイトルとURLをコピーしました